2006年10月02日

ヌスビトハギなど

今朝は雨でした。お昼にはやみましたが、しばらく ぐずつきそうです。
道ばたの草の穂に雨粒が付いて とてもきれいでしたが、
写真を撮っている余裕がありませんでした。
今日の写真も、9月のうちに撮りためておいたものです。

ヌスビトハギと、帰化植物のアレチヌスビトハギ。
そろそろ花よりも ユニークな形の実の方が、目に止まるようになりましたが、
花、葉、実など、比較しながら眺めていきましょう。

06_1002_nusbito_h1.jpg



時々コメントを下さる
「横浜のほほん」のおーちゃんさんも
ヌスビトハギの記事を書いていらっしゃいますよ。
TB送っておきますね。よろしくお願いします。



私の行動範囲の中には、ヌスビトハギがたくさん咲く場所が2カ所あります。
一つめはカタツムリがいっぱい住んでいる桑の木の下。
そこそこ日は当たるのですが、花付きは悪く小さくて、何度か挑戦しましたが、
ちいさなヌスビトハギの花の写真は、なかなか上手く撮れませんでした。

代わりに、隣の草原に紫の花が咲いていました。
ヌスビトハギの花が長さ3〜4mmとしたら、この花はずっと大きくて
ひとつの花が7〜8mm。穂全体になると20〜30cm。

06_1002_a_nusbito1.jpg

なかなか立派な花の穂です。園芸種かな?と、図鑑を調べたら、
比較的近年に入ってきた帰化植物で、出身は北アメリカ、
西日本の方で多く見られて来た…
アレチヌスビトハギだということが分かりました。

06_1002_a_nusbito2.jpg

それにしても、この花、ユニークじゃありませんか?
何だか宇宙人みたい。(^m^)ふふっ



06_1002_a_nusbito3.jpg

葉っぱは細め。
web検索してみると、この葉はアレチ…の中でも、かなり細い方のようです。
マメ科らしく、小振りな葉っぱが3枚ずつ 付いているのがわかりますか?



実は可愛いですよ。ほら、こんな↓の。

06_1002_a_nusbito4.jpg

マメっぽいですが、これは節果といって、サヤははじけてお豆を飛ばすことなく、
このまま ちっちゃくちぎれて、くっつき虫になって広がるのだそうです。
良く殖えるみたい。

これは5つ並んでますが、だいたい5〜6個並ぶそうです。
よく似たお仲間の「アメリカ ヌスビトハギ」は1〜3個しか付かなくて、
それから、白い花が咲く「イリノイ ヌスビトハギ」って言うのもあるそうです。

実の形が、忍び足する盗人の足の形に似ているといわれる ヌスビトハギ。
意外に、海の向こうのアメリカに ご親戚が多かったみたいですよ。





ヌスビトハギがいっぱい見られる場所。二つめは、例の「北向きの斜面」です。
他の草を探して出かけた北向きの斜面は、細い穂になる草でいっばい♪

06_1002_nusbito_h2.jpg

ミズヒキやヒカゲイノコズチに混じると、少しは大きく見えますかね、
地味なヌスビトハギの花の穂でも。

やっぱり、ヌスビトハギは、日陰でヤブのほうがご機嫌が良いようで、
こんなに花付きの良い茎がありました。

06_1002_nusbito_h3.jpg

こうしてみると、何だか豪華な花なんじゃないかと誤解しそう…。(^^)

図鑑によれば、蜜を吸いたい虫がマメ科の花に来たときは
花びらをこじ開けてもぐり込むので、おしべとめしべが出ちゃうのですが、
他のマメ科の花の おしべめしべはすぐに引っ込むけれど、
『ヌスビトハギの仲間とコマツナギは、
   そのまま外に出ているので虫が来た花は外からでも分かる』…のだそうです。


3つずつくっついた葉っぱは、こんな形。

06_1002_nusbito_h4.jpg

きれいなしずく形ですね。
これが逆さまになると、「マルバ ヌスビトハギ」って言う草になるそうですよ。



おまたせいたしました。問題の実の写真はこちら↓。

06_1002_nusbito_h5.jpg

ちょっと…忍び足する盗人の足の形に、見えなかったですねぇ。
web検索していても、「眼鏡・サングラス」とか、「ブラジャー」に似ているとか…
新解釈のヌスビトハギ論がいくつも見つかりました。

ふふふ…何に見えます?



posted by はもよう at 23:05| Comment(6) | TrackBack(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB・リンクありがとうございます。
オシベとメシベの話ははじめて知りました。
その後もちがう場所でヌスビトハギを見ると、場所によって大きさが結構ちがうことに気づきました。
マルバヌスビトハギや、アメリカ、イリノイも見たいものですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年10月03日 06:57
おーちゃんさん、おはようございます。

おしべめしべの話は、手元の図鑑に何度も出てくるので気になっちゃって…。
そう思って眺めてみると、結構、しべが出た花、出てない花、いろいろあって面白いんです。

ヌスビトハギのページには、マルバ、アメリカ、イリノイの他に、オオバヌスビトハギっていう
”葉は常緑”の仲間があるそうなんですよ。
みんな見てみたいなと思っちゃいます。(^^)
Posted by はもよう at 2006年10月03日 08:36
こんばんは。
随分きれいなヌスビトです!!
そこで、貧相なヌスビトをTB・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年10月03日 23:34
nakamuraさん、こんばんは。
TBありがとうございました。

貧相だなんてとんでもない。すごい群落じゃありませんか。
面白い名前だとおっしゃっていたヌスビトハギに
あんなにいっぱい会えて良かったですね。(^^)

Posted by はもよう at 2006年10月04日 22:33
また、こんばんは。
今朝、またまた似たような実を見つけてきました。そのうちエントリー、TBさせていただきます、真贋を・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年10月04日 23:23
はーい(^▽^)ノ、nakamuraさん。
2個目、TBありがとうございます。
真贋なんて分かりませんけど、野次馬しに行きますね。
Posted by はもよう at 2006年10月05日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

見つけた!・・ヌスビトハギ?
Excerpt:  ナンバンギゼルの群生を追っていて、気が付いた・・・。  これは、何という花でしょうか?(8)でエントリーし、 8/28フジカンゾウだった!で残念ながら訂正したヌスビトハギではないかと・・・。  ..
Weblog: 土のうた
Tracked: 2006-10-03 23:36

フジカンゾウはひっつき虫だった!
Excerpt:  今朝、近所の山林をのぞいたら、8/22、8/27の記事でお勉強したフジカンゾウの株に出会った・・・。 ヌスビトハギと同じような形の実が熟し、くっつく相手を探しているようであった。  実は、何かに..
Weblog: 土のうた
Tracked: 2006-10-05 00:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。