2006年07月02日

アカメガシワの花

いやぁ、蒸し暑いですね。
もう熱帯夜の続く季節がが始まったのかと、気象情報を確認しちゃう毎日です。
…辛うじて、最低気温22〜3度まで下がっていますが、もうすでに 
とっても寝苦しいです。(><)

しとしと…じゃなくて、ムシムシになった梅雨の後期。
アカメガシワの花が盛りを迎えています。

06_0702_a_gasiwa1.jpg

黄色いポンポンが華やかに並ぶ雄株の花。


覚えていらっしゃるでしょうか。
アカメガシワは春先にスウェードの手袋のような芽と、真っ赤な芽吹きを眺めた木です。



一般的な花の概念を裏切るのが得意なトウダイグサ科の一員。
どんな個性的な姿を見せてくれるかなと思いつつ、花盛りの木を尋ねてみました。

意外って言っちゃ失礼ですかね。綺麗な花でした。

06_0702_a_gasiwa2.jpg

1cmから1.5cmくらいの黄色いポンポンを 円錐形の穂にいっぱい咲かせていました。
虫たちにとっても人気があるようで、ハチやチョウ、ハナムグリなどが夢中でしがみついていました。

彼らの足にけ落とされたのか、地面は散った花ガラでいっぱいでした。

06_0702_a_gasiwa3.jpg

これが おばなひとつ分です。可愛いでしょ。

下の方の枝にはまだ、つぼみも付いていました。
つぼみのそばの若葉が、もう赤くないのが印象的でした。

06_0702_a_gasiwa4.jpg

赤い葉がひとつもないわけではないのですが、赤くない葉も増えました。



ちょっと足を伸ばして、雌株も見てきました。
実は、写真に撮った雄株のそばにも、トゲっぽい実の写真を撮った雌株が有ったのですが、
下枝をすっかり刈られてしまったので、もう少し遠くへ行かねばならず、
記事を仕上げるのに時間がかかってしまいました。
雄花が咲き始めたのは、6月20頃のことでしたから。



雌株の花は、こんな感じ。

06_0702_a_gasiwa5.jpg

めばなの穂は おばなほど大きくはなく、花もたくさんは咲きません。
たいていのめばなで思うことですが…、たくましくてちょっと地味ですね。



近づいてよく見てみましょう。

06_0702_a_gasiwa6.jpg

私のもっている図鑑には、めばなの花柱は紅色って書いてありましたが、
この花のは黄色です。
赤みの薄いのもあるのかな?
日がたつたら赤くなるのかと思って今日まで待ってみましたが、
どうやらならないようです。

06_0702_a_gasiwa7.jpg

はてな?ひとつ つけたままでご紹介します。
図鑑の記述だと、
めばなの『3個の花柱は紅色でそりかえる』そうです。(^^;)



里山ではおなじみの木、アカメガシワ(赤芽槲)。
葉っぱで食物を包んだり、薬、肥料、染料に利用したり、
ものすごく 利用されてきた木なんですね。
今度見かけたら、お礼言っとこうと思いました。

お世話様、アカメガシワの木。(^^)/



ブログ内関連ページ:

アカメガシワ
2006/3/3付 身近な木の芽 その4
2006/4/5付 木の芽いろいろ その2
2006/4/28付 街中で見かけた山の木達


posted by はもよう at 21:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
今、山間の道路を走ると、非常によく目立っています。雄花ばかりで、雌花はよく見えませんが、はもよう研究室は親切です・・・(笑い)。
Posted by nakamura at 2006年07月04日 00:44
線路のわきとか草むらとかにあって、草にしては大きいし、木にしてはいきなりはえてたり。草なのか木なのか?だったんです。木ですか。
もしかしたら全く別のことを言ってるのかも。若葉は赤いんですけど・・・
Posted by こぐま at 2006年07月04日 02:18
nakamuraさん、こんばんは。
あ、やっぱりそちらでもおばなは目立ってますか?
めばなの花の穂は目立ちませんよね。(^^)
そう言えば虫も少なめでした。ちゃんと受粉できたのかな?

おお!うちは研究室ですか?!
じゃあ、もっともっと頑張らないと名前負けしちゃいますねぇ。(^^A)
Posted by はもよう at 2006年07月04日 23:38
こぐまさん、こんばんは。

そうですね。
この木は、突然 芽を出して、あっという間にニョキニョキ伸びるのが得意です。
他にも同じような伸び方をする木は何種類か有りますが、
この花が咲いていたら、アカメガシワですね。
Posted by はもよう at 2006年07月04日 23:45
始めまして、変な花を付けた木を見つけ、このきなんのきでアカメガシワと教えられました。いろんなブログで見るとどうも違うんです。明日投稿しますのでご覧願いますか?
Posted by ヤマユリ山 at 2006年07月31日 13:39
ヤマユリ山のIMAさん、はじめまして。
「このきなんのき」の投稿も見てきました。
投稿された写真の方が、私の記事のよりずっと図鑑どおりで、
とっても正しい”アカメガシワのめばなの写真”のように思います。

記事にした木がこの後どうなったのか、見に行かれなくて確認できないのですが、
上↑の状態のめばなが、
ヤマユリ山さんが投稿された写真のようになって、
さらに変化して、
柔らかいトゲに覆われた実になるんだろうと想像しています。
↑私はまだ研究中。見たわけじゃないんですよ。


アカメガシワのめばなは変化が大きくて、表情豊かなのが魅力的です(^^)。
私もタイミングが合えば、その様子を記事にしたかったんですが、
今年は無理のようなので、来年また、挑戦しようと思っていたところです。

ヤマユリ山さんは、その変化中の花に会えたんですね。
うらやましいです。よかったら、その後の様子も教えてくださいね。
来年の参考にしますから♪

コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
Posted by はもよう at 2006年07月31日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。