2012年04月15日

さくら堤

その昔、結婚したばかりの頃、近所に桜の名所があるんだよと友達の誰を誘っても、
うちの近所にもあるよって返されました。そんな風に日本中のあちこちに桜の名所は
あるでしょうが、我が街の名所のひとつの とある河原、桜がずらっと咲く堤の道。
去年からパートで通い始めた職場の近くなんです。

4/10の晴れた日のお昼休み、ちょこっと写真を撮りに行ってきました。

12_0415_kawara1.jpg

まずは河原に降りて、土手の緑と桜を仰ぎ見ます。






土手に一列に並んだソメイヨシノの並木。桜の下の道を老若男女がそぞろ歩いています。

12_0415_kawara2.jpg

どこまでも続く桜のトンネル。良い景色ですねえ。

可憐なお花にごっつい黒い幹。こんなコントラストも魅力のひとつ。

12_0415_sakura1.jpg

老木ならではの表情です。

足元には近所の人たちが丹精している小さな花だん。

12_0415_kadan.jpg

色とりどりのお花が並びます。

振り返ると、土手の反対側も桜並木…

12_0415_kawara3.jpg

桜並木のある土手って、あっちこっちの街にありますよね。

江戸の将軍様が、普請したての土手の土固めに桜を植え花見を奨励して、花見客の
人通りを利用したって言う話も聞きましたが、そればかりじゃないでしょうけどね。


土手の上にはあいだをあけてベンチも用意されていますので、足腰に自信が無くても
大丈夫。

12_0415_sakura2.jpg

桜の木の下でお話しする人、カメラを構える人…。思い思いに過ごす昼下がり。
土手の桜は毎年、いろんな話を黙って聞いているんでしょうね。


もう少し歩いていくと道ばたに野草も見えてきます。
今年初めて撮れたカラスノエンドウ。

12_0415_karasuno_e.jpg

よちよち歩きのお嬢ちゃんに不思議そうに見つめられちゃいました。
そうね、頭の上にこんなにお花が咲いているのに、道ばたにうずくまって何にカメラを
向けているのかって、疑問に思ったよね。(^m^) あなたみたいに可愛いお花だよ。

この辺の河原には、たいてい咲いてる黄色いクサノオウも見つけました。

12_0415_kusano_o.jpg

土手の道を、お昼休みの時間いっぱいまで歩いても、まだ桜並木。

12_0415_sakura3.jpg

青空を背景に咲き誇っています。綺麗だなあ。

時間いっぱい楽しんで、引き返した場所。

12_0415_kawara4.jpg

土手の緑と桜の花。まだ草丈短くて、どこまでも歩いて行きたくなる道でした。




葉っぱを落としていたケヤキの枝先も煙ってきました。

12_0415_keyaki1.jpg

左の木の枝先には芽が、右に木に枝先にはお花の芽が並んでいます。

12_0415_keyaki2.jpg

ほら。もうすぐ地味な花が咲きます。


桜の盛りが終わったら、新緑が萌え立つ季節ですよね。春は日一日と深まって、
季節があっという間に移っていってしまうからこそ、今日の幸せをかみしめたいな。
一日一日を大切に。p(^へ^)頑張ろう、私。



posted by はもよう at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。