2006年09月21日

9月の公園樹

何やかやとありまして、昨日は更新できずじまいでした。
マニアックな話題と写真はいろいろ用意しているのですが、
ちょっと記事を書く時間は 取れなそう…。

こんな時、ちょろっと歩けば、すぐにブログネタが見つかっちゃうのが
いつもおさんぽしている公園のすごいところ。
今日は、公園で見かけた 秋の気配のあれこれをご紹介します。

まずは、良い香りのキンモクセイの花。

06_0921_kinmokusei.jpg

おととい見かけて、あら、もうつぼみが吹いてる!と思ったら、
あっという間に花盛り♪あたりを甘い香りが包みます。
日本には おばなしか無い 哀しい事情や
月に咲く花と言われる伝説などについては過去記事をご参照下さいね〜。

2005/10/1付 キンモクセイのつぼみ
2005/10/8付 キンモクセイとカツラと「桂」



それから、ファン倶楽部に入っているほど 大好きなユリノキ♪
そろそろ 黄色い葉っぱが見られるようになってきました。

06_0921_yurinoki.jpg

並木のユリノキが黄色くなる頃、秋もずっと深まるんでしょうけれど、
今はまだ、黄色い葉っぱはほんのちょっとだけ。
ゆっくり深まれ、公園の秋。



どうも 毎年 せっかちなのは、ハナミズキ。

06_0921_hanmizki.jpg

夏休みのうちから色づきだして、今じゃ葉っぱも実も赤くなっちゃって、
一足早く、すっかり秋の装い。
もぉ、気ぜわしいから、そうやって せかすの やめてくんない。(^^;)
それにしても、今年も良い実をたっくさん付けたわね。



もしゃもしゃっとしているのは アカメガシワの実。カラスが大好きなんですって。
食べているところは見たことがないんですけど…。

06_0921_akamgasiw.jpg

めしべの先っぽだけが並んでいためばなが柔らかいトゲトゲの実に変わり、
その実がはじけて中の黒い種が顔をのぞかせているところです。
美味しいのかな?



あちこち歩いてお腹がすいたせいか、なにやら美味しそうな匂いに気付きました。
おや?足の下にはカツラの落ち葉。

06_0921_katura1.jpg

カツラの語源は「香づる」木だとも言われるそうですが、
落ち葉は砂糖醤油を焦がしたような なんとも良い香りを放つんですよ。
見上げれば、ほんのり色づく丸っこいハート形の葉。

06_0921_katura2.jpg

あーあ、秋ですねぇ、
          …食欲の。←おいっ!



週末はサッカー観戦と娘の体育祭です。お墓参りは月曜日のうちに済ませました。
何だかんだ言って、楽しく忙しい秋を過ごしています。
皆様の秋も、楽しいものになりますように。





ブログ内関連記事:

キンモクセイ
2005/10/1付 キンモクセイのつぼみ
2005/10/8付 キンモクセイとカツラと「桂」

ユリノキ
ゆりのきファン倶楽部カテゴリー

ハナミズキ
2006/4/8付 ハナミズキの芽
2006/2/27付 身近な木の芽 その3
2005/11/5付 竜田姫のおさきぶれ
2005/10/1付 色づき始めたハナミズキの葉

アカメガシワ
2006/7/2付 アカメガシワの花
2006/4/28付 街中で見かけた山の木達
2006/4/5付 木の芽いろいろ その2
2006/3/3付 身近な木の芽 その4

カツラ
2006/3/31付 木に咲く赤い花 その2
2006/2/22付 「対生」っていうこと
2005/9/26付 カツラの黄葉
既出分↓
2005/11/5付 竜田姫のおさきぶれ
2005/10/8付 キンモクセイとカツラと「桂」



サイト内関連ページ

「おなじみの木」>「町の木」> ハナミズキについて
「おなじみの木」>「町の木」> ユリノキについて


posted by はもよう at 16:53| Comment(10) | TrackBack(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうの朝、雨戸を開けた途端に芳香が鼻をつきました。思いもかけず、庭のキンモクセイの花が咲いているのでした。
ヒガンバナ同様に、季節違わぬ花便りですね。
Posted by ひろし at 2006年09月21日 20:32
きょうは、あちこちでキンモクセイの写真を見ました。
我が家にも窓から香りが入ってきたので撮りに行きました。
昨年より早めの感じがします。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年09月21日 21:19
こんばんは。
出ましたね・・・キンモクセイ。
あっという間に咲きます。
香りで気が付く、秋の空・・・。
Posted by nakamura at 2006年09月21日 22:00
ひろしさん、こんばんは。
そうですね。暑い寒いに関わりなく、毎年この時期になると咲き出しますね、金木犀。
日本に入ってきた苗が全部、さし木で育った雄株って言うのが、
開花時期が揃う理由になったりするのでしょうか?

今、我が家の周りも良い香りに包まれています。
秋ですね(^^)。
Posted by はもよう at 2006年09月21日 23:26
おーちゃんさん、こんばんは。
急に咲き出しましたよ、キンモクセイ。
おーちゃんさんも撮りに行かれたんですね。
そう、去年の記事は10月でしたから、少し早いですね。
Posted by はもよう at 2006年09月21日 23:33
nakamuraさん、こんばんは。
あっという間に咲いて、あっという間に散りますよね、キンモクセイは。
「香りで気が付く、秋の空…」も、風流ですね。
Posted by はもよう at 2006年09月21日 23:42
横浜・舞岡公園でも遅咲きのサルスベリの下で、きっちりと咲き始めていました。TBさせていただきました。
Posted by ひろし at 2006年09月22日 22:33
ひろしさん、こんばんは。TBありがとうございました。

金木犀と百日紅と白萩の記事ですね。
こちらもすっかり開ききり、街中、花の香りでむせかえるようです。
Posted by はもよう at 2006年09月24日 18:25
キンモクセイですが、土日に見てまわったら、どこもみな開いてしまっているので、つぼみのふくらんだ状態が新鮮に見えます。
Posted by ディック at 2006年09月25日 20:40
ディックさん、こんばんは。TBありがとうございました。

そちらのキンモクセイも盛りですね。
今夜は雨になってしまいましたので、今度、雨が上がる頃には
木の下にオレンジ色の絨毯が敷かれちゃいますね。

ウスギモクセイもあるんですね。
運が良ければ、オリーブのような可愛い実を見ることが出来ますね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年09月27日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

キンモクセイが咲き始めました  06.9.22
Excerpt: おとといの朝、雨戸を開けると芳香が鼻をついてきました。季節を違えずに咲き始めたキンモクセイの花から漂う香りです。 舞岡公園・小谷戸の里の門を入ってすぐ左手に、キンモクセイ・サルスベリ・白萩が揃って花..
Weblog: 舞岡公園の自然
Tracked: 2006-09-22 22:10

キンモクセイとウスギモクセイ
Excerpt: 「馬の博物館」の庭で見つけたキンモクセイ。さほど強い芳香は感じませんでした。 下は花を大きく写してみました。 これはキンモクセイと同種だが、色が違います。 キンモクセイと同じ「馬..
Weblog: ディックの花通信
Tracked: 2006-09-25 20:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。