2006年11月11日

草もみじ

今日は雨が降って、明日からは冷え込むそうですけど…、
今年の秋は少し暖かすぎますね。関東地方の紅葉は少々遅れ気味です。

なかなか深まらない秋ですが、一番地面に近いところでは、
秋の草たちが、ゆっくり深まる秋の様子を、身をもって表現してくれてます。
少しずつ、色づき出した草もみじ。
先日、色づき具合を確かめながら、おさんぽして来たときの写真です。

06_1111_natuduta.jpg

まずはツタの葉。
ネックレスにしたいような小さな葉が、真っ赤に染まっていました。
こんなふうに赤くなるのはナツヅタですね。
とっても小さいけれど、これは木の仲間でした。



ピンクの花より目立っちゃうのは、タデの赤い葉っぱ。

06_1111_hanatade.jpg

ハナタデだと思って撮ったけど…??イヌ?…ん? やっぱりハナタデよね。




こちらはフワフワした花後のガク(萼)。
イヌコウジュとキツネノマゴです。

06_1111_kitune_inu.jpg

真ん中の赤っぽいのがイヌコウジュで、周りの緑色のがキツネノマゴ。
ここでは緑色だけど、よそでは赤くもなりますよ。
ちっちゃくて可愛くて、綺麗な 花後の姿です。




サンショの幼樹と並んでいたのは、目立つ黄色いマメ科の葉。
これはひっつき虫のヌスビトハギの葉っぱです。

06_1111_nusu_san.jpg


忍び足の形の実は、もうみんなこぼれた後でした。




羊歯の葉がこんなにオレンジなのは、紅葉?それとも、
こんな色なのかな?

06_1111_sida.jpg

なかなか綺麗な姿でしょ。




お気に入りの観察スポット、「北向きの斜面」といえば、
ユキノシタです。

06_1111_yukinosita.jpg

ちっちゃくて丸くて毛深い葉っぱが いっぱい並んでいろんな色合い。
やっぱり可愛いなぁ。
他にも、ドクダミ、フユヅタ、カキドオシ、テイカカズラなど、
日陰好きがせいぞろいです。



最後はヤマノイモ。ここだけやけに 季節が進んで晩秋の風情。

06_1111_yamanoimo.jpg

あちこち歩いて、写真もいっぱい撮ったけど、
むかごもたくさんもらってきました。
でも、今年はちょっと不作です。もう少し集めてから、むかごご飯にしようかな。




この後 急に冷え込みますと、何度か聞きましたが、
何だか、なかなか寒くなりません。
暖かいのは良いんだけど、今年の紅葉ってどうなのかな?


posted by はもよう at 21:22| Comment(10) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうは思い立って木々の紅・黄葉を探しました。
「草もみじ」という素材があったのですね。次の機会は下をよく見て歩かなくては。
Posted by ひろし at 2006年11月11日 22:31
ひろしさん、こんにちは。
はい、草もみじは 身近で手軽な秋のお楽しみです。
エノコログサの葉も、アカザの花と葉も色づいてますよね。
上見たり、下見たり、忙しい秋の終わりです。(^^)
Posted by はもよう at 2006年11月12日 14:57
おはようさん。
ムカゴご飯、楽しみですね・・・こちらからも送りたいほどです(笑い)。
山芋掘りの時期のようで、この葉っぱが目当てです。独特の目印をしておいて、あとで掘る・・・などそれぞれ考えるようです。ただ、重労働ですからホントに好きな人がやるものかも・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年11月14日 08:07
今日は強い南風が吹き募っていましたが、お約束の「草もみじ」を探ってきました。
コケオトギリの紅葉も見つけ、嬉しかったです。TBさせていただきますね。
Posted by ひろし at 2006年11月14日 18:35
おお、着眼点がはもよう さんらしいですね。
根岸森林公園でもツタ類がいろいろな模様を描き始めていて、いい感じになってきました。
Posted by ディック at 2006年11月14日 20:58
nakamuraさん、こんばんは。

いただきにあがりたいほどですわ。
むかごご飯♪美味しいんですもの。(^^)
やっと、一握りほど集めました。もう少し頑張ります。

この葉っぱの下のお芋は自然薯ですからねぇ。
畑の山芋は、収穫しやすいように軟らかい土に植えるらしいですけれど、
自然に生えたお芋は、容赦なく固い地面にもぐっているんですもの。
自然薯掘りは、重労働でしょうね。
でも、その苦労を補ってあまりあるほど美味しいんですよ、きっと(^^)。
Posted by はもよう at 2006年11月15日 01:10
ひろしさん、こんばんは。
おお、お約束いただいた「草もみじ」の記事ですね。
TBありがとうございます。

コケオトギリは、夏野に初めて見つけたときから、
ところどころ赤かったですけれど、
ひろしさんの写真のはまた、とびきり赤いですね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年11月15日 01:14
ディックさん、こんばんは。
はい、葉っぱが好きな はもよう ですので、こんな写真も撮ってきました。
ツタは、株ごとに表情があって、見ていて楽しいですよね。
根岸森林公園のツタ、写真に撮ったら見せてくださいね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年11月15日 01:17
また、おはようさん。
今頃気が付きましたが、「くさもみじ」という言葉に一票!
無知とは、げに恐ろしきもの・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年11月15日 08:14
nakamuraさん、一票ありがとうございます。
「草もみじ」に成り代わりまして、お礼申し上げます。(^^)
お近くにもありますよね。
Posted by はもよう at 2006年11月16日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

草もみじ  06.11.14
Excerpt: 「くさもみじ」という優雅な言葉があります。 「くさもみじ」と言えば、尾瀬の草もみじを暫く見ていないです。来年は行きたいな。(閑話休題) 舞岡公園では秋も深まり木々の紅葉が進んでいますが、地表の..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2006-11-14 18:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。