2006年06月30日

ニワタバコ

2006年の7月のご挨拶をHPに飾っておきました。
失敗写真も無駄なく利用♪ 環境に優しい仕様のカードです。←うそっ(^^;)



昨年(2005年)の6月のカードにも使用しました。
毛深くて、水滴がビーズのように並んで宿っていた葉っぱ。
あの葉っぱの持ち主が今回の主役、ニワタバコです。

皆様になじみ深い呼び名を使うなら、ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)。

06_0630_b_mozuika1.jpg


最近、道ばたや荒れ地で、邪魔にされてる嫌われ者2種類をご紹介。
不快指数が上がっても知らないよ(^^;)な、記事のふたつめですよ。



去年のweb日記の記述をそのままコピーすると…、



ゴマノハグサ科、モウズイカ属。ビロード(天鵞絨)モウズイカ(毛蕊花)

全身ビロードのように毛深く、おしべ・めしべ(蕊:ずい)まで毛むくじゃらな花…と
言う程度の名。

ヨーロッパから明治の頃、園芸用に持ち込まれたものが、庭園から逃げ出して
野生化しているのだそうです。
暑かろうが寒かろうが構わず繁殖しますが、水分が多いところは苦手だそうです。
手入れの行き届いたお庭は、あんまり居心地がよくなかったのかもしれません。
荒れ地にその巨体を表し、じわじわと増え続けることから、
一部地域では 迷惑がられてもいるらしいです(><)。




…って言う花です。庭園に植えられていた頃の名前が「ニワタバコ」。
大きくなりますよ。立派ですよ。
ちょっとしたモニュメントになっちゃいますよ。

春先ですでに 直径50cmくらいのロゼットになっています。

06_0630_b_mozuika2.jpg

あれよあれよのうちに伸びて、簡単に人の背丈を超えます。

06_0630_b_mozuika3.jpg

葉も茎も、つぼみも、花の中のしべさえも毛深くて、
梅雨時に黄色い花を咲かせます。

06_0630_b_mozuika4.jpg

特に毛深いのは5本あるおしべのうちの 短い方の3本。
この3本には青っぽい毛がたくさん生えているそうですが、
何故かは、まだよくわからないようです。




実はこの花、今まで近所では見たことがありませんでした。
とある庭園に 芽は出るのですが、管理人さんにすぐに刈り取られ、
おびただしい数の芽と刈られ後…という、
静かな攻防戦の痕跡しか 見たことがなかったんですよ。

ところが、(そんな苦労を知っているのか知らないのか、)ちょっと離れた場所で
花だんの花として 育てているのを、この間、初めて見つけちゃったんです。
花の写真が撮れましたので、改めて記事にまとめました。




会いたいですか?綺麗ですか?ビロードモウズイカ。

06_0630_b_mozuika5.jpg

故郷はヨーロッパ、地中海沿岸。荒れ地が好きですよ。大きくなりますよ。
webで調べると、殖えすぎて困っている自治体あり、
ハーブとして紹介している人あり、お庭のシンボルとして大事に育てている人あり、
様々です。

私ですか?
そうですね。地中海を旅したときには、是非、お会いしたい♪と言っておきましょうか。
高温多湿の日本では、さぞや住みにくいでしようね。


posted by はもよう at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去年、ご近所の庭に咲いているいて名前を覚えました。
そして昨年の今頃、車に乗せてもらって中央高速を走っていたら、道路際のところどころで咲いていてびっくりしました。
今年は瀬谷駅前の道路際でも咲いていました。
たくましいですね。
Posted by 横浜のおーちゃん at 2006年06月30日 14:24
おーちゃんさん、いらっしゃいませ。
あ、そうですね。
道ばたや中央分離帯に生えているのもよく見ますね。
乾燥気味な方が生育には適しているらしいので、
道路とは相性が良いのかもしれません。

今日見にいったら、一枚目の写真の
道ばたの株は根元から刈り取られていました。
でもそのまわりにはすでに5〜6個のロゼットが並んでいました。
たくましいです。
Posted by はもよう at 2006年07月01日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。