2011年11月04日

大柚香菊と鵯上戸

いや、せっかくの良いお天気なのに、今日は平日。こうなって来ると週末が楽しみ
になりますが、相変わらずお休みになるとお天気崩れてしまうそうです。ちょこっと
残念な11月のスタート。あ、でも、週明けから配年並みの気温に戻るそうです。
どちら様もうっかり風邪を引かないよう、ご注意下さいね。

さて、記事の方ですが、10/26にご紹介した河原へ、翌日また行ってきた時の写真の
2回目。今度は 前回気になった点の確認をしてきました。

11_1104_shakutiri_s.jpg

前の記事で、ちょっと触れたシャクチリソバの出来かけの実。





可憐な白い花びらはじつはガク(萼)だったという証拠写真です。
花びらに見える部分が散らないうちに、真ん中に大きな実が出来ているでしょう?

2011/10/26付 「河原のタデとソバ」


次は河原で見かけた野菊の種類。

2011/10/28付 「河原の野菊」

この日はカントウヨメナとヨメナによく似た、でも、ちょこっと違うお花を
オオユウガギクかなと思ったところで終わってました。

で、もうちょっとつっこんで証拠写真を押さえてきたのがこちら。

11_1104_o_yuga_g1.jpg

↑ こちらがオオユウガギクじゃないかと思っている方。
花後は目立つほどの綿毛にならないけれど、途中枝分かれしてお花がたくさん付いて
いる咲き方は、花後が派手に綿毛になるノコンギクみたい。

↓ で、こちらは典型的なカントウヨメナ。

11_1104_k_yomena1.jpg

葉っぱは若干 幅広めで、茎は途中で枝分かれして無くて、お花はぽってり大きめ。


で、いつも(一方的に)お世話になっている岡山理科大の波田先生のページに寄れば

岡山理科大 植物生態研究室(波田研)のHP内:
「野菊の区別点」

タネに付く綿毛(冠毛)が短い(0.5mm以下)のがカントウヨメナで、
やや長く(1.0mm前後)不揃いなのがオオユウガギクなんですって。

これと…

11_1104_o_yuga_g2.jpg

これで…

11_1104_k_yomena2.jpg



タネに付いた冠毛部分を拡大して、比較してみましょう。

11_1104_hikaku.jpg

前者がオオユウガギクと思っている方で、後者がカントウヨメナでした。

ふむ、波田先生のところで見た写真にそっくりです。
じゃあ、やっぱりこの花はオオユウガギクで良いってことになりますね。
名前が解って良かった。それにしても野菊って 似ているものなんですね。難しいなぁ。



あちこち眺めていて、あらまここにもアメリカセンダングサを発見です。

2011/10/20付 「イヌコウジュの花」 アメリカセンダングサ

11_1104_a_sendan_g1.jpg

最近あっちでもこっちでも数を殖やしている ↓ コセンダングサはこんな風で。

11_1104_ko_sendan_g.jpg

アメリカセンダングサは、えりまきが派手って言うか…総苞片が大きく目立つ
種類です。

11_1104_a_sendan_g2.jpg

うちの周りではとってもかずが減ってます。何だかひょろひょろって生えてます。
これじゃコセンダングサに 勢いで負けちゃいそうです。(^^;)



もうひとつ、帰りがけに見かけてとっても気になった草!
もう一度見に行って写真を撮ってきました。

11_1104_hiyodori_j1.jpg

壁の上の方にあって近づけないんですが、ツヤが良くて丸っこい実は
あれ、ヒヨドリジョウゴですよね。

上の方の実がひとつだけ、赤くなっています。

11_1104_hiyodori_j2.jpg

なかなか原物を見ることが出来なかったヒヨドリジョウゴ。
今年、いつもおさんぽしている公園の雑木林の下草でやっと出会えて、でも、
刈られちゃって 実が熟すまで見られなかったけれど。

2011/ 9/28付 「ヒヨドリジョウゴについて」

もっともっと真っ赤になったらまた、写真に撮ってご紹介しますね。
ああ、楽しみだなあ。



河原シリーズ、今回は追加と言うことでこれでおしまいです。
次回はまた、近所の道ばたから。





ブログ内関連ページ:

2011/10/26付 「河原のタデとソバ」
2011/10/27付 「壁面のつる」
2011/10/28付 「河原の野菊」

2010/10/19付 「河原に生きる花 1」
2010/10/20付 「河原に生きる花 2」


野菊の見分け研究
2006/11/10付 「花だんの菊の花」 キク科キク属のお花
2006/11/ 9付 「ユウガギク」 ユウガギクとカントウヨメナ、実の比較
2006/11/ 7付 「カントウヨメナと?」 ユウガギク
2006/11/ 6付 「ノコンギクなど」 シラヤマギクも


2011/10/20付 「イヌコウジュの花」 アメリカセンダングサ
2011/ 9/28付 「ヒヨドリジョウゴについて」





posted by はもよう at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。