2012年06月10日

我が家の西洋オダマキ

午前中はとっても良く晴れて、午後からは雲が多くなりました。天気予報どおりです、
うちの方。午前中は近似の公園をさんぽして、午後は近所へ買い物に行きました。
近くのショッピングセンターに輸入食品のお店がオープンしたんです。歴史的円高の
昨今ですもの、ちょっとくらいは円高差益を還元していただこうと見に行きました。
久しぶりに海外ブランドのパッケージを見ましたよ。中には懐かしいものもあり、
楽しいお買い物が出来ました。

さて、記事の方は我が家の鉢植えの近況をいくつか。

12_0610_s_odamaki1.jpg

2005年から育てている西洋オダマキが今年も咲いてくれました。






我が家の鉢植えの近況報告、一番最後のは3/29付ですから、だいぶお久しぶり。

あれから、黄色いミニ水仙は70くらいのお花を咲かせて終了し、ムスカリも終わり。
ムスカリはあまりに球根が増えるので、これも少数に厳選してお花を大きくする
ことに集中しようと思いました。今は葉っぱを茂らせて、球根に栄養をため込んで
います。

ツルボも葉っぱ充電中。露地の葉っぱはもう無くなりました。うちのツルボは
どうするのかな?

芽を出したばかりだったヤマジノホトトギスは、今年も、もしゃもしゃ茂って
イイ感じです。お花は秋なので、このまま、元気の茂ってくれれば文句なしです。

ヘデラ(西洋キヅタ)は3鉢みんな植え替えました。鉢から抜くのに難儀するほど
みっしり根っこが育ってました。ごめんね〜。窮屈だったね。

オモトも葉っぱを切って植え替えました。まだ、頑丈に満足しているらしく何事も
有りませんが、逃げ出したくなったら花の穂をあげてくるはずです。



去年もハダニと戦ったセイヨウオダマキは4月の末につぼみを出すと…

12_0610_s_odamaki2.jpg

あれよあれよのうちに背が伸びて、お花をいっぱい咲かせてくれました。

濃い紫のお花に、

12_0610_s_odamaki3.jpg

ちょっと遅れてピンクの花。

12_0610_s_odamaki4.jpg

綺麗ですねえ。

公園やよその花だんには、もっと複雑な造りの園芸品種が華麗に咲き競っていますが、
我が家の西洋オダマキはきわめてシンプル。

12_0610_s_odamaki5.jpg

でも、良いんですよ。だって十分綺麗だし。(^m^)

毎年悩まされてきたハダニの被害。
今年も熱中症対策グッズ ドライミストスプレーを使って葉裏への水やりp(^へ^)
欠かさないようにいたします。

2005/11/28付 「セイヨウオダマキの苗」
2011/ 5/16付 「西洋オダマキと野茨」




こちらは気温の低い季節限定の花、ミニとガーデンのふた株の小さいシクラメン。

12_0610_cyclamen1.jpg

寒いのが好きと言っても、今年の寒気は度を超えていたようで、GW初日にもまだ、
たっぷり咲いています。赤いミニシクラメンと白いガーデンシクラメン。
おめでたい紅白の小さいシクラメンの鉢。

先日気づきました。根元に小さなハート形の葉っぱが出ていることに。

12_0610_cyclamen2.jpg

タネが芽吹いたの?育つかな?まさかね。でも、ちょっとだけ期待して、
全然違う雑草の芽じゃないことを祈ります。(^^;)



フレンチラベンダーも咲きました。どこかから飛び込んだ芽を育ててもう6年。
触ると良い香りのする葉っぱの間から地味めな花の穂を出して今年も咲きました。

12_0610_f_lavender1.jpg

飛び込んだ芽が育った頃、検索しましたら、フレンチ・ラベンダーまたは、
ラベンダー・デンタータと言うのに似ていると思いました。

2006/11/22付 「鉢植えの冬支度」
2011/ 4/ 8付 「ラベンダー咲いた」

12_0610_f_lavender2.jpg

こう見えて低木なんですよ。シソ科の常緑低木。
放っておくとどんどん大きくなるので、毎年、根元まで切り戻しちゃうのに、
こうして健気に咲いてくれます。よい子でしょ。しかも、元手はタダよ。(^m^)



我が家の落葉高木、鉢植えのケヤキとコナラも順調です。これも6年
くらいのお付き合い。

12_0610_keya_kona1.jpg

可愛い新芽が、あという間に初々しい若葉になりました。

12_0610_keya_kona2.jpg

すっかり若返ることの出来る木が、時々うらやましくなる今日この頃。
みずみずしくって、良いねえ。

あ、写真にはないけれど、ノブドウもすくすくつるを伸ばしています。
今年は一部、葉っぱがいじけています。何がいけなかったのかなあ?
もうすぐお花の季節なんだから、頑張って欲しいです。



ラストは母の鏡、スプレー咲きのカーネーション。もう10年くらいの
お付き合いです。
あんまりたくましくはびこりすぎたので、思いあまってばっさり根元まで
切り戻しました。のたくって鉢からこぼれまくっていた茎は数本を残して
捨てちゃいました。

12_0610_carnation1.jpg

生命力の強さは半端ない母の鏡のカーネーション。
もう新しい芽が生えそろっています。強いわあ。

残した数本は別のプランターに、ダメ元で挿し木。

12_0610_carnation2.jpg

そのままつぼみを持って、咲いちゃいました。さらにまた、驚きの強さです。
母たる者かく在らねばって言う意味で…母の日にはカーネーションを贈るの?

ついでのその鉢からは、去年は育てたけれど、抜いて捨てちゃったはずの
フウセンカズラのこぼれ種まで芽吹いちゃって、もう、どうしましょう。(^^A)



次は、初夏のお楽しみ、コクチナシとカラーのお花が準備中。ゲンノショウコも
紫色のツユクサも健在です。

12_0610_carnation3.jpg

たくましかったり、ビックリしたりの我が家のベランダ。
生き物みんな活発に活動する真夏に向かって進んでいきます。今年も水やり頑張るぞ。









ブログ内関連ページ:

2005/11/28付 「セイヨウオダマキの苗」
2011/ 5/16付 「西洋オダマキと野茨」

2006/11/22付 「鉢植えの冬支度」
2011/ 4/ 8付 「ラベンダー咲いた」

2005/12/27付 「双葉ちゃん達」 ケヤキの双葉

2010/ 9/12付 「ミニ水仙の植え付け」 カーネーション
2011/ 7/ 2付 「カラーとコクチナシ」






posted by はもよう at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。