2012年02月23日

花木の冬芽

冷たい雨の一日と思って出掛けたのに、午後から急速にお天気回復して
晴れ間までのぞくことになりましたよ、うちの方。雨上がりの街は
すっかり春の気配でマフラーも手袋も要りませんでした。
このまま春になってくれるなら嬉しいけれど、また、週末には冷え込む
そうです。お天気予報に注意して、体調管理、頑張りたいですね。

さて、記事の方はあいにくの曇り空だった先週2/15に、いつもおさんぽして
いる公園で撮って来た写真シリーズ。
2回目の今日は園内の花木が並ぶあたりを訪ねて回ってみます。
4月頃には、どの木にも枝いっぱいにお花が揃う場所なんですよ。

入り口には藤棚。

12_0223_fuji1.jpg

初夏には、紫色の マメ科らしい蝶型花をどっさり下げてくれますが、
今はつるがくるくる巻いているのを眺めるばかり。






フジにも地味ながら冬芽が付いています。

12_0223_fuji2.jpg

良く伸びて、良くからまる つるに小さな芽。ここから出るのは葉っぱかな。



お花はとっても優美だったのに、枝はゴツゴツしているものですね。

12_0223_hanakaido.jpg

これ、柔らかそうな花びらをいっぱい付けるハナカイドウの芽です。


それからこのトゲトゲにしか見えないのは、柄のない花を枝にびっしり並べる
ユスラウメ。

12_0223_yusura_u.jpg

柄のないサクランボみたいな実も、とっても魅力的で華やかな木なんですが…
面影もないですねえ。



こちらは新しい枝の芽と、古い枝の芽で、表情が違うヒメリンゴ。

12_0223_himeringo1.jpg

花芽と葉の芽の違いとかあるのかな?
今年の芽吹き時に もうちょっと気を付けて観察してみましょう。

12_0223_himeringo2.jpg

見上げると寒そうな曇り空に ドライになっちゃった実が下がっています。



寒そうな写真ばっかりじゃなんだから、数日後に撮った晴れの日の写真も
載せちゃおう。

こちらはハナモモ。

12_0223_hanamomo1.jpg

灰色がかった毛深い芽です。

12_0223_hanamomo2.jpg

こちらも結構素っ気ない枝振りですよね。
春が来ると濃いピンクのお花がどっさり並びます。



こちらは豊後梅。梅の花とアンズの花の間に咲く、どっちつかずの淡いピンクの
お花が咲きます。

12_0223_bungo_ume.jpg

一重はきりっと、八重はふんわり咲いてくれます。
楽しみなお花です。



そして、この花がいつ咲くのか、日本中が注目している染井吉野。

12_0223_someiyosino.jpg

とんでもなく寒い冬でしたが、桜前線はそれほど遅れずに日本列島を北上して
くれそうですよ。穏やかな春になってくれるとイイですね。(^▽^)ノ




posted by はもよう at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。