2011年08月05日

雨上がりの公園で


早めの梅雨入り、あっという間の梅雨明けとくらくらするような猛暑。
でも、大型の台風が通り過ぎた後は、拍子抜けするほど気温が下がって、
避暑気分?梅雨のやり直し? 電力不足を心配してお日様が遠慮した?
いろいろ疑問を感じつつの8月のスタート。

雨上がりの公園をお散歩してきた8/1の写真を見て下さいね。

11_0805_raindrops.jpg


夜 雨 って言うパターンが多かったので、草には水玉が並んでます。






まず出会ったのは、都会でも見られる雑草、アメリカイヌホオズキ。

11_0805_a_inuhoozuki1.jpg


なすやトマトの仲間です。
大きさが違うけれど、お花の造りは一緒なんですよ。

11_0805_a_inuhoozuki2.jpg

北米原産の帰化植物。アメリカイヌホオズキには薄紫の花も咲きますが、
これは白い花ばっかりでした。
仲間って言えばワルナスビのお仲間って言った方が感じがつかめるかしら。


一足早く来日していたそっくりさんのイヌホオズキよりはスマートで華奢。

11_0805_a_inuhoozuki3.jpg


実にはツヤがあるそうですが、まだ青いから分かりませんね。(^^;)

実やお花の付き方が、一点に集中するのもアメリカイヌホオズキの
特徴のひとつだそうです。




そうそう、ちっちゃいきのこも出てたんですよ。
地面を覆うチヂミザサの葉っぱの間から白っぽいきのこ。可愛いでしょ。

11_0805_kinoko1.jpg


お湿りいっぱいに、高い気温。菌類の活動も活発になって、そのうち
大きなきのこが出るかもしれないけれど、8/1の時点ではこのくらい。


そう言えばジャノヒゲの葉っぱの陰にも、小さいのが並んでたっけ。

11_0805_kinoko2.jpg


こっちはもっと小さいきのこ。

この他には、いつもどおりのヒトヨタケのお仲間が、あちこちに行列
作ってましたよ。




真夏が来ると草むらで目立ち始める、律儀にきちんと十字にそろえた
ひと群れの草の葉。

11_0805_kitune_m1.jpg


これから冬が来るまでの長い間お付き合いいただくキツネノマゴさんが
お目覚めです。

11_0805_kitune_m2.jpg


今年一番最初にお会いしたお花をアップで撮ってきました。
最初は何処がキツネのしっぽに似ているのか解らないくらいちっちゃな
お花の穂ですね。
寒さを感じてエンジに染まるまで、よろしくね。(^▽^)ノ




マメ科の葉っぱは水弾きが良いので、雨上がりにはついつい注目しちゃい
ます。ムラサキツメクサの葉っぱにも水玉が…

11_0805_m_tumekusa.jpg


今にもころっと落ちそうに乗っかっていました。
お花もちょこちょこ咲いてるけれど、今日の写真は葉っぱだけ。



春にはチューリップが咲いていた花だんでは、ミニヒマワリがつぼみを
行き交う人の腰の高さにそろえて準備中でした。もう咲いたかな。

一輪だけ先に開いていたのを撮ってきました。ミニだけど、お日様の形。

11_0805_himawari1.jpg


大きいもの有りますが、これはミニヒマワリ。

それから、隣には中くらいヒマワリ。

11_0805_himawari2.jpg


つぼみの形がとっても綺麗だったので、こちらも撮ってきました。

梅雨のやり直しのようなお天気もそろそろ終わって、あっつい夏が戻って
来そうですから、この花もそろそろ咲いているかもしれません。
また、見に行ってこなくっちゃ。(^▽^)



そうそう、今日から娘が夏休みですって。朝寝坊させてあげたかったけれど、
ちょっと朝からバタバタしていて起こしちゃいました。ごめんなさい。(^^A)

それから、私の資格試験。この間 取ったエクセルに続いてワードの分も
合格してきました。コンピューターの資格のうちでは一番初歩的なものかも
しれませんが、取れて良かった。今度は娘に挑戦してもらわなきゃ。

ま、いろいろぼつぼつ頑張ります。p(^へ^)







posted by はもよう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。