2012年06月24日

6月に見た花

今日は娘が大学のゼミの仲間と夕飯まで一緒に過ごすし、息子はおにぎり
持って予備校に行ったし…で、またまた旦那さんと2人取り残されました。
で、久しぶりに車で出掛けることに。行き先は、まだ行ったことの無かった
大きなホームセンター。とっても大きくて、いろんなものが売られていて
すっごく面白かったです。園芸のコーナーでアフリカやオーストラリアの
見たこともないようなお花に目を見張り、多肉植物の可愛らしさに興奮し、
めいっぱい楽しんできました。

さて、今日の記事は6月に撮って来た写真の在庫処分。

12_0624_n_hanashob1.jpg

せっかく撮ったのに載せられなかったノハナショウブ。





いろんな公園やお庭に、もっと華やかなハナショウブが咲いていますが、
これはぐっとシンプルなので、たぶんノハナショウブです。

12_0624_n_hanashob2.jpg

すっきりしていて、これはこれで綺麗でしょ?

公園の人工の小川のほとり、雨上がりのノハナショウブです。

12_0624_n_hanashob3.jpg

4月にはシャガ、5月にはアヤメが咲いていましたが、6月はノハナショウブ。
アヤメ科のお花のリレー。一応のゴールです。

2009/ 6/17付 「ノハナショウブの花」
2010/ 6/17付 「いずれアヤメか…」




そろそろ、葉っぱが白くなってきたかな?

12_0624_hangesho.jpg

公園の桜の木の下に目立ってきたのは斑の入ったミズヒキと、もうすぐ白く
なるはずのハンゲショウの葉っぱ。

近くに咲いてた、同じドクダミ科の八重咲きのドクダミも撮ってきたんです。

12_0624_y_dokudami1.jpg

花びら…本当はホウ(苞)…が、本来おしべめしべが並ぶべき場所に付いて
居ます。華やかで可愛い八重咲きは、時々、園芸店で売られてもいるそうです。

12_0624_y_dokudami2.jpg

ああ、↑ 花びらが、本当はホウ(苞)…葉っぱの仲間…ということの現れ。
去年も見たかも。

2011/ 7/ 1付 「ドクダミ科の花とネジバナ」

12_0624_y_dokudami3.jpg

見慣れたはずのドクダミでも、こうなると綺麗ですね。



その次のおさんぽで見かけたのは小学校の畑のジャガイモの花。

12_0624_jagaimo1.jpg

へえ〜、紫色のと…

12_0624_jagaimo2.jpg

白いのと有るんだ。

男爵とか、メークイーンとか…、品種によって違うのかな?

ジャガイモ畑の隣、ブドウ棚に咲いていたのは…たぶん…ヒョウタンの花。

12_0624_hyoutan.jpg

ウリ科の花には白いものが多いから、違うかな?どうかな?
実が大きくなって、答え合わせできる日が楽しみです。

2011/ 8/ 9付 「市民農園その1」
2010/ 8/24付 「ヘチマの花」
2006/ 8/ 4付 「カボチャの若い実」



最後はこのまま載せそびれちゃいそうだから、シモツケの花。

12_0624_simotuke.jpg

まあ、花期の長いお花で夏中咲いてるけど、せっかくなので載せてみました。
ピンクの濃いの薄いのだけじゃなくて、白いのも 咲かないかな。



次回からは、6/14に隣町で撮った写真シリーズに移っちゃおうかな。(^v^*)




ブログ内関連ページ:

2009/ 6/17付 「ノハナショウブの花」
2010/ 6/17付 「いずれアヤメか…」

2011/ 7/ 1付 「ドクダミ科の花とネジバナ」
2009/ 7/ 2付 「半夏生(ハンゲショウ)」

2011/ 8/ 9付 「市民農園その1」
2010/ 8/24付 「ヘチマの花」
2006/ 8/ 4付 「カボチャの若い実」





posted by はもよう at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
ノハナショウブいいですねぇ
華やかなショウブもすてきですが、
シンプルなところに惹かれます。
このあたりはキショウブばかりで、
きっと以前は紫色のノハナショウブが咲いていたのではないかなぁ
なんて考えています。

先日の段々の花後についてしらべたのですが、
おそらく、ムシクサの花後ではないかとおもいます。
ネットで同じ様子のものは無かったのですが、
果実がわれる前の写真がそれらしかったです。
時間かかりましたぁ〜
はもようさんもムシクサについて、
何度も記事にされていましたよね。
見せていただきましたよぉ
Posted by ブリ at 2012年06月25日 09:21
こんばんは^^
ノハナショウブの濃い紫色が眩しいです。
華奢なのに芯の強さを感じる花です。

八重のドクダミを去年道端に見つけました。
一重のものよりちょっと小ぶりな気がしましたが
目を引きました。
その近くの美容室の入口に植木鉢に大事そうに植えられた
八重のドクダミを見つけた時は「花好きさんみーつけた!」と
ちょっとニンマリとしちゃいました。

今年もヒョウタン育てています。
去年は千成、今年は百成。大きくそだってくれるでしょうか?
Posted by ha-chan at 2012年06月25日 22:30
ブリさん、こんばんは。
はい、ノハナショウブ、シンプルでとってもいいですよね。
じっと見ていると、粋な姐さんを連想しちゃいます。
ヒラヒラのハナショウブはお嬢ちゃまで…(^m^)。

キショウブは帰化植物で、最近あちこちで数を増やしていますからね。
あんまり増えすぎないと良いななんて思います。

おお、あの、花後はムシクサの可能性があるんですね。
今度はお花が咲いているときに出会えると良いですねえ(^o^*)。
Posted by はもよう at 2012年06月25日 23:09
ha-chanさん、こんばんは。
ちょっと地味かなと思ったノハナショウブですが、
気に入っていただけて良かったです。
現物は写真よりずっと濃い紫で、きりりと粋でした。
華奢なのに芯が強い…きっとそうですよね。
植物としても、
毎年同じ場所で咲くんですから(^v^*)、丈夫そうです。

八重のドクダミ、たまに道ばたで咲いていると噂には聞きましたが、
まだ、出会ったことがないんですよ。
ですから、誰かがこの花を花だんに植えてくれてとっても
有りがたかったです。
普通のは邪険にされても、八重咲きは大事にされるんですね、どこでも。

あの白い花はヒョウタンで、良いんですかね。
可愛い実が付くのを楽しみにしていていいのかな。
Posted by はもよう at 2012年06月25日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。