2011年11月13日

林のナツヅタ

今日も穏やかで良いお天気でした。明日からはどんどん寒くなっていく予報です。
風邪ひかないように、あと、冬の省エネ作戦も練りつつ、寒さに備えていきたい
です。

さて、今日の記事はいつもおさんぽしている公園を越えた先にあるとある雑木林で
撮ってきた写真をまた、数回に分けてご紹介しますね。

11_1113_natuduta1.jpg

まずは雑木林の木々にからんだナツヅタの紅葉を。去年ご紹介したのと同じです。






去年の様子
2010/11/19付 「ナツヅタの紅葉」
2010/11/25付 「ツタの葉、もう一度」

今年はもう少し 周りの様子が分かる写真も載せておきますね。

11_1113_natuduta2.jpg

ここもちょこっと斜面っぽく見えていますが、お気に入りの観察スポット
隣町の公園裏の北向きの斜面とは違って、南向きだし、そんなに斜面になってない
んですよ。関係者以外は立ち入り禁止の大きな囲いの中なので、
フェンスの外側から、動物園の檻の中を見るがごとく 雑木林を観察できる
都会暮らしにはまあまあ便利の良い場所なんです。

この時期は雑木にからんでいたナツヅタが真っ赤に紅葉して、年に一度の自己主張を
する季節です。

11_1113_natuduta3.jpg

なめし革のように表面が艶やかな葉っぱです。綺麗に色付いてますね。



こちらは大きなクヌギにからんだナツヅタ。
盛大に葉を広げ、幹のほとんどを覆っています。

11_1113_natuduta4.jpg

クヌギさん、うっとうしくないのかな。

11_1113_natuduta5.jpg

ほら、アップにするとクヌギらしい細長い葉っぱが見えますでしょう。

いろんな木に絡んでいるから、タイミングが合えば、二重の紅葉が楽しめちゃうん
だけど…今年のクヌギは…いつ頃色付くかなあ?



こちらは大きな木に幹をよじ登り始めたばかりのナツヅタのつると葉っぱ。

11_1113_natuduta6.jpg

可愛らしくってカラフルで良いなあって思ったので撮りました。
このくらいで済めばいいけれど…



↓ こちらの木は、じつはヌルデなんですがもうほとんど葉っぱが残ってません。
じつは、遠慮知らずの 旺盛なつる性植物に覆われてとっても気の毒だったん
ですよ。

11_1113_natuduta7.jpg

高さは3〜4mの低木で、横から見るとこんな感じ。

11_1113_natuduta8.jpg

ヌルデは本来なら、↓ こんな風に紅葉するはずなんですが、

11_1113_nurude.jpg

全然 形の違う葉っぱに覆われています。

11_1113_natuduta9.jpg

ひとつはさっきから取り上げているナツヅタで、もうひとつはツルウメモドキでした。

11_1113_t_umemodoki.jpg

こんなふうに ↑ 木全体を、紅葉したナツヅタと赤い実を付けたツルウメモドキが
びっしり覆って居るんですよ。今年はこのヌルデも日光の取り合いで苦労したろう
なぁなんて、思いながら写真を撮ってきました。

植物の世界も厳しいですね。もうちょっと、持ちつ持たれつで…なんて、気にしちゃ
生きていけないか。(^m^)


それでも、ナツヅタの季節はもうすぐおしまい。
あっという間に冬将軍がやって来ちゃいますよね。冬支度、あと何をしておけば
良かったかな。

同じ場所で撮ってきた写真、まだいっぱいあるんですよ。良かったらまた、お付き合い
下さいね。


posted by はもよう at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。