2006年07月12日

北向きの斜面の虫

この記事は、虫ばかり出てきます。
苦手な方は、お花の記事も有りますので、そちらの方だけご覧下さい。

虫のお好きな方は、どうぞ。
できたら、なんて言う名前の虫なのか教えていただけると助かります。

とりあえず、だいぶ大きくなってきたカマキリの写真から。

06_0712_1kamakiri.jpg

この時期、おおきいのは5〜6cmあるし、小さいのは3cmくらいなんですよね。
雄と雌とで違うのかな?
それとも、狩りが上手で栄養状態がいいのと悪いのかな?
ただ単に、生まれた時期が違うのかな?なんて、
カマキリひとつとっても解らないことがいっぱいです。

「隣町の公園の北向きの斜面」には、虫がたくさん住んでいます。
ちょっと見にいっただけで、ほら、ハート形の葉っぱの上にとまっているのは、
3cmくらいの渋い柄のカミキリムシです。

06_0712_2kamikiri.jpg

ちょっとずんぐりさんで かわいいな。

追記「舞岡公園の自然」のひろしさんに 教えていただきました。
サビカミキリの一種、たぶん「アトモンサビカミキリ」みたいですって。
不鮮明な写真ですもの。手がかりだけでも有り難いです。(^^)





こちらは、あちこちのブログでお目にかかってたサシガメでしょうか?

06_0712_3sasigame.jpg

こんな虫、見たこと無いやと思っていたのに、いきなり出くわしちゃってびっくりです。
カッコいいけど、サシガメって…刺すの?痛いの?触んないでおこうっと。

追記
こちらは、「シマサシガメ」ですって。他の虫の体液を吸い取るんですって。
ドラキュラみたいですね。






地面にはこんな虫。主婦の嫌いなアレじゃないですよ。

06_0712_4sidemusi.jpg

これは幼虫なので、普通の昆虫図鑑には載っていないことが多いのですが、
森の掃除屋さん、シデムシの幼虫らしいです。
死骸を食べてお片付けしてくれるので、踏んづけないように願います。
もっとも、逃げ足が速くて、簡単には踏んづけられませんがね。

追記
「オオヒラタシデムシ」の幼虫ですって。





ムラサキシキブの仲間の木が、たくさん生えてもいるこの場所には、
それを食べるイチモンジカメノコハムシも、たくさん住んでいます。

こんな虫が居るとは にわかに信じられない クリアボディにゴールドの光沢。
だからうんと虫っぽいアングルをねらってみました。

06_0712_5kamenoko1.jpg

はい、枝をトコトコおさんぽ中を、↑真横からです。


ごちそうの上で↓しばしの休息。ね。いっぱい居るでしょ。

06_0712_6kamenoko2.jpg

前回記事にしたときに、この虫の前回記事にしたときに、この虫の
幼虫とサナギがとっても変わっているのを知りましたので、探してみました。

web上で幼虫図鑑を見せて下さってる方の該当記事です。
写真がすごく大きいので、苦手な方はクリックしちゃダメですよ。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/itimonjikamenokohamusi.html


写真、左上の四角の中、ゴミみたいなのが、どうやらソレのようです。
これはね、サナギです。で、黒いところは、カモフラージュ用の自分のフン。
webで検索して見つけた姿と同じです。

もうちょっと拡大してみたいですか?
ここに置いておきますが、苦手な人は通り過ぎた方が無難ですよ。

06_0712_7kamenoko3.jpg

でも、お嫌いじゃなければ、すごく精巧で、良くできたボディですので、
是非一度、クリックしていって下さいね。




最後は、う〜ん、何の仔かな?

06_0712_8kirigiris.jpg

大きなバッタ足、でも短い体は、肉食系かな?
キリギリスの仲間?…にしては、やさしい顔だし…。
幼虫なので、これも探すのは難しそう。
でも、なんだかとっても綺麗な虫でした。


追記
「アシグロツユムシ」の若令幼虫ですって。足長さんで可愛いですよね。
虫の名前が分かって嬉しいです。ひろしさんありがとうございました。(^^)



動かない花でも なかなかピントが合わないので、
すぐに逃げちゃう虫を撮るのは難しいです。
それでも、オトコ兄弟の中で育った私は、結構、虫が好きなんですよ。
また、運良くフレームにおさまってくれたら ご紹介しますね。(^^;)

ここまでおつき合い♪ ありがとうございました。



ブログ内関連ページ

2006/5/11付 ジンガサハムシの仲間


posted by はもよう at 17:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん ごぶさた!

「鳥なき里の蝙蝠」とばかりに、同定できるか がんばってみました。

カマキリはわかりません。
写真2、サビカミキリの一種、たぶん「アトモンサビカミキリ」かな?
写真3、「シマサシガメ」です。他の虫の体液を吸い取るそうです。
写真4、「オオヒラタシデムシ」の幼虫です。
最後、「アシグロツユムシ」の若令幼虫です。

間違いないとは思いますが、念のため検索サイトで確認してくださいね。
Posted by ひろし at 2006年07月12日 18:53
ひろしさん、こんばんは。

わぁ、不鮮明で小さい写真なのに、ありがとうございます。
カミキリムシって好きなんだけど、種類がすっごく多いんですよね。
「アトモンサビカミキリ」ですか…。φ(._.)ふむふむ
サシガメは「シマサシガメ」ですね。あ、ヨコヅナ…は赤いところがあるんだ。
黒いのは「オオヒラタシデムシ」でしたか。
私こういうのずっとマイマイかぶりの幼虫だと思っていたんだけど、
検索していてシデムシの幼虫の方に似ているなと思ったんですよね。
最後のこの可愛い子「アシグロツユムシ」の幼虫なんだ。
綺麗ですっごくお気に入り。名前が解って嬉しいな。
ありがとうございました。(^▽^)ノ
Posted by はもよう at 2006年07月12日 20:40
こんばんは。
知っている虫、知らない虫、いずれも名前はチンプンカンプン・・・(笑い)。
>黒いのは「オオヒラタシデムシ」でしたか
おもしろい虫だと見ていましたが、よく芝生をはい回っているようです。
Posted by nakamura at 2006年07月12日 22:13
nakamuraさん、おはようございます。
ね、私も、たぶん○○の仲間…っていうくらいで満足していたんですが、
やっぱりwebで詳しい方のコメントを頂けるかもと思うと、つい欲が出ちゃいます。
何日覚えていられるか解りませんが、
教えていただいた名前を 一生懸命覚えておこうと思います。

オオヒラタシデムシの幼虫、面白いでしょう?
マイマイかぶりの子もよく似ているんですが、あっちの方がどう猛そうなんですよね。
今度芝生で見かけたら、思い出してくださいね。(^^)
Posted by はもよう at 2006年07月13日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。