2011年12月10日

赤い葉、黄色い葉

今日は終日でかけることになると思いますので、午前中のうちに記事をあげておきます。
お天気は回復して、綺麗な青空が広がっています。今夜の皆既月食を見られる場所も
多そうですね、さて、どんな一日になるかな。行ってきます。(^▽^)ノ

いつもおさんぽしている公園で11/30に撮ってきた写真。6回目の今日はミズキと
ドングリの木が並んでいるあたりから。

11_1210_mizu_konakunu1.jpg

落ち葉をこう並べて…。右がクヌギで、左がコナラ、手前がミズキです。






で、この真上が…こんな風。

11_1210_mizu_konakunu2.jpg

あ、上下が逆だった。上の 葉っぱの色が薄い方がミズキです。
良い景色でしょう?もう言葉は要らないですよねえ。


葉っぱをもうちょっとズームアップすると…

11_1210_kona_kunu.jpg

右がクヌギで、左がコナラ。ここの2本は、葉っぱの大きさが違いますねえ。

そしてミズキは

11_1210_mizuki1.jpg

明るい黄色で、光っているようです。

初夏に白い小花をまり状に咲かせていたミズキ。紫から黒っぽく熟した実も、赤く
なっていた実の柄も落ちて、力強く曲線的な枝振りが目立って来ました。

11_1210_mizuki2.jpg

ミズキは大体 薄い黄色に色付く木です。


でもたまに、何の加減か、赤く色付くこともあります。

11_1210_mizuki3.jpg

この木は見事でしたねえ。

11_1210_mizuki4.jpg

赤いミズキの下には赤い落ち葉が散っています。

同じ木には思えないほど色が違いますが、両方、ミズキです。

薄くて柔らかい葉っぱのミズキ。落ち葉はあっという間に色褪せて、灰色に枯れて
行きます。
他の木とは、ちょこっと違うミズキの木の下の色。そんな個性を発見するのも
楽しみのうちではないでしょうか。



もうちょっと進んで、今度は、珍しく綺麗に色付いた木を発見。普通はそんなに
鮮やかに発色しないんですが、日当たりか何かの条件が良かったのでしょう、
赤く染まったリョウブの葉っぱです。

11_1210_ryobu1.jpg

夏の初めに、香りの良い白い小花を房状に咲かせた雑木林の地味なおなじみリョウブ。
リョウブ科リョウブ属の落葉高木。
漢字では「令法」と表され、飢饉の時に食べるために法令で保護された木です。

11_1210_ryobu2.jpg

今期何度も取り上げましたが、ほら、普通はただ枯れ色になるだけの葉っぱですが、
条件が合うとこんなに赤くなるんですよ。光を通すと更に赤いですね。綺麗だわあ。
リョウブの良いところを捉えることができて嬉しいなあ。



11/30に撮ってきた写真。まだまだ沢山あるんですよ。
さて、次はどれをご紹介しようかかな。




posted by はもよう at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。