2006年09月28日

北向き斜面の秋の花

昨日、急速に回復したお天気は今日の午後まで続きました。
すばらしい晴天で、布団干しにシーツ洗いにと忙しく過ごしましたので、
今日はどこへも行かれませんでした。
また、先週 撮ってきた写真のご紹介をつづけますね。

わずかに残る里山の名残。
「隣町の公園裏の北向きの斜面」には、図鑑なら、
”山野で普通に見られる”って載っているような花が咲いています。

北向き斜面の山野草 秋の部、まずは再会編。
去年 出会って記事にした花を中心に、
ノダケ、イヌコウジュ、ギンミズヒキ、ハナタデと
出会っていたけれど記事にする機会の無かったカラスノゴマの5種類です。

06_0928_nodake.jpg

まずは、ノダケ。



セリの仲間としては少々小ぶりですが、秋らしいシックな色が魅力のお花です。
独特な姿の細かくて白い花を咲かせるセリの仲間にあって、
この個性的な暗い赤(暗紫色)。素敵ですよねぇ。

ブログ内関連記事:

2005/11/22付 ノダケ
2005/12/6付 ノダケの種 

細かいことは過去記事を見ていただくことにして、

次っ!
これはちっちゃなちっちゃな花です。イヌコウジュ。

06_0928_inukoji1.jpg

そっくりさんだらけのシソ科の中で、これは、ブログで教えていただいたイヌコウジュ。
暑気払いに効く薬草と伺ったんだっけ。今年も会えました。
3〜4mmの花は、こんなにちっちゃかったっけ?と思うほどちっちゃいです。
それをアップでどど〜んと ご紹介。

06_0928_inukoji2.jpg

虫眼鏡 使わないと見えないですよね。


ブログ内内関連記事:

2005/10/4付 イヌコウジュ
2005/11/21付 11月のイヌコウジュ




3つめは、新しいカメラのマクロ機能を十二分に生かしましたよ。
細い茎に小さい花が並ぶので、写真家泣かせの二大巨頭そろい踏み♪
ギンミズヒキとハナタデです。

06_0928_gin_tade.jpg

ギンミズヒキは初めてのご紹介ですが、今年は赤いミズヒキなら2度取り上げています。

花びらが透けそうな 極細、極小のギンミズヒキと

06_0928_g_mizuhiki.jpg

栄養失調のイヌタデみたいなハナタデ。

06_0928_hanatade.jpg

なかなか、見られないペアでしょ。
「北向きの斜面」には、細い穂になる植物が多いんですよね。



ブログ内内関連記事:

2006/7/12付 北向き斜面の花
2006/8/9付 山野草の花だんで
2005/9/28付 ハナタデ




出会っていながら、なかなかご紹介する機会の無かった カラスノゴマは、
抜け道を通ろうと 無理矢理入ってきた車に道を譲ってあげたところで見つけました。
良いことは するものですな(^^)v。

いつもおさんぽしている公園に 去年は咲いていたカラスノゴマが、
今年はいっこうに咲きそうもなかったので、ラッキー!ってなもんです。

06_0928_karas_goma.jpg

カラスノゴマはシナノキ科カラスノゴマ属。
道ばたや畑などに生える高さ30〜90cmの一年草。
種子をカラスの食べるゴマにたとえたのがその名の由来だそうです。

なが〜いのは仮雄しべで、本当のおしべは短くて10本も付いているんですって。
めしべは細長くて先が2つに分かれています。
花の後、2〜3cmの可愛らしいサヤが付いて、中に細かい種がぎっしり詰まるのですが、
カラスのあの大きなくちばしでは、さぞや食べにくかろうと思う小ささです。
スズメノゴマ の方が良かったんじゃないかしら。(^^)

ちょっと木にも見えるんですけど、一年草なんですね。
春先の黄色い花って多いですが、秋口に見る黄色い花も良いものですよね。




このほか、今年はとっても素敵な花を見かけましたので、
次の記事では、その花のご紹介をしますね。

里山の自然がかすかに残る「隣町の公園裏の北向きの斜面」。
そろそろ開発の手が忍び寄ってきそうですけれど、
周りの環境は多少変化しても、斜面自体は残ると思います。
どう変わっていくのか…それも合わせて観察していこうと思います。





ブログ内関連記事:
ノダケ
2005/11/22付 ノダケ
2005/12/6付 ノダケの種

イヌコウジュ
2005/10/4付 イヌコウジュ
2005/11/21付 11月のイヌコウジュ

ミズヒキ
2006/7/12付 北向き斜面の花
2006/8/9付 山野草の花だんで

ハナタデ
2005/9/28付 ハナタデ


posted by はもよう at 15:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうギンミズヒキを見てきました。
たくさんあるのに気を取られて、このようにマクロの花を撮りませんでした。ちょっと悔やんでいます。もっとも既に花から実への途中のようでもありました。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年09月28日 19:02
おはようございます。
はもよう研究室は、朝からお勉強になりますねえ・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年09月29日 06:38
おーちゃんさん、おはようございます。
花期の長いミズヒキも、実の方が目立つようになりましたよね。
心なしか、赤より白の方が遅れて咲くような気もしています。

おーちゃんさんの会われたギンミズヒキはどんなだったのかしら?(^^)

Posted by はもよう at 2006年09月29日 10:23
nakamuraさん、おはようございます。

おべんきょーになりますか?
そっかな?

こんな感じ?
φ(゚ー゚)ほぉほぉφ(。_。)かきかき
φ(□□ヘ)なになにφ( ゚ ゚)ノ⌒ ゚ ポイ
Posted by はもよう at 2006年09月29日 10:28
また、こんばんは。
ハハハ・・・>ポイ
は、ないでしょう!!
Posted by nakamura at 2006年09月29日 22:31
nakamuraさん♪反応してくださって嬉しいです。
いやなに、この、
「ポイ」が可愛かったもので…(^^;)
Posted by はもよう at 2006年09月29日 23:43
今年はノダケの姿が少なく、今日やっとアップできました。TBさせていただきますね。
Posted by ひろし at 2006年10月14日 22:51
ひろしさん、こんばんは。TBありがとうございました。
舞岡でも、今年は少ないのですか?

北向き斜面でも、まだ、多いとは言えません。
でも、草をかき分けてみると、上の方の葉とはまったく形の違う下の方の葉が
ちゃんと出ていましたから、
これからまた、おいおい花の茎を伸ばしてくれるんじゃないかと思って
見守っているところです。

舞岡でも、これから増えるんだと良いですね。
Posted by はもよう at 2006年10月14日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ノダケ  06.10.14
Excerpt: 3年前は園内どこでも見られたノダケ、今年は草刈りの時期がわるかったのか刈り残しに失敗したのかごく少なく、やっと見つけた花です。 撮影データ 06.10.13 PENTAXistDs 100mm/ma..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2006-10-14 22:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。