2012年06月12日

ツンツン 二代目

今日は梅雨らしいお天気でした、うちの方。気温もぐっと下がって、4月に逆戻り
したそうです。一度しまった長袖を引っ張り出してまた着ました。風邪ひかない
ように気を付けなくっちゃ。

今日の記事は、いつもおさんぽしている公園のマムシグサの咲く一画に出てきた
ツンツンしたものの、二代目の話。

12_0612_mamusi_g1.jpg

春、この一画でツンツン頭を並べていたのはマムシグサ。






2012/ 4/28付 「お目覚め雑木林」 今年の芽だし

タケノコみたい?いえいえ、あとでこんな風になります。

12_0612_mamusi_g2.jpg

竹でも笹でもありません、マムシグサはサトイモ科テンナンショウ属の多年草。

いつもおさんぽしている公園で、初めて見たのは3年前。

2009/ 5/14付 「マムシグサ」 いつもの公園での初見

今年のお花は撮り損ねました。

隣町では ↓ 撮れたのにね。

2012/ 5/ 6付 「蝮、浦島、鞍馬」 隣町の花 



いつものおさんぽの途中で気づいたときには もう実が出来はじめていました。

12_0612_mamusi_g3.jpg

茶色い花の残骸が落ちたら、つぶつぶの実が赤く熟します。

草むらに突き立てた枯れ枝に、鮭の卵の筋子が付いているみたいな一種異様な
姿、ここでも見られたら嬉しいな。



そういえば、ここにもフタリシズカが咲いていたんですね。

12_0612_f_sizuka1.jpg

もうお花は終わって若い実になっちゃってましたが(^^;)。

ちょっと気を散らして、フタリシズカの実に注目。

12_0612_f_sizuka2.jpg

白いお花がつぶつぶの実になってます。半透明で綺麗なんですよね。



そしてこの日(5/31)は、ツンツンしたものの二代目が頭をのぞかせていました。

12_0612_take1.jpg

今度こそタケノコです。

12_0612_take2.jpg

まさに「雨後の竹の子」。すくすく伸びて、ここ一帯は細い竹の林になります。
竹か笹か迷うような細い竹です。



ツンツン頭の行列、春の一代目から初夏の二代目へ。

12_0612_mamusi_g4.jpg

雑木林の端っこで、ひっそり交代です。



ついでにご近所も見回ってきました。
ヤマジノホトトギスは、すくすく伸びているし…

12_0612_y_hototogis.jpg

ゲンノショウコとヤブマメの葉っぱがわさわさ茂っているし…

12_0612_gen_sho_turu_m.jpg

コボタンヅルも葉っぱを増やしています。

12_0612_k_ botan_d.jpg

ふふふ…(^m^)私くらいしか注目しないようなマニアックな景色です。


ちょっとは色の付いたものも載せておきましょうか。

12_0612_kusaitigo.jpg

クサイチゴの赤い実です。綺麗でした。


あ、チシャ猫!

12_0612_cheshiercat.jpg

ねえ、アリスは通らなかった?



雨降って、草の葉が伸びて…今度は何を見に行こうかな。


ブログ内関連ページ:

2012/ 5/ 6付 「蝮、浦島、鞍馬」 隣町の株 
2012/ 4/28付 「お目覚め雑木林」 今年の芽だし
2009/ 5/14付 「マムシグサ」 いつもの公園での初見






posted by はもよう at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

食べられそうなのはクサイチゴだけでしたか・・・(笑い)。
笹も食べられないし・・・雨後の竹の子、うまく言ったものです。
Posted by nakamura at 2012年06月13日 10:23
nakamuraさん、こんばんは。
そうですねえ、もうちょっと早かったら笹竹のタケノコだって
食べられたかもしれませんが
今はもう、パンダじゃないと無理ですね。

でもこのあと、美味しい実が次々、いろんな木に実るはずで…
時々、枝先をチェックに行ってます。
お楽しみに(^^*)。
Posted by はもよう at 2012年06月13日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。