2006年06月30日

鬼のようなアザミ

今年の春先、道ばたのロゼットを眺めて、あーだ、こーだ言ってた記事の中に、
猛烈にトゲまみれなロゼットがありました。
トゲと言えばオニノゲシくらいしか思いつかなかったのですが、
そんな生やさしいものじゃないだろうって言うくらいのトゲトゲしさ。
その上、オニノゲシでは考えられないほどの毛深さ。

06_0630_a_oniazami1.jpg

一体なんて言う草なのかな?ずっと不思議に思っていたら、
ここにも時々コメントを残してくださる混沌さんのブログで、
同じ姿を発見しちゃいました。



最近、道ばたや荒れ地で、邪魔にされてる嫌われ者2種類をご紹介。
不快指数が上がっても知らないよ(^^;)な、記事が続きますよ。




このトゲまみれの草の名前は「アメリカオニアザミ」。
「アメリカ」と付いては居ますが、故郷はヨーロッパ。

06_0630_a_oniazami2.jpg

いたいけな芽生えたてで、あのトゲっぷりでしたから、
つぼみの時期になれば、ますますですよ。
ね、トゲ一本一本が研ぎすまされているんです。
喰われてなるものか〜っ!のオーラを感じますね。

荒れ地に生える植物らしく、
住宅地で発見されるときは、ちゃんとした土のある場所じゃなくて、
塀とアスファルトのすきま…みたいなところに無理矢理生えるようです。
全然違う街なのに、混沌さんが見たのと私が見たのは、
同じような場所に生えてますもの。

06_0630_a_oniazami3.jpg

殖えすぎて問題になっているのは、北海道の牧場でのこと。
涼しいところが好きなのか、
はたまた、牧草の種に混ざって来るのかは はっきりしていないようですが、
これが殖えちゃうと、家畜たちが安心して草を食べられないのだそうです。

06_0630_a_oniazami4.jpg

これが開花直前のつぼみです。
白い毛が絡み合って、丸い玉のように見えますが、その部分の直径が
4cmくらい…までは見届けました。

この後、踏まれたのか、なにかがぶつかったのか、
このアザミは茎が折れて倒れてしまいました。

06_0630_a_oniazami5.jpg

あんなにトゲまみれで、茎も太くて大きかったのですが、
一度折れると もろいようで、あっという間に枯れてくしゃくしゃになっちゃいました。
アザミには見えない大きな花も、羽毛状と紹介されている大きな綿毛も
見てみたい気が…しないでは なかったのでですが、
幸か不幸か、叶わないこととなりました。


花が咲いている画像は、混沌さんのブログで見られます。
アメリカオニアザミ開花

蓄えた養分のほとんどを種に託してしまうのか、花をつけたら枯れてしまうそうです。
退治には開花直後の草刈りが有効…とか何とか書いてあるwebページも見かけました。



会いたいかな、会いたくないかな。
黄色いトゲと銀色の毛、なかなか綺麗ではあったけれど…。
ピンクの大きなアザミの花も、咲いたら綺麗だったかな。
でも、やたらに殖えたらイヤだな。痛そうだし。
…なんて思いながら歩いていると…あ゛、公園の芝生に見覚えのある葉っぱ発見。(−−||)

06_0630_a_oniazami6.jpg

え〜、やっぱり、会いたくないです、ほんとはヨーロッパ出身のアメリカオニアザミ。
トゲトゲしいにもほどがあります。


混沌さん、TB飛ばしておきますのでよろしく〜。(^^)/
また教えてくださいね。←をいっ!




ブログ内関連記事:
2006/2/9付 ロゼットいろいろ


今回お世話になった
混沌さんのブログ 「庭の観察」
 注:虫とカエルが大嫌いな人は↑クリックしてはいけません。


posted by はもよう at 11:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アメリカオニアザミの種子など
Excerpt: 毎週金曜日の定点観測。1週間のお楽しみ。縦にはさらに少し大きくなり、花がいくつも咲いてきた。先週できていた綿毛のところ、まだ残っていたので、羽毛(?)を無理やり引っ張って種子を取り出した。そのうちの一..
Weblog: 庭の観察
Tracked: 2006-07-08 01:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。