2011年09月18日

安曇野・上高地の旅4

今日も暑かったですね。でも、今日は一日安定したお天気のようだし、
たまたま、息子が部活に行かないと言うから、お彼岸には早いけれど、
お墓参りを済ませちゃうことにして、家族揃って出掛けてきました。
帰りは、洋服を買いたい息子につきあって、久々に繁華街をうろうろ。
私は楽しかったけれど、他の家族はグロッキー気味でした。そういえば
3連休の真ん中の日、どこもかしこも賑わってましたよ。(^m^)
どちら様も、楽しい連休でありますように。

さて、9/4〜5に行ってきた信州旅行の写真シリーズ4回目の今日も、
二日目(9/5)。いよいよ上高地へ向かいます。

11_0918_kamikouti01.jpg

白馬村に泊まったので、まずはお洒落なスキーペンションを眺めながらの
走り出しでした。ほんと、冬は賑わうんだろうなあ。
写真は途中のヒマワリ畑です。雨の中、健気に咲いていました。






新幹線を降りた上田、昨日観光した安曇野の方が近かったのに、わざわざ
北上して白馬村に泊まってきたので、白馬村から上高地まで3時間ほどの
バスの旅。

車窓には、じつに美しい田園風景が流れます。ひとしきり田んぼが続いた
あとはところどころの蕎麦畑が混じったり、果樹園が続いたり…。

11_0918_kamikouti02.jpg

遠くの山にはスキー場のゲレンデが見えたり、青々した木々が並んでいたり。
長野県の中央部に位置する松本市周辺で進路を西にとって、上高地へ。

少しずつ民家が無くなり畑も減って、山肌が近づいて、ときおり湖の横を
すり抜けるようになり、トンネルをいくつか抜けて、10時半頃、
休憩地の道の駅「風穴の里」に到着しました。

11_0918_kamikouti03.jpg

冷たい地下水に冷やされた風が吹き出す洞窟があって、天然の冷蔵庫として
蚕の卵の保存などに利用されたそうです。

信州 E-CURE I・Uターン&観光向け情報 内 「道の駅 風穴の里 松本市」

あとから調べてみれば、いろいろ見回る場所もあったみたいですが、
雨だったので、さっさとおトイレを済ませてまた、バスに戻りました。



なんだかんだ言って、上高地の入り口、大正池に着いたのはもうお昼直前。

公式HPアドレス → 「上高地 Official Website」

ここから3時間ほどのフリータイム ♪ と言うことで、上高地を 
歩いて楽しむ方たち数人は、バスを降りて行かれました。
雨で足元がおぼつかない私たちはそのまま、上高地の中心バスターミナルへ。

自家用車の乗り入れが制限されている上高地では観光バスのターミナルが
唯一の交通手段。トップシーズンはターミナルにはいるだけで何時間も
かかるそうですが、幸か不幸かこの日は雨。観光バスも少なめであっという
間に到着しました。

お昼は添乗員さんにお弁当を手配していただいたので、受け取ってひとまず、
一番賑わう河童橋を目指して歩き出しました。

梓川沿いにはお花が点々と咲いています。人気の山野草の季節はもうとっくに
過ぎちゃったみたいですが、それでもレースのようなセリ科の花…
シラネセンキュウかな? オオカサモチかなあ?

11_0918_kamikouti04.jpg



ここにもあった、ノコンギクとか…

11_0918_kamikouti05.jpg



この大柄で、細かい白い花が咲く野菊はなんだっけ…

11_0918_kamikouti06.jpg

あ、ゴマナかな。

11_0918_kamikouti07.jpg

とにかくちょっとでも雨の止み間があると どの花も、虫でいっぱいに
なっちゃいます。おなか空いちゃうよねえ。




山側からは綺麗な水がわき出している場所もあって、
姫川の源流でお花を撮ったノブキが、ここでは可愛い実になってました。

11_0918_kamikouti08.jpg



隣にはまた、あの、姫川で見かけたアザミ。

11_0918_kamikouti09.jpg

う〜ん、
マルバノリクラアザミ(乗鞍アザミの変種で葉に深い切れ込みがない)かも。



アルプス一万尺〜 ♪ の半分の 五千尺ホテル。上高地の銀座と呼ばれて
いる河童橋のたもとにある老舗ホテルです。急に雨脚が強くなって、
ちょこっと避難させていただきました。

11_0918_kamikouti10.jpg

それから河童橋を渡って、五千尺ホテルロッジへ。
五千尺ホテルのお弁当だったので、このロッジのロビーで食べさせてもらい
ました。

食事のあとは ビジターセンターにでも行こうとまた、河童橋を渡りながら
再度五千尺ホテル方向に向かってカメラを向けました。

11_0918_kamikouti11.jpg

河童橋の上です。
急な大雨で梓川の水かさが増した時に、橋が流失したことがあって
それ以来、橋桁いらずの吊り橋になったそうです。

あいにくの雨ですが、河童橋の周辺は結構混雑してましたよ。
洒落たロッジやホテルが建ち並んで、とても山奥とは思えない賑わいですね。



次回、最終回はビジターセンターへ行く道と上高地で見てきた野草の
続き、そして旅の締めくくりについてご紹介しますね。




posted by はもよう at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。