2006年09月29日

ヤマジノホトトギス

お天気一変して、今日は雲の多い朝になりました。
ところによるはずの雨が、ちょうど登校時間に降りまして、
出足くじかれ気味でした(^^;)うちの方。

さて、昨日の続き。「隣町の公園裏の北向きの斜面」で見て
今回一番嬉しかった花は、ヤマジノホトトギスです。

去年は公園の山野草の花だんに一輪だけ咲いたのですが、
今年は自生の株を見つけちゃいました。

06_0929_yamajino_h1.jpg

やっぱり花だんのより ずーっと元気ですよ。嬉しいなぁ。
 




「隣町の北向きの斜面」では去年、ホトトギスと思われる枯れた枝を拾っているんです。
実をいっぱいに付けたのに、草刈り機に刈られてしまった枝を。

去年は花だんで、タイワンホトトギスとその仲間の園芸種をたくさん見て、
ヤマジノホトトギスも山野草の花だんで見て、そのうち…、
子どもの頃の山歩きで見た事のある
普通の地味なホトトギスにも会いたくなっちゃったんですよね。

でも、お山には行かれないし、近所には無さそうだし…
結局、去年は枯れた枝以外は手がかりのないまま終わっちゃいました。
未練たらしく拾ってきた枝から種をとりだして蒔いてみましたが、
一応すくすく育ってはいるのですが、今年、花は咲きそうもありません。

そんなわけで、「隣町の北向きの斜面」を歩いていても、
ヤブの中にホトトギスが咲いていないか、目を皿のようにして探しちゃったわけです。
なかなか見つかりませんでしたよ。やっと有っても つぼみだったり。

06_0929_yamajino_h2.jpg

つぼみも可愛いですけどね。あぁ、でもこれは普通のホトトギスっぽくないですね。



もうすこし歩いていくと、遠くに一輪咲いてました。
普通のホトトギスじゃないけど、ホトトギスの仲間です。
でも、遠いです。ロープで仕切られて居るのでこれ以上近づけません。
せいいっぱいの望遠でやっとこのくらい…。

06_0929_yamajino_h3.jpg

うう〜ん。でも、ひとつ咲いていたならきっと、きっと他の株も咲いてるさ。
くじけず探し続けたら、ちゃんと手の届く範囲に一輪 可憐に開いてました。
無理してロープを超えなくて良かった。神様、ホトトギス様 ありがとう(T−T)感涙。

さてさて、じっくり見直してみると、今回見つかったのは、
普通のホトトギスではなくて、ヤマジノホトトギスだと言うことがわかりました。
それが 1枚目の写真です。



嬉しいのでお花の超ドアップを、どん!

06_0929_yamajino_h4.jpg

去年 花だんで見たのより、色が濃くてはっきりしています。
ヤマジノホトトギスは、6枚の花びらが水平に開く(平開する)のが特徴です。
普通のホトトギスは開ききらないし、ヤマホトトギスは反り返るんです。

それから、真ん中にどどんと立ったしべの所に斑点がないのも、
大事なポイントです。ね、無いでしょ。

もっとしげしげ眺めちゃいます。

06_0929_yamajino_h5.jpg

真ん中にどどんと立っているものの中心は、後で実になる子房という部分です。
その先がめしべ。3つに分かれ、そのまた先が2つに分かれています。
表面には美しい斑点の模様。へりには腺体のようなものが付いています。
このプチプチがなんの役に立つのかは、図鑑には書いてなかったんですよね。
目立って気になるんですけど、なんなんでしょうね。(^^;)

めしべと子房の周りを6本のおしべが取り囲んでいます。
おしべは大きく反り返り、自家受粉を避けています。
ヤク(葯)は、ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスが薄い黄色。
普通のホトトギスは紫です。

06_0929_yamajino_h6.jpg

花びらが水平に開くのがヤマジノホトトギス。
ヤマホトトギスの花びらはもっと開いて むいたバナナの皮みたいになります。
ヤマジノホトトギスのお花は、真横から見ると
メリーゴーラウンドみたいですね。くるくる〜っと♪…誰が乗るのかな。




ついでに下からも見ておきましょう。

06_0929_yamajino_h7.jpg

つぼみの時に目だった、花びらの付け根近くの丸い出っ張り。
タイワンホトトギスは、ここがとってもはっきりくっきり2つに分かれています。
だから、日本のホトトギスと掛け合わせて作った園芸種や、
自然に交配してしまった花は、ここがくっきりしていて目立つのだそうです。

この花は、あんまりくっきりしていませんね。
花だんに植えられているのは、
花の色にかかわらず、タイワンホトトギスとの交雑種のことが多いですが、
こうして、自生しているホトトギスの仲間に会えると とっても嬉しいものです。

ホトトギスの仲間は、アジアに20種ほど知られているそうなのですが、
そのほとんどは日本の 限られた地域に咲く、個性豊かな自生種なんですよ。
今のところ、園芸種は種を結ばないそうですが、
交雑して消えて欲しくないんですよね。
素敵だけれど、
育てやすくて手軽だけれど、園芸種の扱いは慎重に願いたいです。
来年も会えるかな?ヤマジノホトトギス。

ところで…普通のホトトギスはどこにあるんでしょう。
     また探しに行かなくちゃなりません。
それから…うちの鉢植えは、何なんだろう。
     大事に育てて、花まで見なくちゃわかりません。
ふふ、頑張ろう。



ブログ内関連記事:
2005/12/6付 ホトトギスの種
2005/10/13付 ヤマジノホトトギス


posted by はもよう at 10:50| Comment(4) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は逆に今日ホトトギスを見ましたがヤマジノホトトギスはまだです。
少し前には近所の森でヤマホトトギスを見ました。
なかなか揃えることができませんね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年09月29日 20:24
はもようさん 今晩は!
昼はTBを送ったところで時間切れ…今日は検査結果を聞きに通院の予約が入ってました。m(_ _)m
そんな訳でコメントが遅くなってごめんなさい
ね。
私は今の所ホトトギス3種は出逢えましたが、タイワンとタマガワホトトギスにも出逢いたい〜♪
中々存在感が有りますものね〜好きな野草です★
大事に育てて是非花の確認を…報告して下さいネ。
Posted by かえで☆ at 2006年09月29日 22:51
おーちゃんさん、こんばんは。
え〜っ、ホトトギス 有ったんですかぁ。いいなぁ。
普通のなんだから一番ありふれているだろうにと思うのに、
近所に見あたらないんですよね。なんでかな。

見られそうなのに見つからないから、むきになって探すのかもしれません。
気長に頑張ります。(^^;)
Posted by はもよう at 2006年09月29日 23:46
かえで☆さん、こんばんは。TBありがとうございました。
検査ですか…あの時のですね。もう、何ともないとしても、
お体は大事にして下さいね。(^^)

へぇ、ヤマジノホトトギス、
かえで☆さんは夏のうちに出会ってたんですね。
タイワンホトトギスは…青龍とかで良いんでしょ。
…今、そこらじゅうの花壇に植えられてますよ。
あれも花期の長い花ですから、すぐに会えると思います。

タマガワホトトギスって黄色い花ですよね。こっちは山の花ですね。
会えたら嬉しいでしょうね。
Posted by はもよう at 2006年09月29日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ヤマジノホトトギス・2
Excerpt:  南高麗の 同じ林縁で〜す!雨が降り出したけれど林の木陰で 頑張ってもう一つ写しました〜♪   ← ヤマジノホトトギス〜♪ 多分、そうだと思います… (*^.^*)エヘ  ..
Weblog: かえで☆のデジブラ日記〜♪
Tracked: 2006-09-29 14:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。