2012年02月21日

白木蓮の大木

一日の用事を終え夕飯の支度前に、まだ気温が10度もあることに気づきました。
一日良く晴れて温かかったですものねえ。もうこれで、寒気とお別れできたら
いいけどなあ。いかがでしょう。

記事の方は2/12に隣町で撮ってきた冬芽と葉痕の写真シリーズの最終回。
これは、冬芽と言うよりはつぼみですね。

12_0221_jintyoge.jpg

寒いうちに咲く沈丁花。まだまだつぼみは堅かったですが、気温が平年並みに
戻れば膨らんでくることでしょうね。






隣町の公園の一番奥の芝生広場に面して大きなプラタナスが1本だけ立っています。
いつもおさんぽしている近所の公園には貧弱な若木しかないのですが、隣町の
公園の大木はなにものにも邪魔されずに広げた枝が、3階建ての住宅くらいの
ボリュームになる大きな木です。

12_0221_platanus1.jpg

大人3人くらいで抱える程の太い幹にもたれてひと休みするのがお約束 ♪
大好きな大木。

たぶん 種類はモミジバスズカケ。
枝の上の方にはポンポンみたいな実がどっさり付いていますが、下の方の枝には
今はこんな冬芽がついています。

12_0221_platanus2.jpg

この冬芽、秋の終わりには葉っぱの柄の付け根に埋もれて、守られていたんですよ。
葉っぱが落ちちゃってからは独り立ち。寒風に耐えて春を待っています。

大きくなる葉っぱではありますが、芽吹き直後はいたいけで愛らしいものですよ。
今年も見に来られると良いな。



こっちの素っ気ない枝はイロハカエデ。

12_0221_iroha_kaede1.jpg

細くて繊細。2つずつ向き合って規則正しく並んでいます。

もっと拡大すれば、散り残りの葉っぱやプロペラみたいな実が枝にくっついているのが
解ります。

12_0221_iroha_kaede2.jpg

赤い冬芽が2つ並んで付いているところ…、いずれ機会があったら撮ってきますね。



もう一本忘れちゃいけないのが、大きなハクモクレン。

12_0221_h_mokuren1.jpg

ハクモクレンはよそにもいっぱい植えられていますが、ここのハクモクレンは
樹形がとっても綺麗で、お花の付きが良くて、毎年楽しみに眺める木でする

12_0221_h_mokuren2.jpg

見慣れてくると、渋い樹皮の模様まで素敵に見えてくるから不思議です。


でも今年は…、つぼみの数がいつのも年寄りずっと少ないです。
これから増えてくれるといいんですが、どういうものでしょうねえ。

12_0221_h_mokuren3.jpg

大きな木の下に立って、空いっぱいに広がる白いお花を見たいけど…。
ちょこっと気のもめる つぼみの育ち具合です。



もう帰ろうかなと思ったときに、ふと…。いや、ほんとにふと、テイカカズラの
実がはじけていたりしないかな…。いつもなかなか行き会えないから。ダメ元で
せっかく来たんだから様子だけでも見ていこうという気に 珍しくなって、
遠回りして、去年、長い豆のさやみたいな実を眺めた場所へ回ってみたんです。

いや、ほんとに、その場の思いつきで、ひとつも期待していなかったんです
けれど、これがはじけていたんですよ。

12_0221_teikakadura.jpg

細長くて、豆のさやのように見える実でしたが、はじけてみると中から出てくる
のは、種髪と呼ばれる綿毛の付いたタネなんですよ。
意外で、綺麗で、是非写真に撮りたいと願っていたのがようやく適いました。

素敵でしょ、テイカカズラのタネ。風が強くて、ピントが甘かったけれど、
現物は十分眺められたんだし、良しとします。

寒いけれど、出てきて良かったなって思えるおみやげを持って、これで隣町から
帰ります。



お別れは日だまりで咲いていたスイセンの花。

12_0221_suisen.jpg

またね…(^▽^)ノと歩き出してすぐの道ばたで、咲いてる瑠璃唐草も発見!

12_0221_rurikarakusa.jpg

無粋な標準和名は使わないんですよ。あしからず。(^^*)
日だまり、葉の陰、小さな春の花。
こんなに春が待ち遠しいのは何年ぶりですかね。



次回からは、曇った日に撮ってきた近所の公園の冬芽シリーズの予定です。






posted by はもよう at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。