2011年05月06日

ゆらり チゴユリ


3日も続いた祝日が終わって、平日の今日は曇天。我が家の学生さん達は登校
していきました。ひさしぶりに一人残った私は、いつもの公園へ行って、
みっちり歩いてきました。運動して体力付けておかなくちゃ、思いっきり
省エネモードの夏を乗り切れませんからね。(^v^*) 地味に頑張ろう。

さて、今日の記事はGW1日目の4/29に隣町まで行ったときの写真から、まだ
ご紹介していない草花の写真を集めてみました。

11_0506_m_tutiguri.jpg

1枚目は4/17の記事にはつぼみしか載せられなかったミツバツチグリ。

黄色くてちっちゃいお花はヘビイチゴくらいですが、茎の先が枝分かれして
一度に何輪も咲くところが違います。そして、イチゴのような実は付きません。







2011/ 4/17付 「北向きの斜面の春の花」

4/29、散ってしまうんじゃないかと気になっていたのは 木の花だけでなく
草の花にもありました。大好きで今年も会いたかった花。今年もちゃんと
カメラにおさめることが出来ました。

11_0506_t_siode1.jpg

まずはタチシオデ。

木陰でお日様の光を浴びて、光っているように見えますよ。

タチシオデはユリ科シオデ属。花の頃までは茎が「立つ」タチシオデと
芽を出すそばから、巻きひげをのばして他の木や草にからみつくシオデの2種があり、
両方とも、若苗はアスパラガスのような風味の 美味しい山菜になるそうです。

そう言えばこの日、実際にシオデの芽を集めているおじさまをお見かけしました。
今夜の酒の肴ですかねえ?(^m^) 根こそぎにはしないでね。

緑色の花火みたいな形の可愛らしいお花です。

11_0506_t_siode2.jpg

葉っぱは薄くてツヤなし、若干柄が長め。
日陰好きなので、写真に撮りにくいところに咲いてます。
タチシオデのお花は春の終わり、シオデのお花は夏に咲きます。
たぶんシオデもあるはずですが、夏はこの辺、蚊の天国になっちゃっていて
近づけないので写真に撮ったこと無いです。(^^;)←根性なし

こちらはめばな咲く、メスの株。

11_0506_t_siode3.jpg

秋に実る実は、黒っぽくてちょっと粉をかぶっています。
シオデの実はつやつやなんですけどね。

おばなの方が華やかだし、数もたくさん咲きますね。

11_0506_t_siode4.jpg

花びらが強く反り返らないのもタチシオデの特徴。
素直にまあるい花火の形に開きます。

地味だけど今年も会えて嬉しい野の花、タチシオデ。来年も会えますように。



もう一種、是非会いたかったのは斜面の清楚なおチビさん。チゴユリの花。

2008年に気づいて、もう4度目のお目見えです。時期を逃しちゃってないかと、
気が気じゃないまま、去年出会った場所へ急ぎました。

11_0506_tigoyuri1.jpg

咲いてましたよ、白い花。今年も会えて嬉しいな。

『ユリ科アマドコロ属、山野の林内に生える高さ20〜35cmの多年草。』
可愛い姿をお稚児さんにたとえて 稚児百合。はい、今年も可愛いです。


葉っぱといい花といい、完璧なプロポーション。綺麗ですよねえ。

11_0506_tigoyuri2.jpg

お仲間のアマドコロやナルコユリは花だんに植えられるもの有るけれど、
チゴユリはさすがに小さすぎるのかな、花だんでは見ないですね。
黒い実もなるけれど、主に地下茎で増えるみたいだから、育てるのは難しい
のかなあ。可愛いのに。


クサイチゴと一緒の所も撮りました。ほら、左側にうつむいているでしょ。
このくらいの大きさの草です。葉っぱの開き方が優雅で素敵ですね。

11_0506_tigoyuri3.jpg

長めの柄の付いた直径3cmあるかないかのお花は、下からのぞき込むと
こんな感じ。

11_0506_tigoyuri4.jpg

先が3つに分かれためしべと黄色いヤク(葯)の付いた6つのおしべ。
ここは夏のうちにものすごく草が茂って、何度も草刈り隊が通るところ。
コロンと丸い黒い実も見ては見たいけれど、なかなか見つかりません。

でも、お花に会えて良かった。来年の春も、そこで咲いててね。



お気に入りの観察スポット、たとえば今回の 隣町の公園と裏の北向きの斜面でも
毎年少しずつ状況が変わっています。何年も会えてたお花が無くなったり、
何度も見たはずの場所に、見たこと無いお花が咲いたり…。

新しい出会いは嬉しいけれど、お別れは哀しいです。
記事にはしていませんが、毎年のように追いかけていた植物が根こそぎにされた
場所もありますし、数が減って見られなくなることもあります。

昔、里山と言われた場所で、昔の名残を追いかけている以上しかたのないことかも
しれませんが、幸か不幸か不景気で都市化の波も穏やかになってきたことだし、
里山の名残探し、もう少し遊ばせてください。お願いします。(^人^)







ブログ内関連ページ:

2011/ 4/17付 「北向きの斜面の春の花」

タチシオデ
2010/10/14付 「つるの途中の花と実」 タチシオデの実
2010/ 5/ 3付 「タチシオデと猿捕り茨」
タチシオデ
2008/ 5/15付 「タチシオデの花」
2006/11/17付 「シオデの実など」
2006/ 5/ 1付 「タチシオデ」
チゴユリ
2010/ 4/26付 「チゴユリ 開花」
2009/ 4/27付 「チゴユリなど」
2008/ 4/23付 「チゴユリ」





posted by はもよう at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。