2012年06月25日

ムラサキシキブの花

今日は雲って肌寒い一日でした、うちの方。なんでも、遠く離れた北の高気圧の
影響だそうで、冷たい空気が流れ込んだんですって。20℃あるかないかで上着が
手放せない気温でした。明日もそんなに上がらないそうです。風邪ひかないように
気を付けたいですね。

さて、記事の方は6/14に隣町で撮ってきた木の花。何が咲いているかな?って
楽しみにしつつ歩く道の、紫陽花とタケニグサ。

12_0625_takenigusa.jpg

夏が来るんだなあ…。






最初に目があったのはノブドウとエビヅル。

12_0625_nobudo_ebidu.jpg

大きい葉っぱはノブドウ。

つるの先の小さく毛深い葉っぱはエビヅル。

12_0625_ebiduru.jpg

確認に、はっきり違う形のお花を見つけました。

次に隣町へ行くときにはノブドウが咲いているかしら?



この日は、前回ジンガサハムシに出会ったことや、去年見つけたツリバナに再会
出来なかったことが気になって、別ルートで北向きの斜面へ。

2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」
2011/10/23付 「赤い美すずなり」 ツリバナ

でも、この日の主役はムラサキシキブでした。

12_0625_m_sikibu1.jpg

クマツヅラ科ムラサキシキブ属、山地に生えて高さ2〜3mになる落葉低木。

12_0625_m_sikibu2.jpg

お花も実も紫色の素敵な木。

12_0625_m_sikibu3.jpg

お花も実も小さくて可愛らしいです。

12_0625_m_sikibu4.jpg

あっちもこっちも、花盛り。
こんもり茂って見上げるような茂みも花盛り。
この花 全部 実ったら、なかなか壮観…なはず。楽しみ ♪



さて、気になっていたことを確かめよう…と、おっとっと、前回ジンガサハムシに
出会ったヒルガオの草むら…↓ こんなになってました。

12_0625_hirugao.jpg

辺り一面、草刈り隊が通ったあとでした。
また、会えるかなあ?ジンガサハムシ。


残念だけどしかたない。でも、転んでもただでは起きないのは、いつも見ている
道ばたの草たちが教えてくれた雑草魂。
草刈りしてくれたなら、もうちょっと奥まで行きやすいよね。行ってみよう。



でも、見つけたのはツリバナじゃなくて、半ば埋もれた倒木。

12_0625_touboku1.jpg

またあらたに気になるものを見つけちゃいました。
このちっちゃい芽。

12_0625_touboku2.jpg

綺麗だな。大きくなったら何になるのかな?



あ、探していたのはツリバナでした。
草刈り隊が通って歩きやすくなった斜面の端をあちこちうろうろ。
前回よりも奥に入って、やっと見つけました。

ツリバナの実です。ニシキギ科の落葉高木。

12_0625_turibana1.jpg

思ったよりずっと奥だったんだ。
お花には間に合わなかったけれど、ここにあるんなら問題なしです。

12_0625_turibana2.jpg

またいつか撮りに来よう。来年か再来年にはお花をねらいに来よう。
もう一度確かめるように、あたりの様子を写真に残しておきました。


でも…、やっぱりこんなに奥だと、草刈り隊が通ったあとじゃないと近づけない
かも。(^m^)←軟弱者



次は草の花の写真を見ていただく予定です。





ブログ内関連ページ:

2009/11/12付 「紫式部の実の付き方」
2010/ 6/21付 「6月の木の花と実」
2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」
2011/10/23付 「赤い美すずなり」 ツリバナ






posted by はもよう at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。