2012年01月15日

冬かだん

だいぶご無沙汰しています。のぞいて下さった方にも、コメントを下さった方にも
ご無礼いたしました。m( _ _ )m
色々ありまして、未だに家事優先の日々を送っていますが、本人は至って元気 p(^^)
ですので、今しばらくお待ち下さいませ。

おさんぽに出る時間も、適当な被写体もないので、近場の花だんのお花で、ちょっと
の間、お茶をにごしたいと思います。←こらこら

12_0115_primula_m1.jpg

近所の道ばた。公共の場なんですが、有志の方が植えちゃった(^^;)花だん。
プリムラ・マラコイデス…かな。身を縮めて咲いていました。






西洋のサクラソウって感じの可愛いピンクのお花を…一番よく見かけるかな。
もうちょっと寒さがゆるんでお花の茎が立ち上がってくると、おなじみの姿になるん
ですけどねえ。

12_0115_primula_m2.jpg

可愛いけど、寒そうです。花だんのお花も頑張るなあ。耐寒性のものと非耐寒性の株が
あって、今、植えられているのは耐寒性の強い株らしいです。

名前を確認しようとネット検索していて気づいたんですが、このお花、故郷は
中国なんですね。雲南省や四川省に分布するって言うから、中国の中では南の方だ
けれど、お山に咲くお花のせいか高温多湿に弱くて、日本で育てると夏の暑さに
負けちゃうんですって。

葉裏やガク(萼)におしろいのような粉を吹くから和名は化粧桜(ケショウザクラ)。
へぇ〜と、新年早々勉強になるのでした。ネットは便利だなあ。



こちらもおなじみのシクラメン。小さいし、こんなに寒い日に花だんで咲いているん
だから、たぶん寒さに強いガーデン・シクラメンです。

12_0115_g_cyclamen.jpg

炎のような花びらで、別名は篝火花(カガリビバナ)。故郷は地中海沿岸。雨期に咲く
から下向きのお花なんですって。へえ〜。普通のシクラメンは霜にあたったら
枯れちゃうけれど、耐寒性を重視して作り出されたガーデン・シクラメンだけは
霜に当たっても、何とか耐えることが出来るそうです。




垣根には白いサザンカの花。この季節だからカンツバキの白花かもしれませんが、
園芸種は難しい。はっきりとは解りません。

12_0115_kantubaki.jpg

でも、小さめのお花ながら、綺麗に咲いていました。可愛いですねえ。



いや、それにしても、毎日寒いですねえ。今週の週間予報を見て、うわっ(-"-;)て
思いましたよ。連日、冷蔵庫の中のような気温です、うちの方。
まさに寒さの底ですかねえ。公園の池の氷もさぞや厚いだろうなあ…。←見に行ってない。

なんてぼやきながら歩いていたら、菜の花も咲いていました。

12_0115_nanohana.jpg

わ〜、目からだけでも春を感じてください。
今は寒さの底だけど、冬来たりなば、春遠からじですよ。暖かくして、爛漫の春を
楽しみましょうねえ。



まだちょっと、本格始動までには至らない感じなんですが、ぼちぼち更新していきますので
良かったらお付き合い下さいませ(^^A)。本年も、こんな感じでよろしくお願いします。





posted by はもよう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。