2011年05月05日

ピン・オークの花

カレンダー通りなら、今日がGW最終日ですか? まあ、一日行ったらまたすぐに
週末のお休みですけど。今日はこどもの日。ああ、すっかり忘れてた、柏餅。
でも、一回は食べたからいいっか。(^^A)←ひどい。
今日は一日あいにくのお天気。息子も部活がお休みで珍しくみんな家にいるけど、
てんでにまったりのんびりしています。主婦業も開店休業状態。
こんな日には、ちょこっと時間を使ってマニアックな記事を打っておこうかな。
4/22と若干、古くなっちゃったうえに、結論のでない観察記録ですが良かったら。(^^;)

いつもおさんぽしている公園にある外国産のドングリの木、ピン・オークと
レッド・オーク(たぶん)のお花をねらってみたときの写真です。

11_0505_pin_oak1.jpg

どんぐりが実るのだからきっと花も咲くはず。なのに、毎年、ついつい、うっかり
見逃していました。今回はちゃんとタイミング良く思い出せました。






それでも背の高い木の上の方にしかお花が付かないので、細かいところは見えません。

ピン・オークは別名をアメリカガシワというくらいですから、柏のお花に似て…
いたとしても、近所に柏の木があるのかどうか知らないし…(^^;) どうしよう。
そうだ、同じドングリの木を比べてみようとりあえず。

柏のどんぐりはクヌギに似てたから…まずはクヌギを

11_0505_kunugi1.jpg

ピン・オークの方は、4/22にいつもおさんぽしている公園で撮ったんですが、
お天気が全然違いますねえ。(^^A) これは、4/29の隣町の公園のクヌギです。

クヌギは2年かけて実るどんぐり、去年、受粉に成功しためばなは、
ちっちゃな芽のまま(可愛い形なので、どんぐり小僧って呼んでます。)
一年過ごして、翌年の夏、あの、コロンとまあるい巣ごもりどんぐりになります。

11_0505_kunugi2.jpg

今年のめばなは葉の付け根、ちっちゃすぎて、まだ全然目立ちません。


因みに柏どんぐりは一年で実っちゃうどんぐり。
おばなが今年出た枝の付け根からたくさん下がるところは一緒でも、めばなの位置は
葉の付け根じゃなくって、枝の先。

ええっ?!クヌギじゃ、ピン・オークの参考にならないのかなあ???


そう言えば、レッド・オークを調べていたときに、ミズナラに近い種類って言う
記事を見かけたっけ…ミズナラは別名オオナラ。…って事はコナラに似てる?

いや、今知りたいのはピン・オークなんだけど、ものは試しでちょっと比べて
みましょ。


はい、こちらが4/29、隣町の公園のコナラです。銀色だった新芽もすっかり緑に
なっちゃいましたね。

11_0505_konara1.jpg

新しい枝の付け根から、どっさり下がっていたおばなも 今はすっかり枯れて、
あとは散るばかり。

コナラめばなは新しい枝の先っぽに付きます。受粉したその年に実っちゃう
どんぐりです。

11_0505_konara2.jpg

枝の先、みんな今年のうちにどんぐりになる気満々のめばなたち。豊作かな?


さて、ピン・オーク、レッド・オーク(たぶん)は、クヌギとコナラのどっちに似て
いるんでしょう。

11_0505_pin_oak2.jpg

手にとって観察したいけど、低いところに枝がありません。



手元の本にもちょこっとしか載っていません。解ったのはレッド・オークが一年で
実ることくらい。

web検索したら、ピン・オークは2年で実ることが解りましたけれど、
圧倒的に情報不足です。
その上、レッド・オークは材木としての名前であって、何種類かのオークをまとめて
指すこともあるそうで、さらにややこしくなってきそうな気配です。

うーん、じっと枝を見上げる…。



先月、おばなが盛大に下がっていた時のピン・オークの写真です。

11_0505_pin_oak3.jpg

おばなの位置と新しい枝の伸び方を見ると、コナラの枝先に似ています。

過去記事を見返していて、虫(たぶんキョッキリさん)に落とされた枝を写真に撮って
いたのを思い出しました。↓ おお!でかした自分。しかもちゃんと両方有る。

2011/ 8/23付 「木の実準備中」 ピン・オークの枝とどんぐり
2010/ 8/15付 「木の実準備中」 レッド・オーク(たぶん)の枝とどんぐり


これですよ。ピン・オークの方。

10_0823_pinoak.jpg
 (過去記事中の写真)

去年のどんぐりが枝の途中に、枝の先には冬芽やらなにやらコロコロしたものが
付いてます。

↓ 拡大!!

11_0505_pin_oak4.jpg

うう〜ん、ちょこっと不鮮明。でも、とんがり頭は冬芽でもそれ以外のもこっとしたのも
付いてるから、これが来年実るどんぐり小僧かな?


…と言うことから、今のところ、
高いところにしか咲かなくて、どんな造りかよく見えないピン・オークの花ですが、
どんぐりのデザインはコナラ似だけれど、やっぱり2年かけて実るって事で、
お花の付く場所や熟し方はクヌギ似なのかなあ?

どっちも有りのどっちつかず、でも、うん、今のところ、そんな結論です。←おいっ。





レッド・オークだったら、コナラに似ていても不思議はない…。
何せミズナラに近い種類だそうですから。

でもやっぱり、高いところにしか咲かない…。(^^;)よく見えません。

11_0505_red_oak1.jpg

画面の奥で黄色っぽくかすんでいるのがさっきまで話題にしていたピン・オークです。
手前、枝先にかたまって芽吹いているのが、たぶんレッド・オークと呼ばれる木です。

ピン・オークよりもさらに、お花がどうなっているのか見えにくいです。

11_0505_red_oak2.jpg

こちらは黄色く花盛りのエノキとのツーショット。やっぱり、4/22のことでした。


家に戻ってパソコンで枝の先を精一杯の拡大。

11_0505_red_oak3.jpg

ちっちゃい葉っぱとひも状のおばなが、かろうじて確認できます。

あ、枝の途中の芽が、クヌギのどんぐり小僧に似てる…けれどレッド・オークなら
1年で実るどんぐりだから、どんぐり小僧は必要ないはず…。う〜ん、悩むなあ。

でも、夏、あんなにもしゃもしゃ茂る葉っぱが、今の枝先だけの芽吹きって言うのも
不自然だから、時間差で芽吹く今年の葉っぱの芽かもしれないし…。
わっかんないや。←結局それ。


過去 ↓ 記事中の 枝ごと落ちていたのと見比べると

2010/ 8/15付 「木の実準備中」 レッド・オーク(たぶん)の枝とどんぐり

10_0815_red_oak3.jpg
 (過去記事中の写真)


めばなは枝の途中にあったみたいですよね。葉っぱの付け根だったのかどうかは、
この写真じゃ解らないけれど。

どんぐりの形で言ったらミズナラやコナラに似ているけれど、めばなの位置は
葉の付け根かもしれない…クヌギみたいに。←これが今のところの結論。

11_0505_red_oak4.jpg

ちっちゃい葉っぱが開いてきました。今はもっと大きくなっているだろうな。



外国産のドングリの木。情報量が少ないので、解らないことだらけです。
でも、だから余計に気になるのかな。

普段公園を利用している人たちの関心は、あんまり集めていないようですが、
このどんぐりが欲しくて探していらっしゃる方もあるようで、偶然身近に有った
幸運をせいぜい利用させていただこうと思います。


とりあえず、すぐ見たい方は、関東なら新宿御苑、昭和記念公園。
関西なら京都府立植物園と言った、大きな公園に植えられているみたいですよ。
お住まいの近くに無いか、検索してみるのはいかがでしょうか?






ブログ内関連ページ:

2010/12/23付 「コナラとクヌギの落ち葉」 落ち葉
2010/11/13付 「おなじみの紅葉、更に」 紅葉(ピン・オークとレッド・オーク(たぶん)も)
2010/ 8/23付 「木の実準備中」 ピン・オークの枝とどんぐり
2010/ 8/15付 「木の実準備中」 枝とどんぐり

2009/ 8/27付 「今年のどんぐり(8月編)」
2008/10/12付 「大きなオークの木の下で」
2007/ 9/15付 「いつもの公園の9月」
2007/ 8/ 1付 「外国産のドングリの木」
2007/ 7/30付 「7月のコナラどんぐり」




posted by はもよう at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。