2011年07月12日

アカメガシワとゴンズイの今

日曜も月曜も遊んじゃったから、今日は朝から忙しく家事をこなしました。
大物を干したところへ大きな雲が張り出して、にわか雨が降るんじゃないかと、
気をもんだ午前中でしたが、いつのまにか晴れ渡っていて洗濯物も無事、乾き
ました。湿気が抜けて、ちょっとだけ、爽やかで夏らしいお天気になりました。

11_0712_natukodati.jpg

東京で、早くもアブラゼミが鳴き始めたそうですし、うちの方でも、ちょっと前に
ニイニイゼミが様子見するように一声鳴いたり、やめてみたりしてたんだけど
どうしているかな。夏休みまであと一週間。小さい子達は楽しみに待っている
でしょうね。(^▽^)

さて、おさんぽにも行かれなかったから、ストック写真からのご紹介、
ちょこっと前に見てきた、アカメガシワの花を見てください。







毎年ご紹介しているので、特に記録することもないんですが。
アカメガシワは、トウダイグサ科の落葉高木。
土地が荒れた後、まっ先に入り込むフロンティア植物です。

アカメ…は、春の新芽が赤いからで、カシワ(柏)と名が付いているのは、
柏餅に使うあの葉っぱの木と親戚関係に有るのではなくて、…あちらは
ドングリの木です。…「炊ぐ葉」つまり、料理に使う葉、この場合は
食べるのでは無く、食器として利用した葉っぱと言う意味で、針葉樹の
仲間のコノテガシワなども同様です。




雌雄異株と言って、オスの木とメスの木に分かれる植物で、

こちらは隣町の公園のオスの木。おばなが枝いっぱいに咲いています。

11_0712_akame_g1.jpg

おばなとめばなで、花の形が全く違うから、初心者には見分け難い木ですよね。

11_0712_akame_g2.jpg

おばなは しべばかりのポンポンのような姿です。

11_0712_akame_g3.jpg

よく見りゃ、可愛いでしょ?(^m^)


そして、こちらがたくさんのめしべを並べためばなの花の穂。

11_0712_akame_g4.jpg

めしべだけしかないようなそんな簡単なお花です。

11_0712_akame_g5.jpg

びっしり並んだめしべの柱頭のつけねのところが 柔らかいトゲに包まれた
実になって、真っ黒いタネをこぼします。

11_0712_akame_g6.jpg

たくさん実りますから、たくさん殖えます。
何せフロンティア植物ですから、道ばたや空き地にどんどん芽を出して、
すきあらば、大きく枝を広げます。

でも、今年は隣町へ行く 途中の道で 工事が始まってしまい、何本もの
アカメガシワが切られてしまいました。

隣町の公園にあるから良いけれど…ちょこっと寂しい道ばたです。(^^;)



こちらは、いつもおさんぽしている公園をちょこっと行きすぎたところの
雑木林のゴンズイです。今年は不鮮明ながら、お花の写真を撮ることも
出来ました。お花が終わって若い実がなっていました。

11_0712_gonzui.jpg

ゴンズイ(権萃)は ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉高木。
地味〜な花のあと、ラグビーボールみたいな形の実を付けますが、これが
秋には殻が赤で、中から真っ黒なタネがこぼれるという、とっても凝った
デザインに完成します。また、写真に撮りに来たいな。



毎日暑いですね。あ、でも、みんながエアコンをつけないで協力してくれる
おかげで、このあいだ来た料金表で、前年比15%削減を実現することが出来た
んですよ。おまけにエアコンが苦手な私は、毎日が快調です。いつもこうだと
良いんだけどなあ。(’、’)

さあ、また、暑い台所で夕食を作ろう。がんばるぞ。p(^へ^)





ブログ内関連ページ:

アカメガシワ
2011/ 2/23付 「隣町の冬芽 更に」 冬芽
2010/ 6/27付 「アカメガシワなど」
2006/ 7/ 2付 「アカメガシワの花」 基本情報
ゴンズイ
2011/ 6/12付 「ゴンズイの花」
2010/12/ 8付 「ゴンズイの紅葉」
2010/11/20付 「ゴンズイとサンショウ」 実
2009/ 9/14付 「ヌルデとゴンズイ」 若い実





posted by はもよう at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。