2011年05月23日

白雲木と栃の木

今日は日中曇りで、夜になってから雨になりました。気温がぐっと下がって
肌寒いくらいです。雨が降るだろうと家の中で体操したけれど、結局日中は
降らなかったならおさんぽに行けば良かったなと思いました。

5/21にあんまり気分が良いからちょこっと足を伸ばして、いつもは行かない
少し遠くの公園へ行ってきました。今までは自転車でしか行ったこと無かった
けれど、最近せっせと歩いているのと近道を見つけたのとで、久しぶりに
行ってみる気になったんですよね。その公園にはこの辺では、ここにしかない
と言う木があります。それが

11_0523_haku_unboku1.jpg

エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木、ハクウンボク。






大好きなエゴノキの花が穂になって、大きな木いっぱいに白い雲のように
咲いているんですよ。夢のようでしょ。(〃▽〃)〜♪

11_0523_haku_unboku2.jpg

山野に生え、高さ6〜15mになる落葉高木。別名は大葉ヂシャ。お花の穂は
10〜20cm程。葉も10〜20cmで円形。ふちにわずかな鋸歯がある。


お花が咲くのがエゴノキよりちょっと早め…、と言うことは、あちこちの
エゴノキが満開の今はちょこっと時期を逃してる…うわ、咲いてるかな?
心配しつつたどり着くと…地面が真っ白になるほどお花が散ったあとでした。

でも、ちょこっとだけ残っていたので、状態の良いお花を選んでパチリ。

11_0523_haku_unboku3.jpg

ね、お花のひとつひとつはエゴノキそっくりでしょ。このあと出来る実も
そっくりなんですよ。

11_0523_haku_unboku4.jpg

葉っぱが大きいなあ。丸いなあ。
お花も多いし、葉っぱも大きいし、エゴノキよりずっと背が高くなります。
東アジアの広い地域に分布して居るみたいですが、けして、在来種の外国版とか
観賞用に改良した園芸種と言うわけではないようです。
こんな木にお山で出会えたら嬉しいだろうなあ。

野生の木がどこに生えているのかは解りませんが、大きな公園には植栽されて
いるかもしれません。私は昭和記念公園で見かけました。

それから、お釈迦様が亡くなるときに近くにあった木になぞらえて、お寺にも
良く植えられるそうです。数は少ないけれど街路樹になっていると言う記述も、
web検索で見かけました。ハクウンボク並木 ♪ ゴージャスだなあ。(^^*)
是非、たくさんの方に知っていただきたい様な素敵な木です、ハクウンボク。



さて、同じ公園には大きなトキノキもあるんです。
3年前の記事にもしていますが、どうしても強剪定されがちな街路樹と違って
のびのび枝を伸ばす大木を見るのは良い気分がするものです。

11_0523_totinoki1.jpg

そう思って写真を撮ってきましたが、ブログ用に写真を準備して、参考までに
過去記事を見てあらまとビックリ。

用意した写真、3年前とほとんど変わってません。
まあ、それだけ変化がなかったと言うことは良いことなんですよ。

11_0523_totinoki2.jpg

豪快な樹形、大きな掌状葉、そしてこれでもかってくらい たくさん花が咲く花穂。

11_0523_totinoki3.jpg

蜂蜜もたっぷり採れるし、秋に実る実はあく抜きこそ大変だけれど、栃餅など
にして美味しく食べられます。

11_0523_totinoki4.jpg

そうそう、前日に、とある公共施設の大きな玄関前にベニバナトチノキと
トキノキが並んで植えられているのを見つけました。
大物同士のまさにビックなツーショットをカメラにおさめてきましたので、
最後に見てください。

11_0523_totinoki5.jpg

いつもおさんぽしている公園のベニバナトチノキはそんなに大きくなかったけれど
ここのは大きかったです。やっぱり、大きくなるトチノキと一緒だと、おおらかに
育つのかしら。(^m^)





ブログ内関連ページ:
ハクウンボク
2008/ 5/16付 「ハクウンボクの花」
トチノキ
2010/ 5/20付 「エゴノキ 開花」 
2008/ 5/17付 「トチノキの花」
2007/ 5/11付 「ハリエンジュとトチノキ」


今年の「木に咲く白い花」
2011/ 4/30付 「名残のヤエザクラ」 ウワミズザクラ
2011/ 5/ 2付 「木の花 ぞくぞく」 ニワトコ、ニガイチゴ、オトコヨウゾメ
2011/ 5/ 7付 「ミズキ 開花」 ミズキ、白いライラック、コデマリ
2011/ 5/ 8付 「マルバアオダモの花」
2011/ 5/10付 「サワフタギの花」
2011/ 5/18付 「隣町の白い花1」 アオハダ、マルバウツギ、カマツカ
2011/ 5/19付 「隣町の白い花2」 コアジサイ、コゴメウツギ
2011/ 5/20付 「エゴノキの花」


これまでの  シリーズ 木に咲く白い花

2010年版 ↓ この記事から
2010/ 7/ 3付 「リョウブ 開花」

2009年版 ↓ この記事から
2009/ 6/29付 「リョウブの花」

2008年版は ↓ この記事から
2008/ 6/29付 「リョウブの花」

2007年、2006年版は ↓ こちらの記事から。
2007/ 7/ 2付 「リョウブの花」






posted by はもよう at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、またお邪魔しちゃいます^^
ハクウンボク・・・どこかで聞いたことがあるのですが、
こんな木だったんですねぇ。
本当にエゴノキの花にそっくりですね!ポイントは花の付き方と葉の形・・・
これはまたまた探して歩く楽しみが増えました♪ありがとうございます。

ユリノキの花も以前歩いた道沿いに、きのう車で通りかかって見付けて大興奮しました。
近いうちにカメラをもって行きたいなと目論み中です^^

先日はコメントへのお返事、さっそくいただきましてありがとうございました。
ハカセご飯、おかげさまで皆さまに好評なんです(笑)。
ぜひぜひお役に立ててくださいね〜^^
Posted by SHU at 2011年05月23日 23:01
SHUさん、こんにちは。
はい、ハクウンボクは素敵な木です。
今年のお花はもう終わっちゃったかもしれませんが、
もしもエゴノキ好きなら、是非一度、見てみていただきたいお花です。

おお、ユリノキ、早速発見ですね。
そうなんです、意外に身近に植えられているのに、
その上あんなにユニークなのに、
なぜか見過ごされやすいのがユリノキです。
ユリノキ発見 ♪ おめでとうございますと言わせてください。(^^)
Posted by はもよう at 2011年05月24日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。