2011年07月24日

たまには…

たまにはどこかへ行きたいですねえ。海も良いし、山も良いなあ。
子どもたちの勉強が忙しくなるまでは、毎夏キャンプに行っていたんですが、
それも行かなくなって久しいし…。こういう時代だから
遠くでなくても良いから せめていつもと違う場所をおさんぽしたいなあ。

11_0724_zokibayasi1.jpg

どんなところが良いだろう…なんて思いながら歩いてきた日の
たわいないつぶやきです。





やっぱり…暑いから、涼しい方が良いなあ。木陰の道をずっと歩けたら良いな。
足元はアスファルトじゃ味気ないから、土。…落ち葉が積もって出来た土の道。

うっそうとしてると恐いから、ほどよく木漏れ日が差して、見通しが良くて…

11_0724_zokibayasi2.jpg

たまには誰かとすれ違ったり…。


足元が、草ぼうぼうでも困るけれど、全く一本もないのも寂しいなあ。

チヂミザサみたいな下草があったり…

11_0724_tidimizasa.jpg

たまには奇妙な形のきのこに出会ったり…
野草の花が咲いていたり…

11_0724_me_matuyoi_g.jpg

メマツヨイグサじゃあ、都会的過ぎかな。(^m^)


木の実がなっていたり…

11_0724_konote_g.jpg

コノテガシワの実って、面白い形。熟したら、乾いて割れるんですよね。

松ぼっくりが落ちていたり…

11_0724_matubokkuri.jpg

たぶんテーダマツのトゲ付き松ぼっくり。
2周目して来たら なくなってました。 誰?
因みに細いのはたぶん、ヒマラヤゴヨウの松ぼっくり。
まだちょっと熟す前に落ちちゃったもの。これは拾われず…。


見慣れた木ばっかりも良いけれど、外国産の木も、目新しくていいなぁ。

11_0724_meta_raku1.jpg

メタセコイアとラクウショウの林。


今年、あんまり取り上げないのは、とんでもなく高いところまで、下枝を
落とされて、目が届かなくなっちゃったから。

11_0724_meta_raku2.jpg

見通しは良いけど、良すぎっていう気もします。何だか寂しい。

本当は雨に濡れた涼しげな葉っぱも撮りたいのに。

11_0724_metasequoia.jpg

しかたないからひこばえで我慢しよう。雨の日のメタセコイア。
綺麗だな。



雑木林ばっかりとか、芝生広場ばっかりって言うのも単調だから…池や小川が
有った方が…鳥や虫、ことによると蛙や亀にだって会えるかもしれないし…
水辺が好きな花もある…。


ああ、それから、おさんぽ中にお手洗いに寄りたくなったときに、綺麗じゃないと
いやだなあ。遠いのもいやだなあ。
休みたくなったときに、ベンチやあずまやも欲しいよなあ。


ちょこっとだけなら、花だんがあって華やかなお花を楽しめるの良いよなあ。

11_0724_oniyuri1.jpg

いつもの公園には今、オニユリと
メドー・セージじゃなくてサルビア・グアラニティカが咲いています。
オニユリの花、元気な夏色です。



つらつら思いながら歩いてみて…、あらま、いつもおさんぽしている公園って
理想的なのねぇって気づきました。(^^;)←結局それ?

馴染んじゃったって言うのもあるけれど、毎日のようにおさんぽしてきて、見所を
いっぱい知っているっていうのもあるけれど、やっぱり、普通の公園が一番なの
かな。街育ちに、本物のお山はハードすぎるし。(^^A)

たまにはどこか遠くへ行きたいけれど、家族の世話焼かせてもらうのもあと
ちょっと間だろうし、いろんなことは否応なく変化していくものだし。

何より、恵まれていたことに失ってから気づく なんて言うドジは踏みたく
ないから、無くなる前に大事にしよう。
今まで馴染んできた暮らしを大切に味わおうって思って、この日のおさんぽは
終了です。



オニユリは、夏空によく似合う元気なオレンジ色。

11_0724_oniyuri2.jpg

避暑地みたいなお天気が、向こうから来てくれたんだから、避暑を楽しんだ
つもりで、また、暑くなっても頑張ろう。p(^▽^)




posted by はもよう at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。