2012年06月22日

初夏の木の実

今朝の雨はすごかったですよ、うちの方。目が覚めてから朝のしたくをしている間中、
大きな音を立てて雨が降っていたので、レインコートに長靴、長傘で完全防備して
出掛けてみたら…それっきり、一度も土砂降りにはならず、帰り道は青空までのぞく
始末。ああ、長靴がちょこっと恥ずかしいよぉ。

昨日、眠さに負けて途中だった昨日の記事も完成しておきました。紫陽花の写真、
よかったら見てやってください。

春先にのれんみたいな花を咲かせていたキブシは、コロコロの実になりました。

12_0622_kibusi.jpg

実る途中の青い実、もうすぐ美味しくなりそうな食べられる実。
いろいろ並べてみましょう。






まずはアメリカサイカチ。

12_0622_a_saikati1.jpg

30cm以上に育つ大きなお豆のさやも、まだまだ可愛い出来たてです。

12_0622_a_saikati2.jpg

お花は5月に人知れず地味に咲いていました。

この綺麗な葉っぱを愛されて、最近お庭に植えるお家が増えて居るみたいです。

12_0622_a_saikati3.jpg

ライム色の豆の葉っぱ。素敵です。



地味って言えばこちらも地味。

12_0622_nisikigi.jpg

ニシキギの若い実です。秋、自慢の紅葉が真っ赤に燃えあがる頃、こっそり
赤いタネをはじき出す予定です。



秋が楽しみって言えば、どんぐり。
外国産の、ちょこっと目新しいどんぐりが拾える一画。

12_0622_pinoak.jpg

ピン・オークのはまだ目立たないけれど…、

お隣の ↓ レッド・オーク(たぶんね)のどんぐりは、だいぶ大きくなってきました。

12_0622_redoak.jpg

外国産のどんぐりは、日本産のドングリよりもちょこっと早めに落ち始めます。
夏休みだって、拾えるかもです。



準備中の木の実を見回ったら、今度は熟した木の実を見てみましょう。
まずはヒイラギナンテン。

12_0622_hiiragi_n.jpg

緑色から黒っぽく見えるほど濃い紫へ…熟した実が葡萄のように垂れ下がります。



名前の通り6月に熟す赤い実、ジューン・ベリー。

12_0622_juneberry1.jpg

和名はアメリカザイフリボク。

12_0622_juneberry2.jpg

やっと食べられる実の登場です。
でも、そのまま パクっ(^〜^)よりは、ジャムや果実酒にして楽しむらしいです。
黒く見えるようになったら食べ頃だそうです。

2011/ 6/ 7付 「ユスラウメの実」



もうひとつは、色付きだしたブルーベリー。これは近所の道ばたの花だんの木。

12_0622_blueberry.jpg

食べ頃にはちょっと早いけど、色とりどりで 鑑賞するには良い頃合いでしょ。(^^*)



台風や温帯低気圧で、ちょっと乱暴な雨が続きましたが、週末は梅雨空も
ひと休みしてくれるそうです、うちの方。洗濯やお掃除頑張ろう。p(^へ^)
おさんぽにも行きたいな。まだ撮っていないあの花、この花。ねらいに行こう。





posted by はもよう at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国産のどんぐりの実、一つ目小僧みたい
でかわいいですね。
是非探して見てみたいです。
Posted by ヤマボウシ at 2012年06月23日 21:18
ヤマボウシさん、こんばんは。

はい、この一つ目小僧、これから大きなどんぐりになります。
ちょっと日本じゃ見られない感じで、拾えたら嬉しいどんぐりですよ。(^v^*)
Posted by はもよう at 2012年06月24日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。