2011年11月29日

木の実、とりどり

今日は一日、どんより曇って寒かったですね。我が家でもとうとう暖房を
点けるようになりました。風邪ひいちゃ元も子もないですからね。

今日の記事も、11/23に隣町で撮ってきた写真から。色とりどりの木の実を
見てくださいね。

11_1128_gamazumi1.jpg

ガマズミの実です。




先月ご紹介した木の実のその後、色付き更に増して美味しそうになってきました。

2011/10/ 5付 「色付く木の実たち」

11_1128_gamazumi2.jpg

霜が降りる頃、甘みが増すそうです。美味しいのかな?



こちら、葉っぱが黄色いのはカマツカ。

11_1128_kamatuka1.jpg

長めの柄が付いた赤い実。

11_1128_kamatuka2.jpg

まん丸じゃなくてちょこっと長めなのがカマツカの特徴です。



ヨウゾメとはガマズミの別名。図鑑に載っている名前はオトコヨウゾメですが、
私の中では乙女ヨウゾメ…って言いたい存在の可憐な木。

11_1128_o_yozome1.jpg

こちらもカマツカ似の赤い実ですが、毎年、花から眺めている木なので、
迷うことはありません。

11_1128_o_yozome2.jpg

春の花も可愛いきゃ、秋の実も可愛くて、その上、いろんな色に紅葉します。
魅力的な木ですよ。もっと知られて良いような気がします。



超低木のマンリョウ。お正月の縁起物ですが、色づきかけの木を見つけました。

11_1128_manryo1.jpg

この微妙なピンクも愛らしいと思います。

11_1128_manryo2.jpg

もちろん、たわわな赤い実を付けた株もありますけどね。



こちらは生け垣によく使われるマサキです。ニシキギ科なので紅葉に期待したい
所ですがあいにく常緑で、年中緑色。

11_1128_masaki1.jpg

ただ、今は枝先に実を付けて年に一度の晴れ姿です。

11_1128_masaki2.jpg

げんこつ振り上げたような丸い実から、真っ赤なタネを吐き出しますよ。



振り出しに戻るように、ひとつ前の記事でもご紹介したムラサキシキブ。
街中でよく見かけるコムラサキと比べるとずっと、実が目立たちませんが、
野趣あふれて大好きな姿です。

11_1128_m_sikibu1.jpg

でもこちらはまだ葉っぱが緑色。心なしか紫の色合いもちょこっと違うみたい
に見えます。

11_1128_m_sikibu2.jpg

黄葉したムラサキシキブと緑の葉っぱのムラサキシキブ。どちらがお好みですか?



いろんな実の写真、まだあるんですよ。良かったらまた見てくださいね。




ブログ内関連ページ:
2011/10/ 5付 「色付く木の実たち」








posted by はもよう at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちでも28日から暖房つけました^^;
きょうは結構気温が上がり暖かかったですが・・。

こちらもマサキなどの実のほか、サンシュユの実、千両、万両の実も赤くなっています。

黄葉したムラサキシキブのほうがどちらかというと好きかしら^^。
Posted by winc at 2011年11月30日 18:31
wincさん、こんばんは。
あ、やっぱり暖房つけました?
そろそろ我慢できないほど寒い日がありますものね。

ああ、サンシュユやセンリョウ、写真に撮れるところに
有ってくれたらなあ。
赤い実って、結構色んな種類がありますよね。
あっちこっち眺める楽しみがあって、嬉しいです。(^^*)

おっ、黄葉に一票入りましたね。
同じ木でも見ているうちに表情が変わるんですよね。
黄色い葉っぱと緑の葉っぱ…私はどっちが好きか
決めかねちゃいますねえ。(^^a)
Posted by はもよう at 2011年12月01日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。