2011年11月18日

河原に並ぶ木々

あっちゃー、また日付をまたいじゃった。11/17の日記のつもりで読んでくださいね。

今日も良く晴れましたね。気温は低かったけれど日差しは力強くてガラス越しに
ひなたぼっこができました。北の方ではだいぶ雪が降っているそうですね。
今年の秋もあと少し。大事に味わいたいものです。

さて、今日からは先週、近所の河原に行って撮ってきた写真を見ていただこうと
思います。

小さい川なんですけど、両脇に木が並んでいます。対岸から眺めて、あれは
何かな?なんて、予想を立てて、近づいて確かめたりして。

11_1117_kawara1.jpg

たとえばこの木は何でしょう?





画面 左後ろの茶色いのはケヤキ、右の緑はイチョウ。間の黄色っぽいのは…。
ほら↓これです。何だ?

11_1117_kawara2.jpg

向こう岸へ渡って見てきました。

答えは…。見れば簡単。ザクロでした。

11_1117_zakuro.jpg

ほら、実が付いてます。



じゃあ、更に視点を移して、まだまだ緑の濃いイチョウの隣は…

11_1117_kawara3.jpg

葉っぱの少ないこの ↑ オレンジ矢印の木は?

柿ですね。

11_1117_kaki.jpg

もう、実はだいぶ落ちてしまっています。赤い葉っぱがほとんど。
遠くから見ると葉っぱも実も同じように見えますね。
枝にちょっとだけ残る赤いもの。柿の実はあと幾つ残っているのかな?


で、オレンジ矢印の隣の 赤い矢印の木は何かな? 
ちょっと葉っぱの付き方に特徴がありますね。
柿の木のアップ画像にヒントが写り込んでいました。
濃い緑の葉っぱと真っ赤な葉っぱ。ハゼノキです。

11_1117_hazenoki1.jpg

やっぱり対岸に渡って 木の下に回り込めば色づきかけのオレンジの葉っぱも
つぶつぶの実も見て取ることが出来ます。

11_1117_hazenoki2.jpg

♪ハ〜ゼの葉 赤くて 入り日色〜♪ でおなじみのハゼ(櫨)の葉ですよ。

11_1117_hazenoki3.jpg

ウルシ科なので、羽状複葉の見事な紅葉も つぶつぶの実も、そっくりですね。



更に更に 視点を横移動して、この赤い実の付いた緑色濃い常緑樹はな〜んだ?

11_1117_kawara4.jpg

え?赤い実なんて見えない?ああ、写真のこのサイズじゃ無理ですよね。
赤い矢印で示した木をもうちょっとクローズアップ。

11_1117_kurogane_m1.jpg

ね、枝先に赤い実が付いているのが見えるでしょ?

これも対岸に行って、枝を見ればすぐに解ります。

11_1117_kurogane_m2.jpg

ほら、緑の葉っぱに小さい赤い実。
赤い実はモチノキ科のお仲間に多いですが、モチノキならもっと実が大きいので、
これはクロガネモチの方ですね。



なじみの公園で木を見ていると、ついつい葉っぱや花にばかり目が行ってしまって、
見方が近視眼的になりがちです。時にはこんな風に遠くから見ると、樹形や葉の
付き方の特徴などがよく解ってまた、興味深いものです。

新しい発見なんかもありますし ♪
今回はハゼノキの葉の付き方がとっても綺麗なことに気づきました。新しい魅力を
発見できて、ちょっぴり得した気分です。(^v^*)



この日(11/9)見た木の実の写真は まだまだあるので、もうちょっとお付き合い
いただきましょうかね。良かったらまた見てみてくださいね。







posted by はもよう at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。