2011年06月22日

常緑樹に咲く白い花

今日は夏至。1年で一番、昼間が長い日ですね。たいてい梅雨のさなかで、
雨だったり曇っていたりするのですが、今年の我が家上空は、朝から青空
でした。気温もどんどん上がって、暑かったです。猛暑日になった街も
多かったみたいですよ。熱中症にならないように、今日のおさんぽには
ちゃんと水筒を持参しました。

学校の北側のフェンス沿いで今年もまた、常緑樹に白い花が咲きました。
サンゴジュ(珊瑚樹)です。

11_0622_sangoju1.jpg

スイカズラ科ガマズミ属の常緑小高〜高木。主に、関東地方よりも西に
自生していた常緑樹です。





ガマズミに近い種類だなんて、葉っぱだけの時には思いもしないかも。
葉っぱが厚い常緑樹は、防火にも役立つそうで結構あちこちの公共施設に
植えられています。

お花は三角錐の形の穂(円錐花序)にたくさん咲きます。

11_0622_sangoju2.jpg

ひとつだけ取り出してクローズアップ。
可愛いでしょ。

11_0622_sangoju3.jpg 


夏を待たずに赤い実になります。上を向いてたお花の穂が、その頃には下を
向くようになって、ブドウの房をちょこっと思い起こさせるような姿に
なります。小さな実がどっさりなるのを見て、珊瑚の細工物を連想したから
この木の名前はサンゴジュ(珊瑚樹)なんですよ。




サンゴジュよりは、もうちょっと早くから咲いていたはず。でも、目立たない
から気づかれなかったかもしれないのは、クロガネモチの地味な花。

クロガネモチ(黒鉄黐)は、モチノキ科モチノキ属の常緑高木。
いつでも豊富なつやつや葉っぱと、びっしり付く赤い実が可愛い庭木です。

11_0622_kurogane_m1.jpg
ほら、枝いっぱい。満開なのになんだかなあ。

でも、近づいてよくよく見ると、おもちゃみたいな可愛いお花です。

11_0622_kurogane_m2.jpg

オスの木とメスの木に分かれる種(雌雄異株)ですが、たいていは、赤い実を
楽しみたくて植える木なので、オスに木は近所で見たこと無いんです。
お山で自生していたら見られると思うんですけどねえ。

これもめばなです。ピンクのところは退化したおしべみたいですね。



最後は、撮り直しのタイサンボク。

2011/ 6/10付 「ネズミモチの生け垣」 今年のつぼみ

こちらはモクレン科モクレン属。春先にいろんなお花を楽しんだ、
マグノリアのお仲間なんですね。北米原産の園芸植物。
日本のお山のそっくりさんはホオノキ(朴の木)でしょうか。

11_0622_taisanboku1.jpg

こちらも学校などの公共施設によく植えられていますよね。私が初めて親し
んだタイサンボクは小学校の正門わきに植えられていたものでした。

本格的に暑くなる前に分厚くて大きな葉っぱの陰に咲く、香りの良い大きな
お花を見るのが楽しみでした。
とんでもなく高いところに咲くお花ですが、一所懸命、背伸びして見たっけ。

花びらは分厚いけれど風や雨に傷みやすく、花の命が短いことも、つくしんぼ
の形のめしべが最後に落ちてくることも、小さい頃から知っていました。

今回のお花は保健所の玄関のお花です。

11_0622_taisanboku2.jpg

運良く、咲いたばかりの花に行き会いました。遠くから望遠で撮れば、
なんとかしべまで写せます。

でも、欲張って近づくと…

11_0622_taisanboku3.jpg

この通り、お花をしたから仰ぎ見る写真しか撮れません。


もたもたしてるとあっという間にお花が痛んでしまいます。

11_0622_taisanboku4.jpg

今年も何とか撮れました。タイサンボクのお花に感謝。




昨夜は、家中の電気を早めに消して、久しぶりに星を眺めました。
娘の星座、さそり座が南の空にかかって、アンタレスが赤く見えました。
東の空からは、遅いお目覚めの半欠けお月さんが登ってきたんですが、
こちらも何の加減か赤味がかかってました。

のんびり星を眺めた翌朝は、これまた久しぶりに、雪が溶けてだいぶ黒く
なった富士山が見えました。どんより曇ったり、雨の日が続いたけれど、
梅雨が明けたら、明るい夏が来るんだなあ。

夏の予告編のような昨夜と今日の一日でありました。
元気に、有意義に過ごせるようにがんばろう、p(^へ^) 私。









ブログ内関連ページ:

サンゴジュ
2010/ 8/15付 「木の実準備中」
2007/ 6/20付 「サンゴジュ」
クロガネモチ
2010/11/ 3付 「赤い木の実」
2010/ 6/16付 「地味めな白い花」
2008/ 6/ 7付 「クロガネモチの花」 基本情報
タイサンボク
2011/ 6/10付 「ネズミモチの生け垣」 今年のつぼみ
2010/ 6/28付 「常緑樹に咲く白い花」
2006/ 6/ 8付 「タイサンボクの花」





今年の「木に咲く白い花」
2011/ 4/30付 「名残のヤエザクラ」 ウワミズザクラ
2011/ 5/ 2付 「木の花 ぞくぞく」 ニワトコ、ニガイチゴ、オトコヨウゾメ
2011/ 5/ 7付 「ミズキ 開花」 ミズキ、白いライラック、コデマリ
2011/ 5/ 8付 「マルバアオダモの花」
2011/ 5/10付 「サワフタギの花」
2011/ 5/18付 「隣町の白い花1」 アオハダ、マルバウツギ、カマツカ
2011/ 5/19付 「隣町の白い花2」 コアジサイ、コゴメウツギ
2011/ 5/20付 「エゴノキの花」 ノイバラ、エゴノキ、エゴノキ、ハリエンジュ、ヤマボウシ
2011/ 5/23付 「白雲木と栃の木」 ハクウンボク、トチノキ
2011/ 5/25付 「ガマズミとネジキ」 ガマズミ、アオハダ、ネジキ、おまけのナツハゼ
2011/ 5/26付 「ウツギ談義」 ハコネウツギ
2011/ 5/27付 「常緑樹に咲く白い花」 シャリンバイ、カナメモチ、クスノキ、シラカシ、スダジイ、ハクチョウゲ
2011/ 5/29付 「競って咲く白い花」 スイカズラ、ノイバラ、エゴノキ、マユミ、西洋イボタノキ、ハマナス
2011/ 6/ 5付 「ウツギとヒメシャラ」
2011/ 6/ 9付 「ネズミモチの生け垣」 ネズミモチ、イヌツゲ、タイサンボク
2011/ 6/15付 「つぼみのその後」
2011/ 6/16付 「ニワナナカマドの花」
2011/ 6/17付 「ナツツバキ開花」 シモツケも


これまでの  シリーズ 木に咲く白い花

2010年版 ↓ この記事から
2010/ 7/ 3付 「リョウブ 開花」

2009年版 ↓ この記事から
2009/ 6/29付 「リョウブの花」

2008年版は ↓ この記事から
2008/ 6/29付 「リョウブの花」

2007年、2006年版は ↓ こちらの記事から。
2007/ 7/ 2付 「リョウブの花」



posted by はもよう at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
最近、アスカちゃんとお散歩している道で
生垣に小さな白いお花が咲いているんですよ。
モチノキのお仲間かなぁ
ネズミモチよりももっと小さなお花です。
フワフワッとした感じで、
お花のつき方はイボタノキみたいです。
こちらでは、今ヤマボウシのお花とそのお花が満開です。
朝早くに白っぽい空気の中で
みあげる白いお花は、とてもしっとりとして清清しくて。
はもようさんなら、いろいろお調べになって
記事になさるだろうなと思いながら眺めています。
Posted by ブリ at 2011年06月23日 12:46
ブリさん、こんにちは。
生け垣ですか、西洋イボタノキ(プリベット)かな?
垂れ下がる感じで咲くお花です。
フワフワッとした感じだと…何でしょうねえ。(’’?)

おお、早朝散歩のヤマボウシ。よさそう。
昨日の晴天の中ではお花も暑そうで、やっぱり雨に濡れている方が
涼しそうで良い風情だなと思ったのでした。

この夏は暑さしのぎに苦労しそうですが、頑張りたいです。
Posted by はもよう at 2011年06月23日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。