2011年12月16日

ゴンズイとナンテンと

今日は曇りがちの予報だったのに、案外、晴れました。夕方から風が強まるまでは
そこそこ穏やかな一日でした。洗濯物…外干ししそびれて 大変 残念です。明日は
とっても冷え込むらしいんです。気を付けなくっちゃ。p(^へ^)

さて、今日の記事も、公園の向こう側の雑木林で12/7に撮ってきた写真から。

11_1216_gonzui1.jpg

ここには、私が近づける 唯一のゴンズイがあるんですよ。






対して役に立たないと陰口をたたかれちゃうけれど、雑木林には普通に生えている
ゴンズイ。でも、私の行動半径には背が高すぎたり、近づけなかったりして、
なかなか写真が撮れる株がないので、このブログでご紹介するのはたいてい この場所の
木です。一本じゃないのがせめてもの救い。

11_1216_gonzui2.jpg

初夏に咲く 地味な花を接写することこそ出来ませんが、落葉樹とは思えないつやつやの
葉っぱは十分に撮ることが出来ます。

11_1216_gonzui3.jpg
秋が来て、他の木の葉っぱが散ってしまったあとから、赤く色付きます。

常緑樹の葉っぱかと思っていたら赤くなるんですから驚きますが、
更にこのあと、もっと驚く展開が待っていました。

11_1216_gonzui4.jpg
この赤味もやがて消えて、最後の最後は黄色くなって散るんです。
ほら、だんだん赤味が取れて、地色の黄色が見えてきましたでしょう?
じっくり観察すると、驚くことがあって面白いものですよねえ。



そう言えばナンテンも、途中まで常緑樹みたいな濃い緑の葉っぱで、ちょっと遅れて
色付いて、いつのまにやら真っ赤になって散りますよね。

11_1216_nanten.jpg

こちらは、前回もご紹介したナンテンの大群落。
赤い実も付いてはいますが、黄色っぽくなった葉っぱと赤いはっぱのコントラストが
綺麗で、思わずカメラを向けました。

紅葉っぷりもその植物ごとにそれぞれ違うんですねえ。面白いなあ。



こちらは、普通に黄色く色付くアカメガシワ。

11_1216_akame_g.jpg

芽吹きは真っ赤だったのにね。
芽吹くときの驚きを隠している木、散るときに意外な変化を見せる木。
色々あって、面白い。これだから植物観察はやめられませんねえ。



今日も夕方冷たい北風が吹いて、枝にしがみついていた葉っぱを吹き飛ばしていました。
冬なんだよなあ。土曜日の朝は霜の写真が撮れるかな?初氷なんか張っちゃうかな?
どちら様も風邪ひかないように、温かくしてお過ごし下さいね。





posted by はもよう at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。