2011年07月10日

木に咲く白い花 追加

今日は娘を連れて、実家へ顔を出してきました。帰るたび、何かがちょっと
ずつ変わる、わが故郷ですが、今回は子どもの頃から慣れ親しんだお隣の
お家が取り壊されて、更地になっていました。その他にも、大きな銭湯が
無くなって、数棟の建て売り住宅になっていたり…。
変わらないところもあるんですけどね。
逆に、新旧ない交ぜになっていて不思議な感覚に陥ります。両親は有り難い
ことに元気にしていてくれます。ここは、変わらないで欲しいです。
また会いに行くね。(^▽^)ノ

さて、初夏の「木に咲く白い花」の季節にちょっと間に合わなかったお花を
追加しておきます。 まずはモッコク。

11_0710_mokkoku1.jpg

照りの良い綺麗な葉っぱ、整って崩れにくい樹形。庭木の王の名を持つ
ツバキ科モッコク属の常緑樹です。香りの良い花が咲きます。






今年はちょっと遅れ気味かな。
可愛いけれど、地味なお花が葉っぱの陰に咲いています。

11_0710_mokkoku2.jpg

匂い袋とかにありそうな和風の良い匂いがします。
ツバキには、似ても似つかない形のお花ですが、花びらが、まとまってポトリと
落ちるところだけは一緒です。

11_0710_mokkoku3.jpg

このあと赤い実になりますが、この実が、熟すとびりびりに破れて、
赤いタネを吐き出します。実の写真と更に詳しい解説は ↓ 過去記事で。

2005/10/18付 「モッコクの実」



結構忘れちゃうのよねえ。ムラサキシキブ、コムラサキ咲いて、そのあとで
見つけました。シロシキブです。

11_0710_sirosikibu.jpg

実も、白いツブツブで秋に実ります。
実の付き方を見ると、ムラサキシキブよりはコムラサキの方に似ている
みたいです。




それから、トウネズミモチ。モクセイ科イボタノキ属の常緑高木。
名前の通り中国出身の常緑高木。

いつもおさんぽしている公園のトウネズミモチは、強剪定が効いちゃったのか、
全然元気がないんですが、生け垣のネズミモチがすっかり散った今頃、

2011/ 6/ 9付 「ネズミモチの生け垣」 ネズミモチ

よそのトウネズミモチたちは次々に、樹冠に雪が積もったかのごとく真っ白に、
大量の花を咲かせています。

11_0710_t_nezumimoti1.jpg

これは大きなお店の駐車場に面していた、ちょこっと小振りなトウネズミモチ。

花の咲く時期と付き方で、まあ、解りますが、葉っぱも花の穂も、大降りで
勢いが良いです。

11_0710_t_nezumimoti2.jpg

これでもかって反り返ってますね。

ほんとにびっしりお花が付いた、大きな花の穂がいくつもいくつも…。

11_0710_t_nezumimoti3.jpg

もうひとつの見分けポイントは透ける葉脈です。
主脈も側脈もすっけすけ。生け垣のネズミモチはこうは透けないですから。
すぐ解ります。

11_0710_t_nezumimoti4.jpg

ネズミモチと同様に黒っぽくて丸い実が、枝が折れそうなほど大量になります。

11_0710_t_nezumimoti5.jpg

とんでもない繁殖力を恐れられ、要注意外来生物に指定されちゃいました。
過ぎたるは及ばざるがごとしです。




最後はいつもさんぽしている公園のテリハノイバラのその後をおまけで。

11_0710_teriha_n.jpg

ちっちゃくて、テカテカ光る葉っぱがぎっしり、葉っぱの間には花びらが
ひらひらしたお花がいっぱい咲いています。う〜ん、今年もいっぱい咲いて
くれてありがとう。


さあ、これで本当に初夏の「木に咲く白い花」の季節は終了です。
梅雨も明けたことだし、今度は 盛夏の木に咲く花を求めてキョロキョロ
しながら、健康さんぽに精出しましょ。暑さなんかに負けないぞ。p(^へ^)





ブログ内関連ページ:

2009/ 6/29付 「マサキとモッコクの花」
2005/10/18付 「モッコクの実」

2011/ 6/ 9付 「ネズミモチの生け垣」 ネズミモチ
2009/ 6/ 2付 「常緑樹の白い花」 ネズミモチとの比較
2007/ 7/ 9付 「トウネズミモチ」





今年の「木に咲く白い花」
2011/ 4/30付 「名残のヤエザクラ」 ウワミズザクラ
2011/ 5/ 2付 「木の花 ぞくぞく」 ニワトコ、ニガイチゴ、オトコヨウゾメ
2011/ 5/ 7付 「ミズキ 開花」 ミズキ、白いライラック、コデマリ
2011/ 5/ 8付 「マルバアオダモの花」
2011/ 5/10付 「サワフタギの花」
2011/ 5/18付 「隣町の白い花1」 アオハダ、マルバウツギ、カマツカ
2011/ 5/19付 「隣町の白い花2」 コアジサイ、コゴメウツギ
2011/ 5/20付 「エゴノキの花」 ノイバラ、エゴノキ、エゴノキ、ハリエンジュ、ヤマボウシ
2011/ 5/23付 「白雲木と栃の木」 ハクウンボク、トチノキ
2011/ 5/25付 「ガマズミとネジキ」 ガマズミ、アオハダ、ネジキ、おまけのナツハゼ
2011/ 5/26付 「ウツギ談義」 ハコネウツギ
2011/ 5/27付 「常緑樹に咲く白い花」 シャリンバイ、カナメモチ、クスノキ、シラカシ、スダジイ、ハクチョウゲ
2011/ 5/29付 「競って咲く白い花」 スイカズラ、ノイバラ、エゴノキ、マユミ、西洋イボタノキ、ハマナス
2011/ 6/ 5付 「ウツギとヒメシャラ」
2011/ 6/ 9付 「ネズミモチの生け垣」 ネズミモチ、イヌツゲ、タイサンボク
2011/ 6/15付 「つぼみのその後」
2011/ 6/16付 「ニワナナカマドの花」
2011/ 6/17付 「ナツツバキ開花」 シモツケも
2011/ 6/22付 「常緑樹に咲く白い花」 サンゴジュ、クロガネモチ、タイサンボク 
2011/ 7/ 3付 「テリハノイバラ開花」 テリハノイバラ、ナンテン、イトラン
2011/ 7/ 6付 「リョウブ開花」 リョウブ、マサキ、シモツケ、大八重クチナシ、
2011/ 7/10付 「木に咲く白い花 追加」



これまでの  シリーズ 木に咲く白い花

2010年版 ↓ この記事から
2010/ 7/ 3付 「リョウブ 開花」

2009年版 ↓ この記事から
2009/ 6/29付 「リョウブの花」

2008年版は ↓ この記事から
2008/ 6/29付 「リョウブの花」

2007年、2006年版は ↓ こちらの記事から。
2007/ 7/ 2付 「リョウブの花」




posted by はもよう at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。