2011年05月16日

西洋オダマキと野茨

今日は午前中を中心に爽やかな晴天でしたので、自転車出して大急ぎで、隣町の
公園をぐるっと一周してきました。その時の写真はまたあとでご紹介します。
午後からは雲が出て、お天気はゆっくり下り坂だそうです。今日はカーテンが洗えた
けれど、明日は雨かな?うちの方。('、'?)

さて今日は、我が家の鉢植えの近況を見ていただきましょう。前回4/8の記事のお花に
代わって今の主役はセイヨウオダマキ。長く悩まされてきたハダニの退治法が解って
元気を取り戻し、今年はお花がいっぱい咲いています。

11_0516_s_odamaki1.jpg

まずは淡いピンクのつぼみから。






セイヨウオダマキは、実家の母にもらったタネから育てたお花です。ブログ開設当時
ですから、かれこれ6年のお付き合いになります。

2005/11/28付 「セイヨウオダマキの苗」

今、改めて過去記事を見て、実家で見た花と、全然、違っちゃっていることに
気づきました。でもまあ、毎年 綺麗に咲いてくれるんだから文句はありません。

11_0516_s_odamaki2.jpg

紫の方もたくさんつぼみが付いてます。お花が散ると、タネを作らせる暇なくさっさと
切ってしまうので、悔しがっていっぱい咲いてくれます。

お花を育てるって…可愛がるときといじめるときがあるんですよね。最近それに気づき
ました。生かさず殺さず…(^^;) 時代劇の悪代官の気分です。

11_0516_s_odamaki3.jpg

それと、ハダニ対策ですよねえ。
まずは、葉っぱが傷むのを見ても原因が分からないところからのスタートでしたから。

なんシーズンか眺めてやっと、うちのオダマキの葉っぱが汚くなるのはハダニのせい
って解って、じゃあどうするか?
守りたいのは繊細な草の葉っぱ。下手に触ると葉っぱの方が傷むし、敵は極小で多数。
どうやったら撃退できるのかよく解らなかったんですよね。

でも去年、ハダニは水に弱いことが解って、ついでにあまりの酷暑で熱中症対策用
としてドライミストスプレーという、あんまり濡れすぎない霧吹きが売り出されたのも
幸運なところで、これが効きました。葉っぱが傷まない程度に軽く、でも小さい
ハダニ退治には十分効果がある程度に水滴が 葉裏にまんべんなく付いて。

おかげでセイヨウオダマキはすっかり元気になって、今年はこんなにお花が付きました。

11_0516_s_odamaki4.jpg

例年だと花数の少ないピンクの株にもこんなにいっぱいお花が付きました。
ほんっとに、ドライミストスプレー ♪ 様々です。



ノイバラの方も咲き出しました。道ばたのひょろひょろの苗を引っこ抜いてきて育て
始めて3年めで花が咲いたのが5年前。なんだかんだでもう8年のお付き合いです。

ふつうのお花は白いのに初めて咲いたのがベビーピンクだったので、ビックリしたり
喜んだりしたんですよ。

2006/ 5/12付 「鉢植えのノイバラ」

でもね、どうも最近、他所の株見て思うんです。
弱っている株の花に、ピンクがかったのが多いんじゃないかって…。(^^;)

11_0516_noibara1.jpg

5/10から咲き出しましたが、↑ これは5/11に咲いた二番目の花。
相変わらず、ピンクです。
SOSの花の色なのかもしれないけれど、写真に撮るとやっぱり可愛いなあ。


ここのところ、アブラムシやうどん粉病にかかって、葉っぱをむしったり、枝を
切りつめたりすることも増えたし、一昨年、花が咲かなかったりしたのも
株が弱っているからじゃないかなって…。

11_0516_noibara2.jpg

で、冬の、虫たちの少ない時に枝を切りつめないで、少しでも栄養を蓄えてもらって
この春を迎えたんですが、やり過ぎじゃないかと思うほどつぼみを付け、今まででも
小さめだったお花がまた一段と小さくなっちゃいました。

11_0516_noibara3.jpg

もしかして、たくさんのつぼみを付けたのは、我が家の環境が気に入らないから、
実を付けて、鳥さんにタネを運んでもらって他所へ逃げ出したいのかなあ…なんて
思ったりもして…。

11_0516_noibara4.jpg

でも、ノイバラなんて、野原のあったら結構の大株になる植物ですからね。
要求通りに育てていたら鉢植えなんかじゃ間に合いません。

やっぱり、お花育ては、生かさず殺さず悪代官の気分で…かな。
ふふふ…、それでも可愛いうちの鉢植え、ノイバラちゃん。

つぼみいっぱいのやる気を買って、今年は赤い実をたくさん付けてもらおうかな。
悪代官も悪代官なりに頑張るからね。(^m^)



グリーンカーテンにしようとタネを蒔いた朝顔は順調に芽を出しています。

11_0516_asagao1.jpg

朝顔の双葉、久しぶりに見たな。懐かしいなあ、可愛いなあと思ってまた、
なんちゃって連続写真に仕立ててみました。

いろんな段階の双葉を連続写真のように並べただけなんですけれど、こんな風に

11_0516_asagao2.jpg

土から出てきて…タネの殻を脱いで…双葉を立てて…パッと開いて…
と思うとその双葉の足元から別のタネが芽を出して…またよっこらしょっと頭を
もたげて…っていう 無限ループみたいな連続写真になりました。

今、半分くらい芽が出てます。蒔いたタネのうち、いくつ芽吹いてくれるかな。
楽しみです。



5月の我が家オールスターズはこんな感じ。

11_0516_allstars.jpg

今後のお楽しみは油点草らしさが出てきたまだら葉っぱのヤマジノホトトギスと
ツンツン芽が出てきたカラーのお花ですね。
カラーは去年もお花が咲かなかったから、今年は期待して居るんです。




ブログ内関連ページ:

2005/11/28付 「セイヨウオダマキの苗」
2006/ 4/27付 「我が家の鉢植えたちのその後」
2006/ 5/12付 「鉢植えのノイバラ」
2008/ 6/15付 「カラーの花 開花」





posted by はもよう at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。