2012年05月11日

チゴユリに会いに

今日は何とか穏やかでした、うちの方。まあ、若干強めながら、気持ちの
良い風が吹いていました。昨日は雹(ひょう)が降った所もあったとか、
早くお天気落ち着いて欲しいですね。

さて、今日は4/30に隣町へ行って写真を撮ってきた一番の目的、チゴユリを
ご紹介しますね。

12_0511_tigoyuri1.jpg

もう遅いかなと心配しながら見に行ったのですが、今年もゆらゆら咲いてました。






お気に入りの観察スポット隣町の公園裏の「北向きの斜面」、雨の多いこの頃は
行くたび 谷の枯れ沢にお水が流れています。

みずみずしく葉を広げているのはコバギボウシ。

12_0511_k_gibosi.jpg

湿っぽいところが好きな夏の花です。涼しげな紫色のお花に会える日が楽しみです。


水辺のミツバに…あの、お野菜のミツバですよ。山菜なんです。…こんな風に水玉が
付いているのを初めて見ました。

12_0511_mituba.jpg

ふちにずらっと水玉が付いてて可愛いのなんの。
イチゴやノイバラ、ヤブガラシでは見たことがありますが、ミツバもこんな風に
なるんですね。


ミツバつながり…、斜面にいっぱい咲いていたミツバツチグリ。

12_0511_m_tutiguri.jpg

結構、花期 長いですね。可愛かったです。
そういえば、ヘビイチゴやヤブヘビイチゴはまだこれからでした。

ふむふむ、お花が咲くのはまずミツバツチグリ、それからヘビイチゴかあ…。
覚えておこう。
でも、すでにヘビイチゴは咲いちゃって、今度行ったときにはニガナが盛りになって
いそうです。北向きの斜面の黄色いお花リレー、今日はどこまで行っているかな。



とか何とか、ご近所さんの近況を眺めつつ、本題のチゴユリです。

12_0511_tigoyuri2.jpg

『ユリ科アマドコロ属、山野の林内に生える高さ20〜35cmの多年草。』
可愛い姿をお稚児さんにたとえて 稚児百合。

2008年にお気に入りの観察スポット隣町の公園裏の「北向きの斜面」に群生して
居るのを見つけて5回目の春。今年もその愛らしい姿に会えて嬉しいです。


でもねえ、とっても数が減っていました。
初めて気づいたときにはずいぶん大きい群落だったのに、今年はあっちこっちの
草の葉の間から、かろうじて5輪を見つけただけでした。

12_0511_tigoyuri3.jpg

これから咲くのや、もう散ってしまったのを含めても10か20有ればいい方。

12_0511_tigoyuri4.jpg

群落…消えちゃう寸前みたいです。

何度も舐めるように眺めていた観察スポットに突然現れたように、
ある年ふっと消えていくのかなあ。
そんな風にして、気に入った場所を点々として居たりしてね…。

来年会えるかどうか解らない貴重なワンショット。

12_0511_tigoyuri5.jpg

野草との出会いは一期一会。会えたことを感謝しなくっちゃね。

もしもまた来年会えたら嬉しいです。
ここでなくても、また別の場所でも会えたらいいな。
ゆらゆら可愛いチゴユリさん。また来年ね。




ブログ内関連ページ:

チゴユリ
2011/ 5/ 6付 「ゆらり チゴユリ」
2010/ 4/26付 「チゴユリ 開花」
2009/ 4/27付 「チゴユリなど」
2008/ 4/23付 「チゴユリ」



posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。