2006年09月05日

ミヤマニガウリ

夏休みも終わっちゃったのに、まだ宿題が残っちゃってる気分になりますね。
キャンプ場で撮ってきた写真、いよいよ、初めて出会った花の部へ参ります。

キャンプ場の中とは言っても、自分たちのテントからはちょっと離れたところで、
か細いツルを見つけました。

06_0905_m_nigauri1.jpg

知ってるような、知らないような葉の形。
興味を引かれてツルを辿ってみると…



ウリ科の特徴、コイルのような巻きひげ。あくまでも薄い葉の質。
う〜ん、なにかななにかな?
葉の付け根には、白い可憐な花も咲いていました。

06_0905_m_nigauri2.jpg

ひとつの花の直径は5mmほど。端正な星形ですが、さて、何の花でしょう?
花より目を引いたのは、花のすぐ下に付いていたあとで実になるだろう部分。



花が終わると、このような実になるようです。

06_0905_m_nigauri3.jpg

角かどが有るけれど、何角形って言う風でもなく、
とらえどころのない いびつ形。表面は妙にデコボコ。ううむ、へんてこな実。
これから大きくなるのかな?ならないのかな?



早速、図鑑とwebで調べてみました。




このへんてこな実が決め手になりましたよ。
ウリ科  ミヤマニガウリ属、
北海道から本州の深山に生えるツル性の一年草で、名前はミヤマニガウリ。

実は、これ以上大きくならないようです。(ちょっと残念)
名前は似てますが、どこにもゴーヤ(ニガウリ)との関係は書いてありませんでした。




でも、おばなが房状に付く おかぶ(雄株)と、
へんてこな実が付く両生株にわかれる ちょっと珍しいタイプとして、
研究者さん達の間では 有名みたいです。


おしべもめしべも揃っている花(両性花)を付ける植物はいっぱいあるし、
同じ株におばなとめばなが咲く(雌雄異花同株)植物もいろいろあるし、
おかぶ(雄株)とめかぶ(雌株)に分かれるもの(雌雄異株)も結構ありますでしょう?

めばなの咲く株と、両性花の咲く株にわかれるもの(雌性両性異株)も結構あるんですって。
でも、このミヤマニガウリのように、
おばなの咲く株と両性花の咲く株にわかれるもの(雄性両性異株)は珍しいんだそうです。



難しい話を読んでるとおつむがクラクラ〜っとして来ちゃいますが、
小さなおばながフサ状についたおかぶ(雄株)の写真はとっても可愛らしかったので、
また同じ場所まで行くことができたら、今度は葉っぱをめくって
探してみようと思いました。



サイト内関連ページ:

去年出会った草花たちの記事は「山で見た木や花」のカテゴリーにまとめてあります。(^^)
今年の分も少しずつ仲間入りしてます。


キャンプ中の家族の様子を記した記録のほうは、

2006年度版が、
1日目
2日目 
3日目 
4日目です。 

2005年度版は、
1日目・2日目 
3日目 
4日目に載ってます。 

web日記には2004年度版と2003年度版もあります。


posted by はもよう at 14:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
朝から、良いお勉強でした(笑い)。
何か、食べられそうですね・・・。
Posted by nakamura at 2006年09月06日 07:04
nakamuraさん、こんにちは。
え?食べられそうですか?…そうかな…(^^;)
でも、"ニガウリ"って言うことは味を見た人がいたんでしょうね。

お勉強の方は、漢字が多くてちょっとクラクラしました。
Posted by はもよう at 2006年09月07日 17:20
また、こんばんは。
ハハハ・・・、食べるわけがありませんです・・・(笑い)。でも、食べた人は必ずいるはずです。ゲテモノも、最初は誰かが食べたものでしょうから・・・。
Posted by nakamura at 2006年09月08日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。