2012年06月18日

6月の道草

今日はほとんど曇っていたのに、気温は高いままで、今年初めてってくらいの
蒸し暑さでした、うちの方。体がまだなれていないにで、熱中症にならないよう
水分補給や休息を忘れないようにしたいものです。

過ごしにくい季節だけれど、この時期でなければ会えないお花もあります。

12_0618_tuyukusa.jpg

雨に季節を迎えて咲き始めたツユクサ。
我が家の近所にある、ちょこっと変わった紫色の花です。






ご一緒するのはピンクのイヌタデ。

12_0618_inutade.jpg

赤まんまと呼ばれておままごとでは重宝されてきた野草です。
花もつぼみも、受粉済みの若い実準備中も 全部ピンク ♪ 最小の投資で
最大の宣伝効果をねらっています。



道ばたで、最近目立つのはマメグンバイナズナ。

12_0618_m_gunbai_n.jpg

北アメリカ原産の帰化植物。
三味線のバチじゃなくて、軍配に似た実をつける…って言っても、小さすぎて
よく解りません。お花も咲いていますが、ぺんぺん草より小さいお花です。



そこだけ秋の色。実りの季節の、渋めで暗めのカラ〜リング。秋の色。

12_0618_oyabujirami.jpg

春、咲いていた ↑ オヤブジラミがトゲトゲのやっかいな実になった頃、

草むらに爽やか〜に現れる白い小花は ↓ ヤブジラミ。

12_0618_yabujirami1.jpg

避暑地の高原がお似合いの、とっても清楚な感じですが、うちの方では
ありふれた道ばたの雑草です。

12_0618_yabujirami2.jpg

セリ科なんですよね。

12_0618_yabujirami3.jpg

お花は小さいけれどとっても凝っていて綺麗。この爽やかさはセリ科特有?
でも、オヤブジラミはもっと地味でしたけどね。


こちらのご近所はヒメフウロ。

12_0618_hime_fuuro.jpg

本来は花だんで大事に育てられていたお花なのに、最近ではすっかり道ばた
暮らしが板に付いちゃって。(^m^)
でもね、姫様、みんなが困るほど殖えないでね。



さらに季節が進んで、そっくりさんのムラサキサギゴケはだいぶ背が高く
なったのに対して、小さく地を這っていたトキワハゼ。

12_0618_tokiwahaze.jpg

そっくりさんで、本当に良く似ているけれど、お花の上の花びらの形が違うん
ですよ。ウサギ耳がムラサキサギゴケで、ネコかネズミか…耳が小さいのが
トキワハゼです。

アリさん目線でお花を撮っていたら、小さい男の子に不思議そうに観察され
ちゃいました。(^^A)変なおばさんでごめん。


春からずっと咲いていたけれど、上手に撮れたから、極小のお花畑をご紹介。
ちょこっと、図鑑のお花とは様子が違うミミナグサ。

12_0618_miminagusa.jpg

白いお花が並んでいます。向こうにかすんでいるのは…

12_0618_nomi_tuduri.jpg

さらに小さいノミノツヅリの花。

小さくても大きいお花と同じように、綺麗なデザインをしています。
カメラを持っていると、小さいお花も観賞できて楽しいですね。


さて、今度は何をねらおうかな。








posted by はもよう at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
道端の小さなお花が好きです。
ノミノツヅリの花の咲く前も好きです。
セリ科の花はどれもツボです。
変なおばさんと言われたことあります。 
倒れていると誤解され「大丈夫ですか?」と声をかけられたことも。
私も負けずに道端で写真を撮っています。
Posted by ha-chan at 2012年06月19日 23:39
ha-chanさん、はじめまして。
そうですか、道端の小さなお花が好きで
倒れていると誤解されちゃうほど熱心に写真を撮っていらっしゃるのですね。
まあ、親近感が沸いちゃいますわ。(^^*)

でもって、ブログにお邪魔したら。
あらまあ、セリバヒエンソウのタネの記事。
(^m^)私もかつて注目し、記事にしています。
面白いタネですよね。
…切ったり水に浮かべてみたりするお方と言うことは…
もちろん、センダンのタネでも実践済みですよね。(^v−)☆

今後も、よろしくお願いいたします。
Posted by はもよう at 2012年06月20日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。