2011年06月19日

オオカモメヅルの花

今日はおさんぽに出たら、いつもの公園にイベントが2つも重なって、
ちょっとした賑わいになっていました。人の賑わいにまけずに、雑木林
ゾーンにはきのこが大量発生。いつもとは、ちょっと違うお顔の公園を
いつも通りに元気にウォーキングしてきましたよ。
あと、グリムスの木がまた大人の樹になりました。これで2本目の苗が
地球のどこかに植えられるはず。今度はどんな木になるかな。

さて、今日の記事も6/10に撮ってきた写真から。
何度かご紹介してきたつる性植物。北向きの斜面にからまる仲間も
見てくださいね。

まずは、斜面で何種類ものつるが絡まり合っているところから…。

11_0619_o_kamomeduru1.jpg

ううん、何と何かな。
左の方はタチシオデかな。右に見切れているのはクズの葉で…可愛い
ハート型はイモの葉。オニドコロかな?ヤマノイモかな?






近づいてつるを手に取ってみると、あれ、裏に何か、イモのつるとは違うものが

11_0619_o_kamomeduru2.jpg

ほら、向かい合った葉っぱに、なにやらツブツブしたものが付いています。

ぐるぐる絡まり合ったつるの中にも、なにやら小さいものが…。

11_0619_o_kamomeduru3.jpg

ひっくり返したら、あらまあ、オオカモメヅルのお花じゃありませんか。
ガガイモ科オオカモメヅル属、つる性の多年草。

11_0619_o_kamomeduru4.jpg

写真だけだと、とっても大きいお花みたいですけれど、じつは、
オオカモメヅルの「オオ」の部分が何を指すのか解らないって言うほど、
か細いツルの小さいお花です。

ああ、そう言えば、ガガイモのお仲間らしい葉っぱが見つかったよ。

11_0619_o_kamomeduru5.jpg

他のつる性植物に負けないはびこり力で、小さいながらも今年も元気に
からんでました。

すっごく小さくて見つけるのが大変なんだけれど、宝探し気分で
毎年探しています。

11_0619_o_kamomeduru6.jpg

ちょこっと出会うのには難儀しますが、可愛いお花です。
ユニークぞろいのガガイモ科の例に漏れずこちらも、面白い袋果を付けて
種髪の付いたタネを飛ばします。
草刈り隊に刈られることが多くてなかなか見られないんですけどねえ。




本当は木の仲間だから、違う記事に載せたかったんだけれど、諸事情で
ここに取り上げちゃいます。今年、隣町の公園のテイカカズラ(定家葛)が
ビックリするほど咲きました。

11_0619_teika_k1.jpg

いつも、つるがからんでいるのと、林床に芽が出ているのはたくさん見ても、
なかなかお花までは見られなくて、見えないけれど咲いていないはずもない。
どこで咲いているんだろう?と思っていたんですけれど、今年は目の届く
ところで花盛りです。

11_0619_teika_k2.jpg

ちょこっと暗くてうまくは写せないんですが、嬉しいです。
去年、初めてここで実を見たけれど、今年はこんなにお花が見られるなんて。

2010/10/ 3付 「見てみたかった実」

11_0619_teika_k3.jpg

嬉しいなあ、テイカカズラ、ここでずっと いっぱい咲いててね。
そしてまた、あの、ユニークな実をたくさん見せてくれると更に嬉しいです。





そうそう、帰り道の道ばたで、ガガイモのつるが伸び始めているのも
見かけました。

11_0619_gagaimo1.jpg

今年は工事が始まってしまい、毎年眺めた場所が無くなってしまいました。
真夏に咲く暑苦しい花と真冬に炸裂する実から飛び出す、美しい種髪の
生えたタネを眺める場所をどこに見つけるのかが今後の課題です。

11_0619_gagaimo2.jpg

ガガイモ科の葉っぱ。何だか、どこかしら共通しているところがあって、
草むらにあっても見つけ出すのは容易です。



道路工事が始まって、なんにもなくなってしまった場所にはカナムグラの
群落もあって、毎年、花を眺めたものですが、今年はしかたないので
隣町の公園の一角から見つけ出して撮ってきました。

11_0619_kanamugura.jpg

紅葉みたいな形のカナムグラの葉っぱです。カナムグラ(鉄葎)。
クワ科カラハナソウ属、道ばたや荒れ野に生えるつる性植物。

丈夫なつるに剛毛が生えていて、針金みたいで草むしりする人に嫌われます
が、ビールの香り付けに使うホップと近縁の植物です。




これで つる性植物特集も3回目。

11_0619_turukusa.jpg

さて…いくつ覚えてます?

2011/ 6/11付 「つる草たちの季節」 
      ヤブガラシ、ヒルガオ、サオトメバナ、ヤマノイモ、長芋、
      オニドコロ、アマチャヅル、フジ

2011/ 5/24付 「つる性植物の季節」  
      テイカカヅラ、キヅタ、スイカズラ、クズ、センニンソウ、ボタンヅル、ヤブガラシ、
      ノブドウ、エビヅル、カキドオシ、アケビ、タチシオデ、アオツヅラフジ、ツルウメモドキ


草むらにつる草わんわん絡まり合って。良い季節だなあ。(^^*)
あぁ、まだ、写真に撮っていない、出会っていないつる草があるんですよねえ。
会えるといいな。元気かな。




ブログ内関連ページ:

2011/ 6/11付 「つる草たちの季節」 
2011/ 5/24付 「つる性植物の季節」 

オオカモメヅル
2010/ 6/19付 「定家葛と大鴎蔓」
2009/ 7/12付 「オオカモメヅルとイシミカワ」
2009/ 6/ 1付 「オオカモメヅルなど」
2008/ 7/19付 「つる草の若い実」
2007/ 7/13付 「オオカモメヅルの花」
2006/ 7/11付 「オオカモメヅル」
2009/ 9/ 7付 「実生のツルボ開花」 オオカモメヅルの実と種髪
2005/ 9/14付 「コバノカモメヅル」
テイカカズラ
2010/10/ 3付 「見てみたかった実」
2008/ 7/ 9付 「つるに咲く花 2」
ガガイモ
2010/ 8/16付 「つるに咲く花」
2009/11/21付 「道ばたの秋の色」 綿毛
2008/ 8/30付 「ボタンヅルとガガイモ」 花
2008/ 1/19付 「撮り直し」 綿毛(種髪)
2007/12/26付 「ガガイモの種の毛」
2007/12/ 7付 「霜の降りた地面」 割れた実
2007/11/ 4付 「ノダケなど…」
2007/ 9/26付 「アキノノゲシ、ガガイモ…」
カナムグラ
2010/10/14付 「つるの途中の花と実」
2005/10/11付 「カナムグラのめばな」
2005/ 9/18付 「カナムグラ」






posted by はもよう at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^
テイカカズラの花はよく見かけるんですが実は初めて見ました!
って言うか実のことは意識したことがなかったです^^;
はもようさんの写真を参考に秋になったら忘れず探してみたいと思います^^
楽しみだ〜♪
Posted by zei at 2011年06月23日 13:27
zeiさん、こんにちは。
そう、テイカカズラの実は意外性の固まりなんです。
実が豆のサヤみたいで、中のタネには冠毛が付いて居るんですよ。
これがはじけて散る姿がとっても素敵です。

zeiさんが撮ってくださったら、きっと良い写真になるだろうなあ。
私も楽しみに待ってますので、是非是非、ねらってくださいね。(^v^)v
Posted by はもよう at 2011年06月23日 17:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。