2011年08月02日

マンリョウの花

第2の梅雨明けはまだですかね。今日も、若干、陽はさすもののやっぱり
どこかどんより。夕方からは雨が予想されているとか…。

昼なお薄暗いヒマラヤスギの下で、今年もマンリョウが花を開きました。
7/17の記事でご紹介したつぼみのその後を見てくださいね。

11_0802_man_ryo1.jpg


マンリョウってこんな小さい木です。お正月の縁起物で、黄色い福寿草と
一緒に赤い実を付けた盆栽仕立てで おなじみの木。
今頃目立たないお花を咲かせます。






マンリョウは、ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木。
たわわに実る赤い実に開運の願いを託して良く、お庭に植えられます。

2008/ 2/ 2付 「マンリョウとヤブコウジ」

でも、その実は鳥さん達にも人気があるらしくて、いっぱい食べていっぱい
種まきするらしく、いろんなところで野良マンリョウを見かけます。

こちらもたぶんそんな野良さん。実が付いていないと、ちょっと見分けにくい
かもしれませんが、葉の縁のギザギザがこんな波模様の丸っこい葉っぱは
あんまり無いので、一度覚えちゃえば、かえって解りやすいと思います。

お花は葉の陰にうつむいて咲くので、裏に回って…

11_0802_man_ryo2.jpg


ほらね。
草と変わらない背丈で、木の下の方にうつむき加減って…
ジャノヒゲよりちょっとましくらいの撮りにくさ。頑張ってしゃがみましょう。

11_0802_man_ryo3.jpg


気に入って生える場所も、お花の形も、科は違うのにジャノヒゲに似てますよね。

2011/ 7/17付 「ミソハギが咲いたよ」

でも、全体に細かいそばかすが入っているところが大きく違いますね。

つぼみはまだまだいっぱい。ここに咲いたお花がみんな実になれば、
やっぱり縁起が良い たわわな実になりますかね。

11_0802_man_ryo4.jpg


お庭のマンリョウも今頃咲いてますよ。赤い実が付いたときだけじゃなくて
お花も愛でてあげればさらに御利益アップかも ♪

園芸店では、マンリョウ「万両」の他に
センリョウ科の「千両(センリョウ)」
ヤブコウジ科の「百両(カラタチバナ)」と「十両(ヤブコウジ)」
アカネ科の 「一両(アリドオシ)」が売られています。

みんなそろえたら、景気回復・復興支援に一役かえるかしら?



今年、お花に会うチャンスが少なかったムクゲも撮ってきました。
近所で、いつも撮っていた株が軒並み切られちゃったんですよね。
で、ちょこっと離れた場所で見てきたのは、一番ありふれた
宗旦ムクゲじゃないでしょか。

11_0802_mukuge1.jpg


千利休のお孫さんとして伝えられる茶人、宗旦さんが好んだと言う
お花の底が赤くて(底紅)全体が白いムクゲ。

11_0802_mukuge2.jpg


お花ひとつの命は短いけれど、絶えずに夏中咲いてくれます。
原色のお花が目立つ夏の花だんで、涼しげな水彩絵の具の色ですね。

2011/ 7/23付 「木に咲く夏の花」 八重咲きのムクゲ




公園で見かけた木の実、もうちょっと追加しておきましょう。

まずはカシの木どんぐり。

11_0802_arakasi.jpg


とってもシラカシっぽい形の、でもたぶんアラカシだと思う…
ややこしいカシの木のあどけないどんぐり。
めしべの柱頭の名残が3つずつ、まだ付いています。秋までには
しましまはかま(殻斗)のころっころのどんぐりになります。

2011/ 5/27付 「常緑樹に咲く白い花」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」 シラカシ、アラカシのどんぐり




それから、テウチグルミ。

ひとつめの株にはあんまり実が付きませんでしたが、
その後見つけたふたつめの株は豊作でした。

11_0802_teuti_g1.jpg


3つずつ咲いたはずの花の 2つずつが大きくなっている枝先が多数。

11_0802_teuti_g2.jpg


これは秋が楽しみです。
ちゃんと熟すまで、落ちるなよ。

2011/ 6/16付 「ニワナナカマドの花」 ひとつめの株の若い実
2011/ 5/12付 「オニグルミの花」 受粉したての花
2009/ 8/23付 「クルミの木」 テウチグルミ




トゲトゲボールのモミジバフウはこのくらい。

11_0802_momijiba_f.jpg


大きいけれど 紅葉と同じ形の葉っぱの陰にトゲトゲした実が下がって
います。これが秋には不思議で素敵なオブジェみたいな姿に完成します。

紅葉もみごとです。

2011/ 4/21付 「木の花 いろいろ」 今年の花
2005/12/ 2付 「モミジバフウ」 基本情報 おばなとめばなも



暑さがなかなか戻ってこないのはおさんぽするには有り難いけれど、
何だか調子狂っちゃいますね。

さて、明日からは息子が合宿。準備にぎりぎりまで忙しそうだけど
頑張れ。(^m^)






ブログ内関連ページ:
マンリョウ
2011/ 7/17付 「ミソハギが咲いたよ」 つぼみ
ムクゲ
2011/ 7/23付 「木に咲く夏の花」 八重咲きのムクゲ
カシどんぐり
2011/ 5/27付 「常緑樹に咲く白い花」
2008/11/15付 「常緑樹のどんぐり」 シラカシ、アラカシのどんぐり
テウチグルミ
2011/ 6/16付 「ニワナナカマドの花」 ひとつめの株の若い実
2011/ 5/12付 「オニグルミの花」 受粉したての花
2009/ 8/23付 「クルミの木」 テウチグルミ
モミジバフウ
2011/ 4/21付 「木の花 いろいろ」 今年の花
2005/12/ 2付 「モミジバフウ」 基本情報 おばなとめばなも





posted by はもよう at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

縁起でいえば、万両はマンリョウ、鈴なりになるのも縁起物ですね。
自分で増えて、扱いやすし・・・大切に致しましょう(笑い)。
Posted by nakamura at 2011年08月02日 22:55
nakamuraさん、こんばんは。

はい、自分で殖えた万両は鈴なり、豊作、縁起物です。
大切にして御利益を得たいと思っています。(^^)v
Posted by はもよう at 2011年08月03日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。