2012年05月30日

采配蘭

今日の天気予報で、梅雨に入る前の貴重な晴れ間と聞いたので、急いで大物を
洗って干したのに、あっという間に雲が広がってドキドキしちゃいました。
結局、降りはしなかったけれど、もうちょっと晴れて欲しかったなあ。

さて、今日の記事は5/19につぼみを見つけた初見の草。

12_0530_saihai_ran01.jpg

何度も通った場所なのに、こんなつぼみ初めて見たんですけれど、何でしょう。
5/26にもう一度行って、お花を見てきました。






雑木林の林床、落ち葉がどっさり降り積もった木陰に、日陰好きのお花たちと
一緒に生えていました。時期によってはきのこもたくさん並ぶような斜面の
下の方、地面から茎が一本立っていて、地味な色のつぼみがいっぱい付いて
います。
何色っていうのかしら?これ。

12_0530_saihai_ran02.jpg

茎のそばには笹の葉みたいな葉っぱが一枚。地面に ぺたって広がっています。
このお花の葉っぱかな?違うのかしら?
つぼみじゃ、web検索も容易じゃないから、やっぱりお花を見ないと名前は
解らないかな?



5/26にもう一度行ってみたら、お花が咲いてました。
ヤブランともオオバジャノヒゲとも違うお花です。
ふさふさしたお花の穂。何だっけ?

12_0530_saihai_ran03.jpg

地味なお花に見えたけど、近づいてアップで見ると鮮やかな赤紫色。
案外、派手なのかも。

12_0530_saihai_ran04.jpg

黄色いのはおしべのヤク(葯)かな?

お花1つの形は…こんな。

12_0530_saihai_ran05.jpg

両側に広がった花びら。
真ん中は…↓ 正面から見ると…

12_0530_saihai_ran06.jpg

こんなで…

真横から見るとこう ↓ 。

12_0530_saihai_ran07.jpg

面白い形。

カトレアをぎゅーっと引き延ばしたような…ということはこれ、蘭の一種かな?
ン〜、なに蘭だろう。


隣町の公園をあちこち歩いて、他にもいっぱいスクープ写真を撮っての帰り道。
車がばんばん通る 道路に面した雑木林の、だいぶ枝を落とされて、日当たりが良く
なっちゃった場所に、唐突に、同じお花が咲いていました。

12_0530_saihai_ran08.jpg

ここだって、今までさんざん眺めてきたところ。こんなお花一度も見たことが無い
場所です。

この株にも根元に笹みたいな大きな葉っぱが一枚…

12_0530_saihai_ran09.jpg

こちらは枯れて茶色くなっていますが…付いていました。

わあ、何で今年は2箇所で咲いているんだろう。今まで一度も見たこと無いのに。

12_0530_saihai_ran10.jpg

日向で見るとさらに色鮮やかです。

12_0530_saihai_ran11.jpg

花の穂の一番上のお花。
花びらは細長いけれど、やっぱり蘭っぽい形のお花ですよね。ゴージャスで綺麗。

同じ穂の ↓ 下の方。

12_0530_saihai_ran12.jpg

日陰の花より、赤紫色がはっきりしていますね。

12_0530_saihai_ran13.jpg

一番下の花 ↑ をアップで。

花の穂の真ん中にぐっとカメラを近づけて…。

12_0530_saihai_ran14.jpg

いろんな角度から写真を撮って、家に帰ってweb検索…する前に、ふっと、ある名前が
浮かびました。サイハイラン。
采配をふるうっていう言い方しますでしょ。あの元になった武将が持っているひらひらが
いっぱい付いた棒。軍の指揮棒、采配に似たお花の咲く蘭があったはず。

図鑑を見たら、とびきりお花の盛りで綺麗過ぎちゃって似ていません。(^^;)
結局web検索で確認しました。
サイハイランで良さそうです。

ラン科サイハイラン属、やや薄暗い林床で見かける高さ30〜50cmの多年草。
胃の不調やヒビ、あかぎれにも効いちゃう薬草だそうです。
花の色には変化が多くて、紫色や緑色のお花まであるんですって。


今回は新しいお花に会えました。
サイハイラン。
また来年も会いたいな。

今度はまた、「木に咲く白い花」の続編と、数々の大発見をご紹介します。





posted by はもよう at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。