2011年10月11日

ギンモクセイに出会う

三連休はいかがでした?我が家は取り立てて何事もなく まったり過ごしましたよ。
連休明けの今日は、ちょこっと雲が多めながらもそこそこ良いお天気で、家事も
仕事も捗ったんじゃないでしょうか。

さて、咲きはじめがいくらゆっくりだったと言っても、早くご紹介しないとみんな
散っちゃう金木犀。大急ぎで取り上げましょう。

11_1011_k_mokusei1.jpg

近所の公園には4種のお仲間が植えられていて、毎年次々咲くお花のリレーぶりを
中継していますが、今年は、ちょこっと出掛けた先で、白いお花のギンモクセイの
写真も撮れたのであわせてご紹介します。






9/30付の記事に載せた9/24の写真では、ウスギモクセイはまだつぼみで…。
10/4付の記事の、10/1に隣町へ行く途中ではキンモクセイがほころび始めていて…

11_1011_k_mokusei2.jpg

こちらはまた別の場所のキンモクセイ。ちらほら咲きの頃です。



で、10/4には出先でこんな木を見つけました。

11_1011_g_mokusei1.jpg

アレ?まだ写真を撮りにいけてないウスギモクセイかな?
いや、それにしちゃぁ、色が薄いよ。

11_1011_g_mokusei2.jpg

これ、なかなか写真を撮れなかったギンモクセイの方ですね。

図鑑の説明ですと、キンモクセイとウスギモクセイはギンモクセイの変種で、
ヒイラギモクセイは ギンモクセイとヒイラギの雑種と言うことですから、
ギンモクセイがオリジナルと言うことになりますよね。

11_1011_g_mokusei3.jpg

うわあ、思いがけないところで出会えて嬉しいなあ。
澄んだ青空を背景に満開のギンモクセイをカメラに納めることが出来ました。
あとで近所の公園のウスギモクセイと比べてみよう。楽しみ〜 ♪



はいはい、やっとやって来られた近所の公園のウスギモクセイの下。
毎年通い出して、そろそろ10年くらいのつきあいの木ですよ。

11_1011_usugi_m1.jpg

ああ、今年も綺麗だねえ。
もうとっくのとうに咲いてました。散らずに待っててくれてありがとね。

11_1011_usugi_m2.jpg

ウン、やっぱり、10/4に見かけたのはギンモクセイで、このウスギモクセイとは
違います。

11_1011_usugi_m3.jpg

そう言えば、香りは もうちょっと分かんなくなっちゃってたなあ。
でもどちらも、キンモクセイほどは強くないんですよね。

桂花(キンモクセイ)、旦桂(ギンモクセイ)、銀桂(ウスギモクセイ)、中国から
庭木として渡来した3種のモクセイを、みんな写真におさめることが出来たんだ
なあ。う〜ん、良かった(^-^*)。



ん、でもって、同じ日のキンモクセイはと言うと、

11_1011_k_mokusei3.jpg

花盛りの香り盛り。こんなにいっぱい咲いても、みんなオスの株。
ウスギモクセイ以外は、メスの株がほとんど渡ってきていないので、実を付ける
ことは、ほぼ、無いんですって。みんな片思いのおばなです、気の毒に。

もう一度見てきた10/8の様子。

11_1011_k_mokusei4.jpg

この翌日からは、気の早い株から徐々に散りだして、キンモクセイの季節は
おしまいです。散った花殻が地面をオレンジ色に染めるのも、それはそれで
風情のある景色ですけどね。



次のバトンを受け継ぐのは、ギンモクセイとヒイラギをかけ合わせた園芸種、
ヒイラギモクセイ。
調子はどお?って覗いてきたら、ちくちくの葉っぱの陰に控えめに つぼみを
用意していました。

11_1011_hiiragi_m.jpg

更に優しい香りだし、そんなにたくさんは咲かないので、他のお仲間ほどは
目立ちません。
でも、いつもおさんぽしている公園には大株が並んでいるし、近所には生け垣に
利用している場所も多くて、通り過ぎるときにふわっと香ってくれるととっても
嬉しかったりします。



最終走者のヒイラギが咲く頃になると、もう、秋というより初冬の雰囲気が
濃くなって来ちゃいますよねえ。今年も残りわずか。やり残しがないように
頑張りたいものです。








ブログ内関連ページ:
2011/ 9/30付 「木の実の色付き具合」
2011/10/ 4付 「桜の落ち葉」
2011/ 2/11付 「金木犀の葉」

去年のモクセイリレー
2010/10/13付 「今年のモクセイリレー」
2011/10/ 1付  「キンモクセイ 開花」
2010/ 9/25付 「こずえの秋の色」

ウスギモクセイ
2005/10/ 8付 「ウスギモクセイ」
2007/10/ 5付 「キンとウスギのモクセイの花」
キンモクセイ
2008/10/14付 「金木犀とお茶の木」
2005/10/ 8付 「キンモクセイとカツラと「桂」」
ヒイラギモクセイ
2008/10/21付 「ヒイラギモクセイの花」
2007/10/17付 「ヒイラギモクセイの花」
ヒイラギ
2009/10/31付 「ヒイラギとビワの花」
2008/11/ 7付 「ヒイラギ開花」
2008/ 5/25付 「あの木のその後、覚え書き」
2007/11/15付 「ヒイラギの花」
2007/11/11付 「マルバヒイラギ」




posted by はもよう at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。