2011年10月13日

ゴンズイの実

今日は若干、雲が多めでした。西からお天気、下り坂だそうです。週末は雨かな?
そう言えば、遅くまで頑張っていたセミの声がとうとう聞こえなくなりましたね。
赤とんぼは居たけれど、夏の間、公園の池をパトロールしていた大きいトンボも
見かけなくなりました。こうやって少しずつ、季節が移っていくんですねえ。

さて、キンモクセイやウスギモクセイを見に行ったのと同じ日に、他の木の実も
見てきました。我が街の秋の深まり具合を、木の実の色からみてみましょうか。

11_1013_gonzui1.jpg

これはゴンズイの実。






ゴンズイ(権萃)は ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉高木。

落葉樹らしからぬつやつやの葉っぱ。

11_1013_gonzui2.jpg

画面中央の赤い実がゴンズイです。


アップにするとこんな感じ。

11_1013_gonzui3.jpg

外側の 赤い皮が開いて中から黒いタネがのぞきます。


画面上の方の小さい赤い実はサンショウ(山椒)の実。

サンショウだけ取り出すとこんな風。

11_1013_sansho.jpg

小さいけれどやっぱり赤い皮が割れると中から黒いタネがのぞくんです。
黒いタネがあの、小粒でもぴりりと辛い山椒になるんです。



ふちに微かにギザギザのある丸っこい葉っぱに 可愛い丸い実が付いているのは
生け垣にもよく使われるイヌツゲです。

11_1013_inutuge.jpg

うっすら色付いて来ました。これからかなり黒っぽくなるまでもうちょっと
かかります。



シラカシの木の下にこぼれたどんぐりと落ち葉。

11_1013_sirakasi.jpg

別名ヤナギガシと呼ばれる 柳の葉っぱみたいな細い葉っぱがポイント。
葉っぱの縁のギザギザは細かくて全体に付いています。

どんぐりは、輪っかを重ねたみたいなはかま(殻斗)をはいています。


そっくりさんのアラカシはどうかな?見に行ったら、ひとつも落ちてませんでした。
枝にはまだ成長途中みたいなドングリが付いていました。

11_1013_arakasi1.jpg

すんなり細いというよりは、先の方だけ幅広の倒卵形で、葉っぱの先だけに
粗いギザギザが入っているのがアラカシ。

11_1013_arakasi2.jpg

ふっくら丸くてしま模様が入っているけど、どんぐりじゃ見分けられないねえ。

葉っぱの形と周囲のギザギザが見分けポイントなんですが、今だけの違いは
シラカシどんぐりは散っても、アラカシどんぐりはまだ落ちていないという点。
どこまで有効か解りませんが、いつもおさんぽしている公園ではその点が違い
ましたね。



ツバキの実がはじけて中のタネがこぼれ出しました。

11_1013_tubaki.jpg

この間まで赤かったのにね。このあとは茶色く乾いていく一方なんですよね。
早いなあと思っておさんぽを続けていると、あらま、山茶花がもう咲いていました。

いつもの白い山茶花。

11_1013_sazanka.jpg

可愛いなあ…。でも、この花が咲くほど、秋が深まったんだね。




ブログ内関連ページ:
ゴンズイ
2011/ 6/12付 「ゴンズイの花」
2010/12/ 8付 「ゴンズイの紅葉」
2010/11/20付 「ゴンズイとサンショウ」 実
2009/ 9/14付 「ヌルデとゴンズイ」 若い実
サンショウ
2008/ 4/29付 「シロダモ、サンショウ」 サンショウの花
2006/ 5/ 7付 「四月に見かけた木の花」 おばな
2006/ 3/30付 「木の芽いろいろ その1」 新芽
イヌツゲ
2011/ 8/13付 「夏のシデ兄弟」 若い実、今年のゴンズイも
2011/ 6/ 9付 「ネズミモチの生け垣」 花
2008/ 6/10付 「イヌツゲの花、モチノキの花」
アラカシとシラカ
2008/ 5/23付 「アラカシとシラカシの花」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」
サザンカ
2010/10/28付 「サザンカ 開花」




posted by はもよう at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。