2011年06月26日

くれくれクサちゃん

今日は一日曇り、ちょこっと雨でした。おさんぽにはちゃんと行きました。
ツバメたちの子育てが本格化したらしく、池の上を飛び交っていました。
20も30も飛んでいるのに、やっぱり一羽もカメラにはおさめることが
出来ませんでした。動くものは苦手です。(-"-;)←どんくさいだけ。

ところで、いつもおさんぽしている公園には2つの池と、池をつなぐ人工の
小川があります。ささやかとはいえ、水辺があると見られる生き物の
バリエーションが増えるので観察の楽しさは倍増です。
特に池の鯉や亀、カモや鳩たちは、誰がエサをくれるのかよく知っていて、
池のほとりに子どもを連れた人が近づくと…

11_0626_kame01.jpg

こんな風に、集合しちゃいます。私がのぞいても逃げるだけですけど(^^A)。






この日も、おさんぽして池のほとりでひと休みしていたんですが、そこへ
お子様を連れたご一家がいらして、おちびちゃんがパンくずをまいたんですよ。
もお、押すな押すなの大混雑。遠くからでも波を蹴立ててやってきます。

池の水質悪化防止のためエサやりはしないで下さいと放送もされているので、
本当はいけないことなんですが、日頃、人影が差すとちゃぷんとお水に
潜っちゃうお池の住人さん達を、つぶさに眺めるチャンスでもあります。

お魚は鯉で、亀ちゃんは大体がミシシッピアカミミガメなんですが…、
あれれ? 柄の違う子がいる。

11_0626_kame02.jpg

白い矢印の子。お顔の横に黄色い模様。耳のあたりの赤い模様無し。
アカミミちゃんじゃなかったとしたら、誰なんだろ。

他にもこんな子もいる。

11_0626_kame03.jpg

一回りも二回りも小さくて、目の上にちょこんと黄色が付いている子。

こっち ↓ の真っ黒い子は以前 記事にしています。

2010/ 7/24付 「池のほとりの住人たち」

11_0626_kame04.jpg

この写真を見ていて、爪が白くて長いなあ、なんて思いました。


あのときはクサガメちゃんかなって思って検索したんだけれど、
模様が無いって…手がかりがないようなもの。
結局、解らなかったんですよね。



アカミミ模様のない 赤い耳じゃない亀ちゃん3匹。

今度はお家でパソコンつけて、お顔の横に黄色い模様のある子で検索。

そしたら、黄色い模様は、クサガメちゃんのものにそっくりだって
確認できました。
オスはある程度、体が大きくなると模様が無くなっちゃうそうですから、
真っ黒い頭は、クサガメのオスと言う可能性もあり。

でも、ミシシッピアカミミガメの説明に、オスの前足の爪が著しく伸びると
やはり大人のオスの中に黒くなるものがいると書いてあって、
解らなくなってきました。

そうそう、ウンキュウというクサガメとイシガメの雑種もいるそうです。
まあ、イシガメはこのあたりには居ない…ああ、でも、ペットを捨てたの
なら、なんでも有りですかねえ。


検索して見つける写真は、大事に飼われている自慢の子ばかり。
甲羅もお掃除が行き届いていてとっても綺麗で、ほらここがこう違うと
説明してくださるのですが、池の亀さんの甲羅は泥だらけ。

どこがどうだか??? 
しかも、お水の反射でよく見えない写真ばっかり。(^^;)
うーん、私には難しいです〜。



さて、さて、それでも一匹はたぶんクサガメちゃんだよと、あたりが
付いて また池へ。
今度も親子連れがパンを投げる隣でスタンバイ。←おいっ!


ほらほら来たよ、黄色い模様の亀ちゃんが。

11_0626_kame05.jpg

誰よりも早く 岸に足をかけてスタンバイ。おお、かわいい ♪


でも…、亀にパンをあげるより、自分のお口に運びたくなっちゃった
おちびさんを連れて、思いのほか早く親子退場…。

あらら、そんな目で見ても、私なんにも持ってないよ。

11_0626_kame06.jpg

ちぇっ、ケチっ!!とばかりに見限られました。

11_0626_kame07.jpg

そんなあなたのあだ名は今日から くれくれクサちゃん。

人影が差すと いの一番に上がってきてエサをねだる食いしんぼ。
野生種のプライドはどこへ行ったんだい?


後日、クサガメは甲羅に3本の出っ張ったところ(稜)がある
というのでねらって撮ってみました。

11_0626_kame08.jpg

オオ、確かに、甲羅に3本出っ張ったところ(稜)があります。
もう、このお顔に黄色い模様の子はクサガメちゃんで間違いなしですね。




前回見た小さい子は、まだ、お顔の模様が黄色いからクサガメかもと
思ったり、クサガメってあんなに体に模様あったっけ?と思ったり…
甲羅の後ろがギザギザしていて、イシガメの特徴もあるかなと思ったり…
確信は持てません。

11_0626_kame09.jpg

前足の爪の長い子に関しては…、

11_0626_kame10.jpg

あ、この凧糸は、誰かが釣りのまねごとをした名残ね。
餌も付いていないから、いくら食いしんぼの亀さんでも、釣れないと思うけど。


特に、前足の爪が長い子に関しては、クサガメとは違うかなとも…。(迷)
長い爪はアカミミちゃんのオスが求愛するときに使うそうです。


web検索で知った情報を持って 池で眺めていたら、ちょうど目の前で
別の子(はっきりアカミミのカップルってわかる2匹)が、こんなコトして
ました。
目の前まで泳いでいって、前足の爪を見せて…。
お願いしますって言ってるみたい。なんか可愛いポーズです。

あ、大きい方が女の子ね。ふられてましたけど(^^A)。

11_0626_kame11.jpg

それから、アカミミちゃんのオスは年を経て黒くなるものが居るそうです。
一匹はアカミミちゃんだったのかなあ…。

引き続き、首かしげつつ継続観察中です。



それにしても、亀ちゃんの正面顔、可愛いですねえ。今回熱心に観察して
すっかり気に入っちゃいました。飼うことはないと思うけれど、また、
興味を持って眺めてみようと思いました。
一生懸命 池を見ていたら、ついでにウシガエルちゃんを2匹同時に見る
事が出来て、この池に、2匹いることを確認できました。よしよし ♪




節電のため、当面は噴水を運転しないと張り紙があって、ちょこっと気に
なっています。
噴水は、見た目涼しいだけじゃなく、水質浄化の役目も負っているはず、
節電も大切だけど、池の生き物たちのためにも、池の水質には気を使って
あげて欲しいなぁと思います。

それから利用する人たちには、ペット捨てをやめて欲しいです。
もともと、外の環境とは繋がっていない公園の池。ほとんどの生き物は
誰かが勝手に持ち込んだもの。ワニガメを見かけた年もあったんですよ。
今年は今まで見かけなかった、メダカみたいな明るい色の小魚も目立ちます。

飼うなら責任を持って欲しいし、責任を取れなかった時には、自分の手で
始末することで、そのことを痛感して欲しいです。2度3度繰り返さない
ために。何となく逃がして知らんぷりなんて、許せないです。






ブログ内関連ページ:

池の亀さん
2010/ 7/24付 「池のほとりの住人たち」
2010/ 6/10付 「池とその周りの住人たち」
2008/ 8/23付 「日盛りさんぽ」
おまけのウシガエルちゃん
2010/10/26付 「変てこきのこ大発生」







posted by はもよう at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、私もちょうど今日、池のある公園をお散歩していて、
亀を観察したところでした。
ウシガエルは声のみで発見ならず残念だったんです・・・。

亀さんとってもきれいに撮れてますね!
お顔の模様やらプロポーズ場面など、
ほ〜、ほほ〜、と頷きながら楽しく拝見しました^^

やぶ蚊が多いのでこの時期でも長袖必須ですよね、
蒸し蒸しうだりながらお散歩しています。
はもようさんも暑さに気をつけてお過ごしくださいね〜!
Posted by SHU at 2011年06月26日 19:22
SHUさん、こんにちは。
ふっふっふ、ウシガエル探しはだいぶ経験を積んで、
最近、見つけられるようになったんですぜ。←どんくさい

亀さんたちも、この子に注目してから急に撮る気になりました。
webで調べてねらい所が解ってから行くと、興味深い写真が
撮れるものですね。面白かったです。

そうそう、蚊が多くてね〜。
今、長袖のUVカット・パーカーを着ておさんぽして居るんですが、
暑すぎてめまいがしそうなんです。
日焼けもイヤだし、蚊もイヤだし…でも暑いし…(^^A)
いろいろと悩みの多いおさんぽですが、水筒や日傘も投入しつつ、頑張ります。
SHUさんもご自愛下さいね〜。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2011年06月27日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。