2012年05月05日

スミレの小径

今日は本当に良いお天気でしたね。家でじっとしているのがもったいなくて
娘を誘って実家に顔出してきました。元気にしているのを確かめて、近所へ
おさんぽにも行きました。帰ってきたらパソコン仕事。HPの方に、
去年もらった母の写真を載せておきました。良かったら見てくださいね。

今日の記事は、この春、近所で見かけた残りのすみれをご紹介。
早起きすみれはもう3種ご紹介済みですので、今度はそれ以降から遅咲き種
までを一挙に挙げてみます。

まずは野の道ばたに咲くノジスミレ(野地菫)。

12_0505_noji_s1.jpg

もともと、多いのですが、今年は大きな群落を作っていました。




薄めの紫、毛深くてついつい白っぽく見える葉っぱや茎。
地面にぺたんと広げた葉っぱ。

12_0505_noji_s2.jpg

どこかあか抜けない野原のすみれです。

2011/ 4/ 7付 「ゆかしいすみれ」 ノジスミレ、タチツボスミレ、コスミレ


こちらは、スミレという名のすみれ。
きりりと濃いめの紫色が綺麗です。

12_0505_sumire1.jpg

花の後ろ(距)の部分の色が花びらと同じ紫色。

12_0505_sumire2.jpg

葉っぱの柄に翼がついていること。

12_0505_sumire3.jpg

葉っぱが地面に付かず、まっすぐ立っていること…などが見分けポイント。
絵に描いたようなすみれ。これがスミレという名のすみれです。

2007/ 4/15付 「スミレとヒメスミレ」




昭和記念公園では白っぽい花を見たアリアケスミレ。
去年、観察した場所に今年は紫色の濃いお花しか咲いていなくて、

2011/ 4/22付 「姫と有明」 ヒメスミレ、アリアケスミレ

12_0505_ariake_s1.jpg

スミレという名のすみれと区別がつけにくいですが、
たぶん、アリアケスミレです。

12_0505_ariake_s2.jpg

う〜ん、でも、見れば見るほどどっちかな?

もともと、アリアケスミレ自体がノジスミレ、スミレ、ヒメスミレの
交雑種じゃないかといわれているそうなので、似ているものなんですが、

12_0505_ariake_s3.jpg

今年はとっても悩ましいのが咲いちゃったなあ。困った困った。(^^A)


こちらは別の場所のヒメスミレ。写真じゃ解りませんが、とにかく小さい
お花です。

12_0505_himesumire1.jpg

スミレのミニチュア版って感じ。
すみれの仲間はどれも決して大きいお花じゃありませんが、それでも
ヒメスミレの小ささは群を抜いています。

12_0505_himesumire2.jpg

ちっちゃ可愛いお姫様。今年も会えたね。

2006/ 4/30付 「4月に出会った草花」 ヒメスミレの小ささ


こちらは花だんからの逃げ出し組。葉っぱに特徴があるキクバスミレ。
またはクワガタスミレ。

12_0505_kikiba_s.jpg

2008年に初めて記事にしています。見かけていたのはもっと前からでしたが、
この場所…ガードレールの下…の環境が変わってきたので
そろそろ無くなってしまいそうです。花だんへ帰れると良いね。

2008/ 4/24付 「ガードレールの下のスミレ」



最後はすみれの中でも遅咲きのツボスミレ、またの名をニョイスミレ。
ツボスミレの名は坪庭に生えるから、ニョイスミレは如意棒からの連想ですって。

12_0505_tubosumire1.jpg

白っぽいお花で、お仲間の中でもそうとうの'小顔'。(^m^)
つまり、お花小さめです。

12_0505_tubosumire2.jpg

パックマンのお口みたいな(←解るかな?)、スイレンの葉っぱみたいな
かっぱっと切れ込みの入った葉っぱが目印です。
このお花が咲いちゃうと、すみれシーズンも終盤。
お名残惜しいので小さいお花ですが、カメラを近づけ精一杯の拡大で
じっくり鑑賞します。

2008/ 4/23付 「ニョイスミレ」 地上茎の話も少し


おさんぽすれば何種類ものスミレに会えるこの生活。
子どもの頃、下町に育った私からしたら、夢のような暮らしです。
ああ、ありがたや。(-人-)また拝んでおこう、とりあえず。

写真がアップできなくて申し訳ないので、過去記事へのリンクをどっさり
載せておきます。良かったら見てみてください。




ブログ内関連ページ:

すみれ いろいろ

2011/ 4/22付 「姫と有明」 ヒメスミレ、アリアケスミレ
2011/ 4/17付 「北向きの斜面の春の花」 シロノジスミレ
2011/ 4/ 7付 「ゆかしいすみれ」 ノジスミレ、タチツボスミレ、コスミレ
2011/ 3/25付 「カタクリの咲く斜面」 パピリオナケア
2011/ 3/25付 「カタクリ開花」 ノジスミレのつぼみ

2010/ 5/13付 「タツナミソウとヒメスミレ」
2010/ 4/24付 「2種のスミレ」 ニョイスミレ、スミレ
2010/ 4/ 1付 「早起き菫(すみれ)2」 ノジスミレ・コスミレ
2010/ 3/28付 「早起き菫(すみれ)1」 タチツボスミレ・アオイスミレ

2009/ 5/ 6付 「GWに見かけた花」 スミレ
2009/ 4/23付 「ウラシマソウなど」 ノジスミレ
2009/ 4/12付 「ヒメスミレとタネツケバナ」 ヒメスミレ
2009/ 4/10付 「フデリンドウ 開花」 ニョイスミレ
2009/ 3/28付 「アケビのつぼみ」 アオイスミレ
2009/ 3/25付 「コスミレの花など」 コスミレ
2009/ 3/24付 「カタクリ 開花」 アオイスミレ
2009/ 3/20付 「公園の一番花」 タチツボスミレ

2008/10/20付 「秋のスミレ…ほか」
2008/ 4/26付 「タチツボスミレの今」
2008/ 4/25付 「コスミレ 再確認」
2008/ 4/24付 「ガードレールの下のスミレ」
2008/ 4/23付 「ニョイスミレ」 地上茎の話も少し
2008/ 4/11付 「コスミレ」
2008/ 4/10付 「アリアケスミレ」
2008/ 4/ 8付 「タチツボ、ノジ、ヒゴ、外来種…」
2008/ 3/15付 「小さなスミレ」 このときは名無し。後にコスミレと解りました。

2007/ 4/29付 「パピリオナケア」
2007/ 4/24付 「カタクリの花が終わって」 ヒゴスミレ
2007/ 4/20付 「ノジスミレとケマルバスミレ」

2007/ 4/17付 「ニョイスミレ」
2007/ 4/15付 「スミレとヒメスミレ」

2006/ 4/30付 「4月に出会った草花」 ヒメスミレの小ささ
2006/ 3/29付 「タチツボとアオイ」


posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。