2011年10月05日

色付く木の実たち

いやぁ、半端なく寒いですね、今日。思わず温かいラーメン食べに行っちゃいましたよ。
一日中雨だし、気温は上がらないし、本当に寒かったです。今日はとうとう虫の声も
聞こえませんでした。このまま寒くなっちゃうのかなあ…。

さて、記事の方は10/1に隣町の公園で撮ってきた写真。2回目の今日は色とりどりの
木の実の様子を見ていただきましょう。

11_1005_kusagi1.jpg

まずはクサギの青い実。夏の間、香りの良い花を咲かせていましたが、赤いガク(萼)が
開くと中から青い実が顔を出します。






まだ早いかな?と思いましたが、どうしてどうして、すでにたくさん実っていましたよ。

11_1005_kusagi2.jpg

赤いガク(萼)に青い実…、あんまり無い組み合わせですよね。
エメラルドグリーンから藍色へ…熟すと共に微妙に変わる色合いも魅力のうち。

鳥さんたち〜、クサギの実が実ったよ。食べにおいで。

11_1005_kusagi3.jpg

クサギは、荒れ地へいち早く入り込むフロンティア。鳥さんたちに運んでもらって
新天地へ向かって旅立つんですよ。今度はどこで芽を出すのかな。




そうそう、青い実と言えば、別名:ルリミノウシコロシこと、サワフタギはどうなった
かな?

今まで観察してきたのは木の陰が覆い被さる 暗い谷の一本だけでしたが、今年、もう
少し条件の良いところにもう一本のサワフタギを見つけたんですよ。
お花が少なかったから、実が付いていればそれだけでめっけものなんですが…どうかな?

見に行ってみたらひとつだけ、綺麗に青くなっていました。

11_1005_sawafutagi.jpg

おお、まさにルリミ(瑠璃実)だわ。

web検索して他の方の写真を見せていただくと、こんな実が枝いっぱいに並んだのを
撮っていらっしゃる方もあるのですが、私が観察しているところはあんまり条件が良く
ないらしく、これが精一杯。
何年かしたら、もうちょっといっぱい実ってくれると良いな。でも、やっと撮れた
綺麗な青い実。これはこれでお宝です。(^ー^)



あっちこっち眺めながら園内を巡っていると、とある小径に見慣れた柄の赤い葉っぱ。

11_1005_iigiri1.jpg

あらま、これ、近所の公園でよく見るイイギリの葉っぱですよ。
あれ?でも、隣町の公園で見たこと…今までにあったかしら?

見上げると…ほら、ずっと上の方に細かい赤い実がどっさり下がっています。

11_1005_iigiri2.jpg

あらま、ここにもイイギリの木があったんですね。
しかも、ここもまたメスの木…(^^A)。雄花はまだ、身近では撮れないのかな。

ふ〜ん、隣町の公園にもイイギリのメスの木があるんだ。覚えておこう、
出来るだけ(^^;)。←おいっ。


公園をぐるっと回って反対側には大きな大きなプラタナスこと、モミジバスズカケが
立っています。街路樹として有名な木ですが、隣町の公園には一本だけ大きな木が
立って居るんですよ。

11_1005_m_suzukake1.jpg

見上げると大きな葉っぱの陰に緑色のポンポンのような実が見えます。

熟すと明るい茶色になる プラタナスの実。トゲトゲボールのように見えますが、

11_1005_m_suzukake2.jpg

じつはこれ、風にほどけると綿毛付きのタネになって、風に乗って遠くへ運ばれる
様に出来て居るんですよ。

ただ、大きいものでは直径3cmくらいありますし、タネはごついのに綿毛はそんなに
発達してなくて、さほど遠くへは飛べそうもないんです。
でも、枝に付いてる茎の繊維は丈夫で、少しずつほどけて飛び終わるまでは 実全体を
落とさないように枝にしがみついているみたいなんですよ。

綿毛は、キク科が最も進化のすすんだ形らしいんですが、もしかしたらプラタナスの
試行錯誤も 参考にしたのかもしれないですよねえ。



公園のこっち側へ来たら、会っておかなきゃいけないのはガマズミの木。

11_1005_gamazumi1.jpg

そりゃあね、紅葉と赤い実が一番の売りのガマズミですからね、しっかり 可愛く
色鮮やかに実ってましたよ。綺麗ですよねえ、ガマズミの実。

でもこの日、気になったのは、まだ…っていうか、また?…花が咲いていること…。

11_1005_gamazumi2.jpg

返り咲きですよね。でも、ここ何年もこの木を見ていますが、返り咲きしたのを
見たことあったかな?
この間の台風で、実の付いた枝を無くしちゃったのかな? お花はびっしり咲いていた
はずだから…。

葉っぱの色もシックに変わってからの白いお花。綺麗だけど、心なしか寂しい風景です。
赤い実は霜が降りる頃、甘くなるそうですよ。鳥さんたちも食べ頃を待っているかな?



ガマズミとは親戚筋のオトコヨウゾメはどうなったかな?
これまた、いつもの観察地点へ急ぎます。

11_1005_o_yozome.jpg

これが何度も撮っている木の、10/2の様子。
他の場所ではもう赤くなっているオトコヨウゾメもあったけれど、この木はまだ色付く途中。

これはこれで、いい風情です。



木の実が熟れて、葉っぱが色付いちゃうと、あとは寂しくなっちゃうから、ゆっくり深まれ
我が街の秋。駆け足になるのだけは勘弁ね。(^人^)




posted by はもよう at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。