2012年04月28日

お目覚め雑木林

ゆうべは、何だか眠くなっちゃって記事の投稿をお休みしました。4/27金曜日の
記事のつもりで翌日の土曜日に投稿しておきます。

近所の山桜に目を見張り、いつもの公園で華やかな花木を巡り、へんてこなきのこの
お祭りに行き会った同じ日、4/18のいつもおさんぽしている公園、雑木林ゾーンの
表情です。

12_0427_zokibayasi1.jpg

はい、木々の足元、たどる道には 散り敷く花びら。








とは言っても、もう十日も前ですからまだまだ山桜は盛りです。
散った花びらでピンクに染まる道から 目をあげれば…

12_0427_zokibayasi2.jpg

赤っぽいの白っぽいの黄色っぽいのいろんな山桜が並んでいます。
こんな壁紙かカーテンがあったら嬉しいなあ。

見上げれば、青い空に桜模様。

12_0427_yamazakura.jpg

綺麗な天井ですよ。


でもね、目を凝らせば次の季節を象徴するように隣り合わせて、
ミズキの新芽が吹いています。

12_0427_mizuki.jpg

ミズキの大きな枝に、白いお花が並んだら春から初夏へ、季節が移った
気がするものなあ。




たどる道の、行く先。
雑木林を透かし見れば、ピンクに咲く山桜、赤っぽいのはカエデの新芽。
こちらも色とりどりです。

明るい緑は…

12_0427_zokibayasi3.jpg

いろいろあるけど、たとえばエゴノキの新芽だったりするかしら。

12_0427_egonoki1.jpg

高い枝には手が届かないから、足元のひこばえで代用。
毛深い冬芽がピッカピカの新芽に変わりましたよ。丸こい葉っぱが良いでしょう。

このままぐいっと上を向くと…天井はこんな模様。

12_0427_egonoki2.jpg

春だよ〜。

林床で、は〜いと返事するように頭を出したのはタケノコじゃなくて…

12_0427_mamusigusa.jpg

マムシグサ。

ここで毎年観察しています。
サトイモ科テンナンショウ属のお仲間たちは、とってもダイナミックで面白い
芽吹き方をするんです。
今年は上手く行き会えなかったけれど…良かったら過去記事でご覧下さい。

2009/ 5/14付 「マムシグサ」 この芽の過去
2006/ 4/21付 「ウラシマソウの花」 お仲間のダイナミック芽吹き
いずれにも、詳しく解る専門家さんのページへの リンク付




どこもかしこも パステルカラーにスモーキートーン。

12_0427_zokibayasi4.jpg

山桜と一緒にけぶるのはエノキの大木。

12_0427_enoki1.jpg

うす黄色の枝先は、新芽ではなく地味な花です。

12_0427_enoki2.jpg

桜と同時期に咲くのはエノキ。
そっくりさんのムクノキの花は新芽が揃った後になります。

山桜と一緒に煙ったような色調で目立つのはコナラの新芽。

12_0427_konara.jpg

枝の先、新芽の時だけ、傘を半分開いたような形に芽吹きます。
色合いは銀緑色。

一緒の生えていることの多いクヌギの新芽は黄色いので遠くからでも
解ります。



お花に目を奪われているうちに、増え始めた木々の緑。

12_0427_zokibayasi5.jpg

一番良い季節ですよね。
あっちこっち眺めて、綺麗な景色を堪能して雑木林のおさんぽ終了。



いつもおさんぽしている公園の雑木林ゾーンを出たところにある
いつも見ているテウチグルミの芽も動き出していました。

12_0427_teutigurumi.jpg

お仲間の、オニグルミほどではないけれど、大きな芽吹きです。
ここから大きな奇数羽状複葉を何枚も展開します。
力強く 春を現す姿です。

おはよう!テウチグルミちゃん。今年もいっぱい育ってね。


4/18の写真、今度はいつのもあの木を…見てくださいね。



posted by はもよう at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。