2012年05月20日

ハリエンジュとヤマボウシ

今日は、雲が多めながらも穏やかな日曜日でしたね。ここんところバタバタ
していたので、ちょっと落ち着いて写真の整理などしていました。
お見せしたい写真がいっぱいあるので、HPに載せる作業を急いで進めよう
と思います。

12_0520_harienju1.jpg

さて、今日も「木に咲く白い花」をご紹介。これも毎年の風物詩となっている
ハリエンジュ。俗にアカシアと呼ばれている花です。






本来のアカシアは、春まだ浅い頃どこかのお庭で咲いていた黄色いポンポン
みたいなお花がびっしり付く ギンヨウアカシアとかフサアカシアのような
お花で、本来のアカシアはオーストラリアやアフリカの植物だそうですよ。

でも、「♪〜アカシア〜の雨にうたれて〜♪」の歌に歌われたのはこの花。
それから、お店で売っているアカシアの蜂蜜も、このお花の蜜のことだそう
です。どこでどう間違っちゃたのか、俗称はアカシア、図鑑のお名前は
ハリエンジュ。別名はニセアカシア。マメ科、北米原産の落葉高木です。

うちの近所にもハリエンジュがいっぱい生えている場所があるんですよ。

12_0520_harienju2.jpg


12_0520_harienju3.jpg

青空から地面まで真っ白に染めて、ハリエンジュの良い匂いでいっぱい。
でも、お花を眺めていると、コロコロに太ったクマバチににらまれちゃいます。
こんなに咲いているんだから蜜は足りるでしょ。それにあんたから横取りは
しないよ…って、誰か言ってやってくださいよ。(^^;)



お花は天ぷらにしても、そのまま漬け込んでアカシア酒にしても良いみたいですが
それ以外の部分には毒性があるんですって。特にお馬さんに食べさせちゃダメです
って。

12_0520_harienju4.jpg

成長が早くて痩せた土地でも育つものだから、最初は公園樹として導入しても
やがて、緑化資材としてあちこちの土手やはげ山を緑で覆うお手伝いをして
もらう様になったのだそうです。

でも、地下茎を張り巡らせて、ハリエンジュだけが栄えてしまうため、今では
利用されていないそうです。
でも一度殖えてしまうと根絶が難しくて困られているみたいですよ。

お花に罪はないんですけれどね。

12_0520_harienju5.jpg

お花はフジのように房になって垂れ下がるタイプ。まあ、フジほど長くは
なりませんが。

枝には鋭いトゲがあります。

12_0520_harienju6.jpg

なかなかハリエンジュの「針」を捉えられなかったのですが、やっと写り込んで
くれました。あ…、見えます?枝に2つずつ並んで付いているトゲが。


葉っぱは丸っこい小葉が並ぶ羽状複葉。

12_0520_harienju7.jpg

ものすごい勢いで 天まで伸びそうな枝先の表情ですね。

12_0520_harienju8.jpg

姿も香りも好きですが、殖えすぎて厄介者扱いされるのはちょっと困るから…

12_0520_harienju9.jpg

毎年、お手柔らかにね…って思いながら見上げる、木に咲く白い花です。




さて、こちらも恒例となっています、ハリエンジュの群落のそばにある
ヤマボウシ。

12_0520_yamabousi1.jpg

私の行動範囲にあるヤマボウシは、およそんちのお庭だったり、人通りの
多い道ばただったり。ちょっとカメラを構えにくいところにばかり
植えられているんです。
心おきなく写真を撮れるのがここだけ。でも、お花の付きは今ひとつ。

12_0520_yamabousi2.jpg

しかも、撮りにく〜い(^^;)。
それでもねらっちゃういつものヤマボウシ。これでも少しずつお花の数は
増えているんですよ。今年もいっぱい咲いてね。(^▽^)ノ応援しているよ〜。





じつは同じ日に、木に咲く白い花を4種、はしごしております。
次の記事も同じ日の写真。今度はアレですよ。


シリーズ「木に咲く白い花」2012

2012/ 5/16付 「ミズキ 開花」
2012/ 5/19付 「マルバアオダモの花」




posted by はもよう at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。