2006年11月21日

街で見かけた木の実

もう、あれよあれよのうちに日が過ぎていきます。
今週、開けたと思ったら、今日はもう火曜日。あらら、いつの間に!?って感じです。
相変わらず、おさんぽには行かれませんが、
お買い物のついでに街の中で見かけた 木の実の写真をご紹介します。

さて、この写真も、撮ったのはまだ11月のはじめでした。
時々ご紹介してきた、街中のガマズミの実の 真っ赤に色づいた姿です。

06_1121_gamazmi1.jpg

今回取り上げるのは、ちょっと前に見かけた ガマズミ、ナナカマド、イチイの実の姿です。



わたしが住んでいる街は、並木や大きなビルの飾りがわりに
実のなる木がけっこう、植えられているんです。
これは、洒落た園芸種のユリノキが植えられているのと 同じファションビルの
別の角。
ここには、ガマズミを始め、どちらかと言えば和風の、
というか 山の実のなる木が植えられています。


子ども達が目を留めて、故郷の景色として思いとどめて欲しいという意図でもあるのかな?
もともとは、里山育ちの街の人に なじみ深い木を植えたのかな?

ここに来る子は、どんなおもちゃを買ってもらおうか…とか、
なんのお菓子を買ってもらおうか…とか しか考えてないような気もするけど…。

お山へ行かれない私としては、買い物のついでに、いろんな木の様子が見られて
とっても勉強になる 便利な場所です。

さて、花から見てきたガマズミは真っ赤な実になりました。
山にあるとたいてい 虫食いで穴だらけになっちゃう葉っぱも無傷で見られます。

06_1121_gamazmi2.jpg

実も葉も、素敵に赤い ガマズミです。
実は、霜がおりて粉を吹くようになると、人が食べても甘いんだそうです。



公園のガマズミはどうなったかって?
10月の半ばに見にいったときには、すでに、売り切れ間近でした。

06_1121_gamazmi3.jpg

今年、何となくですけど、秋の実りが少ないような気がするんですよ。
公園のガマズミの実は、鳥さんや虫さん達が食べちゃいました。
残念だけど仕方ありません。



ガマズミのそばには、初夏にご紹介したヒメコウゾも植えられています。
もっとも、こちらの実はすでに終わり、今は剪定され、小さくなって冬越し支度です。



腰くらいの高さにはコムラサキの 綺麗な紫色の実も見られますが、
見過ごされがちな頭上の、はるか上の方には、ナナカマドが実を付けています。

06_1121_nanakamado.jpg

ナナカマドは、都会暮らしは向かなかったようで、ガマズミほどは元気がありません。
それでも冷たさを増してきた風の中で、目にしみるような鮮やかな実を付けて居ました。




こちらは10月の半ば、隣りの街で撮影しました。
とある高層マンションの 玄関先のシンボルツリーです。

06_1121_ichii1.jpg

背の高い針葉樹が、クリスマスツリーの形に刈り込まれていて、
ちょうどツリーの飾りのような、鮮やかな赤い実が付いていました。

イチイです。イチイ科イチイ属の常緑高木。
別名を「オンコ」や「アララギ」という、日本人には古くからのおなじみの木です。
笏(しゃく)を作るのに使った木だから、
一位の位(くらい)にちなんでイチイ(一位)と呼ばれたという、
由緒正しくも、尊い、ありがた〜い木ですよ。
今はマンションの看板がわりに甘んじてますけどね。

そっくりさんはキャラボクですが、
背が高かったこと、葉っぱの付き方が平べったいことから
イチイであるとしました。
キャラボクは低木で、葉がらせん状に付くそうです。

赤い実はとろっとした甘みがあって食べられますが、種には毒があるそうです。
ちょっと人目が気になって、お味見は出来ませんでした。
でも、青い実から、赤くなるまでの、形の変化が楽しくて、
しげしげ眺めてきました。

06_1121_ichii2.jpg

赤い実…う〜ん、今、見ても美味しそう。お味見しておけば良かったな。
10月半ばのことだったから、もう無いだろうな。
後悔先に立たず。(^^;)←食いしん坊なだけとも言う。

06_1121_ichii3.jpg

でも、こんなに可愛くて、クリスマス飾りにうってつけの実が もう無いとしたら、
ちょっぴり惜しいことですよね。




外国産の園芸種ばかりがもてはやされてきた都会の植栽。
でも、この頃、こちらにも和風ブームがやって来ていて、
意外な場所で、意外な木に出会うことが 出来るようになりました。

年末年始のお買い物、ご行楽のさいに、ちょこっと辺りを見回して見たら、
会いたかったあの木に会えるかも…しれませんね。

昔ながらの日本の木、山でしか会えなかった自生の木に、
街中でも 出会えますように。(−人−)おいのり。





ブログ内関連ページ:

公園の冬芽
2006/6/4/8付 ガマズミとオトコヨウゾメ

街の木
2006/4/28付 街中で見かけた山の木達

街のガマズミの花
2006/5/20付 ガマズミの花と?の花

街のガマズミの青い実
2006/6/24付 初夏の実りなど

公園のガマズミの若い実
2006/9/30付 ガマズミの若い実



posted by はもよう at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいファッションビルですね。
ポピュラーな植木の多い最近のビルの庭で、ガマズミやユリノキを見かけられたら楽しくなります。
イチイかキャラボクの実、こんど見つけたら試食してみます。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年11月22日 14:50
うーん。(*^_^*)赤い実、かわいいですね。
食べられるなんて!!
ちょっと味見してみたいものです。

とても読み応えのある記事でした。
癒される〜。(^^♪
Posted by ナオ at 2006年11月22日 15:08
おーちゃんさん、こんばんは。
気がきいてますでしょう。(^^)
私の好きな木ばかり植えられているんですよ。

今日の朝日の記事によると、最近、若い人たちの間で日本庭園が
人気をよんでいるらしいですから、そういう時代の流れでもあるのかもしれません。

長いカタカナの名前じゃなくて、漢字でも表せる名前の木が並んでいるんです。
ついつい、用が無くても行ってしまいます。(^^)

イチイもキャラボクも、もう、お味見できないかもしれません。
来年、私も試してみようと思います。
Posted by はもよう at 2006年11月22日 17:08
ナオさん、こんばんは。
赤い実、可愛いでしょ。
ガマズミとイチイは、甘いらしいんですよね。
味見してみたいと思ってねらっているんです。
上手く行ったらご報告しますね。(^^)

木の実は都心にも、けっこうあるかもしれませんし、
これからは花材やさんにも並ぶと思いますよ。
どこかで会えると良いですね。
Posted by はもよう at 2006年11月22日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。