2006年09月26日

ヒメミカンソウ

雨が降り出しちゃいました、今日のうちの方。
ついこの間まで 暑い暑いって言ってたのに、今日はとっても肌寒いです。
そういえば、ちょうど先週の雨の日に撮ってきた写真があるのでご紹介しますね。

いつもおさんぽしている公園の 
コケオトギリやアメリカタカサブロウを見たのと同じ池のほとり、
メドハギやネコハギを見つけて、
やっぱり マメ科の葉っぱは可愛いな〜♪なんて思っていたところ、
似ているような似てないような不思議な葉っぱを見つけました。

それがこれ、

06_0926_h_mikanso1.jpg




池のほとりの石ころがごろごろしているところで、
地面に伏せて 葉っぱを広げている草がありました。
2種類の葉っぱが見えます。↓もっと拡大してみましょう。

06_0926_h_mikanso2.jpg

真ん中に黒っぽい斑点があるのが、トウダイグサ科のコニシキソウ。
一緒に生えてる細長い葉っぱは…
トウダイグサ科コミカンソウ属のヒメミカンソウです。
水玉と大きさ比べが出来るような、直径2mmくらいの小さな実が、
茎の下にまばらに付いています。

よく見えませんね。茎をぺらっとめくってみましょう。

06_0926_h_mikanso3.jpg

画面の左上の方、ものすごく小さくて白いものが花です。
花まではちゃんととらえられませんでした。
おばなとめばなは葉の脇に咲いて、やがて可愛い緑の実になります。

熟しても、つるっとみずみずしいのがヒメミカンソウのポイント。
やっぱり「姫」だから?



トウダイグサ科コミカンソウ属のお仲間は、去年、
コミカンソウと

06_0926_komikanso1.jpg

直径2.5mmの極小の実が、ミカン色して可愛いでしょ。

06_0926_komikanso2.jpg




ナガエコミカンソウ(別名ブラジルコミカンソウ)を記事にしています。

06_0926_n_mikanso.jpg


可愛いんですけどね、ちょっと前まで、
温室の中でしか見られなかったコミカンソウ、
最近やってきた帰化植物の ナガエコミカンソウ。
そうして、このヒメミカンソウ。

図鑑に載ってた2種と新しい1種 全部見られて うれしいんだけど…、
ちょっと問題有りのこのお三方。
ヒートアイランド現象を象徴するような存在に させたくはありませんね。


ブログ内関連記事:

2005/9/12付 ナガエコミカンソウ
2005/9/11付 コミカンソウ


posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。