2011年09月17日

安曇野・上高地の旅3

今日は朝、結構激しいにわか雨で目が覚めて、一日中、不安定なお天気
でした、うちの方。今朝は久しぶりに、いつもの公園へおさんぽに行き
ました。カツラの落ち葉が美味しそうな甘い香りを放っていましたよ。
ヒガンバナの方はまだつぼみでした。うちの子達も通った中学校では
運動会をやっていました。小学校は明日かな、来週かな?懐かしいです。

さて、9/4〜5に行ってきた信州旅行の写真シリーズ。3回目の今日は、
二日目(9/5)の朝、出発前に早朝野草撮りさんぽに出掛けたときの写真を
見てください。

11_0917_hakuba01.jpg

写真は路肩のコスモス。
奥のピンクはこちらでも、花だんで咲いてるハナトラノオです。






9/4の宿は白馬村のホテルでした。きっとスキーシーズンの方が賑わう
んだろうなあと言う造りの宿でした。

こぢんまりした…たぶん家族経営の…ホテルで、料理は平凡でしたが
働いている方の感じは良くて、居心地は悪くないのですが…。
ま、ちょっと驚くようなことはありましたけどね。(^^;)

子どもの頃、我が家は家族が多く犬も居たので、旅行も、兄弟+大人一人、
母は留守番…というパターンが多く、両親そろってと旅行するのは、
私は初めてかもしれませんね。
夜もゆっくり話が出来て、とっても楽しかったです。
こんな時、邪魔にならずにちゃんと大人の話が出来るようになったわが娘
にもちょこっと感心したりいたしました。(^^a)←親ばかですね。


さて、明けて2日目、窓の外にはミズナラの木。

11_0917_hakuba02.jpg

もちろん、準備中のドングリもちゃんと撮ってきました。

11_0917_hakuba03.jpg

葉柄がほとんど無くて、葉っぱもどんぐりも大ぶりなのが、コナラじゃなくて
ミズナラの特徴。
お山に来ないとなかなか会えない 別名オオナラさんです。



前日、野草をたくさん見たにもかかわらず、ほとんど写真に撮れなかった
ので、出発までの短い時間にもかかわらず、カメラを抱え、母と娘を誘って
散歩に出ました。

11_0917_hakuba04.jpg

冒頭のコスモスの 向かいに咲いていたのはノコンギク。
こちらも元気な大株でした。



宿の前の道に沿って、川が流れています。人工の滝が5段ほど、コンクリート
の上に流れ落ちていました。

湿っぽい場所です。野草も多そう。
まず目を向けたのは川岸のこれ。

11_0917_hakuba05.jpg

不鮮明ですが、たぶん、ガンクビソウじゃないかと思って撮りました。

11_0917_hakuba06.jpg

お花のアップです。 違うかなあ?



ちょっとの間、雨が止んでいるのに気をよくして、場所を変え、宿を回り込む
ように道を変えて坂を下りました。
宿の裏側に回り、客室の窓から見えたミズナラを、下からあおぎ見る位置に
なります。

道ばたの草むらに早速、白く可愛らしいお花を見つけて近づくと、あらまぁ、
ずっと、見たい見たいと思っていた、アケボノソウじゃありませんか。


11_0917_hakuba07.jpg

おおっと、大興奮でひとしきりシャッターを切りましたが、いかんせん、
曇天の早朝です。暗くてピントが合いません。

11_0917_hakuba08.jpg

カメラの設定をいじって、感度を上げて何とかここまで撮りました。
嬉しいなあ。

リンドウ科センブリ属の2年草。
花びらの模様を夜明けの空の例えての命名。

お山に行くのはお盆の時期だけに限られていた頃、会いたくても会えなかった
憧れのお花です。かなりちっちゃめの株でしたが、会えて嬉しいです。

2007/ 9/ 2付 「お山のミゾソバなど…」 たぶんアケボノソウのつぼみ

ユニークでしょう?花びらの上にある黄色い点は蜜腺なんですよ。
そして これはもうおしべの葯が取れちゃって、あとは散るばかりのお花。
ほんと、会えて良かったです。



そのあとも、次々、図鑑でしか見たことのない野草に会うんですが…
名前が…解りません。名前調べに時間をとれた頃と違って、今、あんまり
PCの前に座っても居られないので、前の記事に引き続きお願いします。
お花の名前、ご存じでしたら教えてください。



こちらはニガクサかなと思って撮ったのに、何だか違いそうなシソ科っぽい花。

11_0917_hakuba09.jpg

道ばたの日陰に群生してました。お花がピンぼけで、名前調べが難しいです。



こちらはたぶんカニコウモリ…か、そのお仲間。つぼみの段階で、すでに
魅力的な大柄な野草です。

11_0917_hakuba10.jpg

せっかく 咲いているのも撮ったのに、ブレ過ぎちゃってボツになりました。
次回どこかでまた会えたら…頑張ります。

2006/ 9/13付 「ミヤマイラクサ など」 たぶんカニコウモリのつぼみ



それから、これはマメ科の花。

11_0917_hakuba11.jpg

マメ科ならすぐに解るだろうと思ったのですが、咲かないとやっぱり???

全体の姿はこんな風。

11_0917_hakuba12.jpg

綺麗な紫色のつぼみでした。いや…咲いていたのかな?
なんて言うお花でしょうね、これ。



おさんぽも野草撮影も、たいして出来ないうちにまた雨が降り出して、
慌てて宿へ戻りました。

最後、バスに乗る直前に撮ったのが、こちら、河原のミズタマソウ。
たっぷり群生してました。

11_0917_hakuba13.jpg

カギ状の毛の多いガク(萼)に露が付いて水玉に見えるからミズタマソウ…の
水玉に見えるところを押さえることが出来て嬉しかったです。

11_0917_hakuba14.jpg

花びらも、おしべも2つずつのシンプルなお花のミズタマソウ。可愛いですね。



さあ、朝ご飯も済んで、バスに乗り込んで、いよいよ上高地に向けて出発です。
4回目の記事は標高1500mの上高地についてご紹介しますね。





ブログ内関連ページ:

2007/ 9/ 2付 「お山のミゾソバなど…」 たぶんアケボノソウのつぼみ
2006/ 9/13付 「ミヤマイラクサ など」 たぶんカニコウモリのつぼみ

2008/ 8/23付 「栃木の山で出会った花 3」 ミズタマソウ
参考
2006/ 8/31付 「タニタデ」








posted by はもよう at 23:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 山で見た木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
楽しく読ませていただきました。
親孝行されましたですね。
えらいなぁ
わたしも見習わなくては!

あっているかどうかわかりませんが、
アケボノソウの上の子は
メナモミの葉に似ています。
それと、ミズタマソウの上の子は
おそらくナンテンハギではないでしょうか。
関東のほうにはあまりないと聞いています。
違ったらすみません。
ほかの子も見たことあるような、ないような。
こんなのばっかり!

ミズタマソウ、きれいに撮れていますよ。
今年は何度も撮りましたが、
うまく撮れずにアップできていません。
水玉っぽくって、とてもかわいいですよぉ〜
Posted by ブリ at 2011年09月20日 01:28
はもようさん、こんにちは。
思い出しました。
アケボノソウの下のお花。
ホツツジではありませんか。
葉っぱが似ています。
お花の色が気になりますが、
一度しらべてくださいませ。
違っていたら、ごめんなさい。ペコリ
Posted by ブリ at 2011年09月20日 12:57
ブリさん、こんばんは。
わあ、ありがとうございます。
ふむふむ、「メナモミ」に「ナンテンハギ」に「ホシツツジ」ですか。
なるほど…。

ミズタマソウはやっと上手く撮れました。
これも雨のおかげですね。
Posted by はもよう at 2011年09月20日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。